【2021年最新版】ビジネスに役立つおすすめの第二外国語を伝授|選び方と勉強法をサポートします!

皆さんは第二外国語をどのように選んでいますか?かっこいい、みんなが勉強してるなど、安易な気持ちで選んでしまっている方も多いです。でもどうせなら、ビジネスに活かせる選び方をしてもいいのではないでしょうか。本記事では、第二外国語の後悔しない選び方、そして勉強法までサポートします!

第二外国語を学ぶ目的とは


第二外国語を学ぶ目的は人それぞれです。
まずは一般的な、第二外国語の勉強を始めるきっかけを見てみましょう。

  • 大学の授業で必修になっている
  • 留学先を決めるとき
  • 海外転勤の転勤先に応じて

しかし多くの人は、普段の生活の中で第二外国語とは馴染みがないでしょう。
そのため、しっかり目的意識を持っていないと学習を継続することが困難です。

特に大学の授業で必修になっている場合、「カッコ良さそう」「友人が履修している」という安易な理由で選択する場合が多いです。
そして苦労している学生が多いんです……。
そこでこの記事では、おすすめの選び方勉強法をサポートしていきます。

おすすめの選び方

筆者が個人的におすすめしたいのは、ビジネスで使えることを前提にした選び方です。
大学の授業や留学先の決定で学びたい第二外国語を決めるとき、それがビジネスでも活かせるなら一石二鳥なんです。

もしかしたら将来、“あの時この言語を学んでいてよかった!”と思う日が来るかもしれません。
例えば第二外国語を習得していたことによって、次のようなシーンがあるかもしれません。

  • バイリンガルの君に海外出張/転勤を任せよう
  • 語学堪能な君に海外支社の責任者を任せよう
  • 大事な取引先の偉い人の母国語が話せる君に商談を任せよう

どれも絶対に起こり得る話ではありませんが、意外と想像できるシーンですよね。
いつかのチャンスのために、ビジネスで使える第二外国語を選ぶことは良い選択基準でしょう。

第二外国語を選ぶときに気をつけたいこと

第二外国語を学ぶとき、1度これと決めたら引き返せない、と思ってください。
というのも、日本人が第二外国語を習得するには、英語の習得を前提として1,000時間かかると言われています。
すなわちあれもこれもと言語を変えていたら、習得に無駄な時間がかかってしまうのです。
しっかり自分が学ぶ言語を定めて、学習をスタートさせましょう。

日本人でも学びやすいおすすめ言語


まず最初に、日本人が学びやすい言語をご紹介します。
学びやすいとは、言語が単純という訳ではなく、日本語と発音が似ていることを意味します。
一般的に発音が似ている以下2つの言語は、日本人でも学びやすい言語と言われています。

中国語

中国語を母国語とする人は13億7,000万人と言われており、世界1位を誇ります。
また中国は百度(バイドゥ)、阿里巴巴(アリババ)、騰訊(テンセント)を台頭とするメガテック企業(通称BAT)を有しており、世界経済においても中核を担っています。(GDP世界第2位)
今後より一層、中国の存在は大きくなると予想され、中国語を学ぶことは今後のビジネスシーンにおいて大きな効果を発揮するでしょう。

「谢谢(シェイシェイ:ありがとう)」や「您好(ニーハオ:こんにちは)」など、簡単な挨拶を聞いたことある人も多いのではないでしょうか。
これが中国語(北京語)です。
実は中国語は、ここからさらに細分化でき、北京語や上海語、広東語などに分けることができます。
最もメジャーであり一般的なのは北京語なので、まず北京語から学ぶのをおすすめします。

中国語の学習を始めようかなとお考えの方は、ぜひ中国在住経験のあるアドバイザーに相談してみてください!

こんな人におすすめ
  • 中国語の勉強をスタートしようとご検討中の方
  • 中国語の発音を聞いてみたい方

中国語教えます 初心者から上級者まで。専門講師が口語を中心にお教えします

韓国語

韓国語を母国語とする人は7,500万人と言われており、世界13位です。
韓国はサムスン電子やLGエレクトロニクス、現代自動車(ヒュンダイ)、ロッテホールディングスなどの企業を有しています。
韓国語が話せることで得られるビジネスシーンも多いでしょう。

また、最近は再び韓流ドラマブームが到来しています。
韓流ドラマを字幕なしで見る、というのはちょっとかっこいいですよね。

韓国語の学習を始めようかなとお考えの方は、ぜひ韓国語学習歴11年のアドバイザーに相談してみてください!

こんな人におすすめ
  • 韓国語の勉強をスタートしようとご検討中の方
  • 韓国語の勉強法を知りたい方

1人でも学べる効率のいい韓国語の勉強法を伝授します 「独学で身に付ける韓国語」 韓国語の勉強にお困りの方必見!!

ビジネスで需要のあるおすすめ言語


第二外国語を選択する際、せっかくなら使う言語を学習したいと思いませんか?
例えばビジネスシーン
出張や海外転勤、オンラインミーティングにおいても、第二外国語は効果を発揮するでしょう。
ここではビジネスで需要のある言語をご紹介いたします。

EU圏の言語

EU圏に本拠点を置く外資系企業は多く、その国の言語が話せることで得られる機会は多いでしょう。
具体例を挙げるとユニリーバ(オランダ)やロレアル(フランス)、ネスレ(スイス)などがあります。

また、世界の母語人口ランキングで見ると4位にスペイン語(4億2,000万人)、10位にフランス語(1億2,300万人)、11位にドイツ語(1億1,000万人)があります。

EU圏の言語に興味がある方は、ぜひ各国に在住歴のあるアドバイザーに相談をしてみてください!

スペイン語

こんな人におすすめ
  • スペイン語を習得したい方
  • 自分のペースで学びたい方

【翻訳】スペイン語に関する全ての疑問を解決します!

フランス語

こんな人におすすめ
  • フランス語を学びたい方
  • フランス人から直々に学びたい方

初心者OK!フランス人がフランス語のレッスンします 1から習いたい、ネイティブと会話をしたい方にオススメ!

ドイツ語

こんな人におすすめ

ドイツ語を学びたい方

日常会話・旅行・宿題・ドイツ語お手伝いします 大学の第二外国語・初級・A1~A2レベルのレベルアップへ

イタリア語

こんな人におすすめ

イタリア語を学びたい方

イタリア語学習のお手伝いいたします 【イタリア語検定1級所持。普段のお勉強から、検定対策まで】

ポルトガル語

ポルトガルはEUに含まれますが、ここではピックアップしてご紹介します。
ポルトガル語はポルトガルとブラジルを中心に世界で2億1,500万人の人が母国語としており、世界7位です。

ブラジルでは近年、ユニコーン企業(※)が多く生まれており、IT大国になりつつあります。
また大手コンサルティングファームのPwC発表の「予測GDPの世界順位」によると、現在日本が4位でブラジルが7位ですが、2050年には日本が8位に転落するのに対してブラジルは5位に上昇すると予測されています。
今後IT化が一層加速する世の中において、ポルトガル語が扱えることは大きなアドバンテージになるでしょう。
(※ユニコーン企業:非上場×設立10年以内×時価総額10億ドルのベンチャー企業)

ポルトガル語に興味がある方は、ぜひネイティブのアドバイザーに相談をしてみてください!

こんな人におすすめ
  • ポルトガル語を学びたい方
  • IT業界でホットなポルトガル語に興味がある方

ポルトガル語(BP)をネイティブから学べます ブラジルポルトガル語をネイティブから直接学べます!

ちょっとマニアックな言語


マニアックではあるが、世界で通用する言語をご紹介します。
ここで紹介するのは、国連の公用語
国連の公用語は全部で6カ国あり、中国語、英語、フランス語、ロシア語、スペイン語、アラビア語です。
まだこの記事で登場していないロシア語とアラビア語についてご紹介していきます。

ロシア語

ロシア語を母国語とする人は1億8,000万人と言われており、世界8位
ヨーロッパでは最も母語話者が多い言語です。

ロシア語に興味がある人は、まずはロシア語学習歴のある人に相談するのはいかがでしょうか?

こんな人におすすめ
  • ロシア語を学びたい方
  • マニアックな言語に興味がある方

初心者から中級向け、ロシア語の勉強方法教えます 初心者向け!最初のつまずき、日本人だから教えられます!

アラビア語

アラビア語を母国語とする人は2億3,000万人と言われており、世界5位
サウジアラビアやアラブ首長国連邦、エジプトなど、世界27か国で公用語として使用されています。

また国連の公用語に選定されたのは他の5か国語と比べて最も遅く、1973年に追加されました。
今、世界で最も注目される言語の一つです。

まずは英語力を強化したい人に向けて


ここまで第二外国語についてご紹介してきましたが、日本語以外の言語を習得したい場合、第一は英語学習を強くおすすめします。

理由は2つ。
1つ目は、英語話者が圧倒的に多い点。
世界で英語を話せる人は15億人を超えると言われており、中国語を母国語とする人数よりも多いためです。
またこの数字はネイティブレベルのことを指し、ビジネスレベルの話者もいれると、数はもっと多くなるでしょう。

2つ目は、世界共通言語である点。
グローバルビジネスで英語は必須です。
また学術分野においても、論文は英語で記すことがグローバルスタンダードであり、世界の最新情報をいち早く手に入れるには、ある程度の英語力が必要になります。

あらゆる言語は4技能(リスニング、リーディング、スピーキング、ライティング)を効率的に学ぶことが重要です。
ここでは英語の各技能に特化したアドバイザーをご紹介します。

リスニング

編集部R
リスニングがあらゆる言語の基礎です。
まずはここからおさらいしましょう!

Native Englishで英語読み上げます 音読、スピーチ、プレゼンの練習、リスニングのトレーニングに!

リーディング

編集部R
スピーキングやライティングに応用されていく大切な土台です。
ここを突破できれば、飛躍的に英語力が伸びるでしょう!

あなたの英語のリーティング力向上させます vol.1 <<TOEICや英検に合格する勉強法>>

スピーキング

編集部R
英語でコミュニケーションするなら必須スキル!
一番日常で活用できるスキルがスピーキングです。

音声付で本格的!英語スピーキングのアドバイスします 初心者OK★あなただけの英語音声でスピーキングを伸ばします!

ライティング

編集部R
ビジネスシーンで最も重宝されるスキルです。
一番難易度が高いスキルですが、ライティングスキルの習得を目指しましょう。

初心者歓迎!効率的な英語学習方法を共に考えます 英語の勉強法をどうぞ!何から始めるか分からない初心者の方も!

まとめ


現在、世界では7,117の言語が話されています。(Ethnologueより、2021年1月時点)
これらを全て理解できる人はおそらく誰一人としていませんが、英語+αで何かを喋れたり読めたりできる言語があると、人生がより豊かになるはずです。

例えば旅行先で現地人と現地の言語で会話ができたら楽しいでしょう。
またビジネスであなたが多くの言語が扱えたらきっと一目置かれるはず。

学習のきっかけは学校の授業でも、何でもいいです。
やり続けることが重要です。
ぜひこの記事を参考に学習を初めて、アドバイザーと共に学習の継続にチャレンジして下さい!

(※本記事内の数字は、EthnologueWIP Japan Corporationを参照した2021年1月時点の数字です。)

言語の学習に役立つ記事一覧

英語 勉強方法

ABOUT US

Ren
ココナラマガジン編集部ライターのRenです! 趣味は一人旅、カメラ、ドライブ、アルペンスキー、ディズニーe.t.c.、 広く深く趣味を楽しんでいます。 最近はプログラミング学習に力を注いでおり、先日“Python3エンジニア認定基礎試験”に合格しました。 皆様の生活をより良くできる様な記事執筆を目指します。 どうぞよろしくお願い致します。
ココナラを詳しく見る