誰でもVTuberになれる!自分だけの3Dモデルアバターの作り方って?

初心者
オリジナルアバターで配信したい! でも、自分にもできるのかな?
編集部
最近トレンドの動画配信。 配信者、コンテンツともに多様化してきた中で、新たな風をもたらしたVTuber。 あなたもアバターを使って、簡単に配信するVtuberにトライして見ませんか? とはいえ、何から手をつければいいのかわからない……。 そんな方のためにこの記事では、アバターの中でもリアルな動きが魅力的な3Dモデルの作り方をご紹介します!
この記事で分かること
①アバターを作るのに必要なもの ②アバターの作成ステップ ③制作に困った際の依頼先

そもそも3Dモデルってなに?

そもそも3Dモデルとは何でしょうか?
編集部
3Dモデルとは、立体的なモデルデータのこと。 360度不自由なく移動できたり見渡せたりできるのが3Dです。 人間、動物など生活しているほとんどのものが3D(立体)ですよね。 2Dモデルと異なり、3Dモデルは人間味、親しみやすさを感じさせるところが魅力です。
ここでは、どういった動画が3Dモデルと相性が良いのかをご紹介します。

歌ってみた・踊ってみた

歌ってみた系の動画と3Dモデルの相性が良いです。
なぜなら、ダンスの振り付けなどの動作、映像の奥行きが立体的に見えるからです。
MVで3Dモデルならではの映像表現ができるのも特徴の一つ。
手足を自由に動かせるのが3Dモデルの最大の魅力

ゲーム実況

ゲームプレイが中心となる実況動画。
3Dモデルのアバターを用いることで、トークの相槌、動作を見れます。
一緒にゲームをしているような感覚になれるところが特徴です。

補足
他にも、考察・雑談系の配信など幅広いシーンで使用されています。 最近だと、企業のプロモーションなどにもVTuberが起用されていますよね!
オリジナルVTuberならココナラにお任せ!

3Dモデル作成に必要なものって?

3Dモデルを作るのに必要なものをご紹介。
ここでは、本格的かつ最低限のもので3Dモデルを作れる方法をご紹介します。

各ステップで必要な機材・ツール

1からオリジナルアバターを制作する際、工程ごと必要な機材・ツールが異なります。 まずは、VTuber作成ステップをざっくり把握しましょう。

作成ステップ
  1. イラストを描く
  2. キャラクターの作成
  3. キャラクターを動かす
  4. 撮影・配信
ステップ1:イラストを描くでは、ペイントソフトが必要です。 ペイントソフトは、たくさんの種類があるので自分に合った使いやすい物を選びましょう。 ステップ2:キャラクターの作成では、3D制作ソフトが必要。 3Dモデルを作るのに欠かせないものなので、必ず用意しましょう。 値段は無料のものから有料のものまであります。 そんな3D制作ソフトを2つご紹介します。

VRoid Studio

初心者の方や試しに使ってみたいとお考えの方は、無料で利用できるVRoid Studioがおすすめ。

VRoid Studioとは、パソコンで利用できる3Dモデルのキャラクターを作成できるツールのこと。
イラストを用意しなくても、簡単にモデリングすることが可能です。 また、Webカメラが不要でトラッキングも簡単にできるのが特徴。 初心者の方や時間に余裕がない方におすすめのツールです!

Blender

無料で3Dを作成するためのツールであるBlender。 3DCGソフトの中で、最も高機能のソフト。 モデリングやアニメーション、モーショントラッキングなどをつけることができます。 さらに、動画編集まですることができるのが特徴。 機能が充実している分、覚えることが多いので苦労することも。 クオリティを求める本格的なアバター制作をしたい方におすすめです。

ここまでをまとめると・・・
・WebカメラやVRゴーグルを必要とせずに、キャラクターの制作とモデリングをできるのがVRoid StudioとBlender。 ・両方とも無料で使用可能。 ・イラスト不要で簡単にキャラクター制作できるのがVRoid Studio。
・幅広い機能で、トラッキングなどの性能が高いのがBlender。

モデリングしたキャラクターを動かすには

ステップ3:キャラクターを動かす。 ここでは、作成したアバターの動かす範囲によって、必要な機材は異なります。 動かす範囲は、主に2つ。

  1. 顔のみ
  2. 体全体

顔だけを動かす、つまりフェイストラッキングをする際、必要なツールを2つご紹介します。

①3tene

3Dアバターを使って配信する際、3teneといった配信専用プラットフォームを利用することをおすすめします。 3teneは、モーションキャプチャのツールであるPERCEPTION NEURONに対応しており、他にも様々な機材を用いて配信できるからです。

②FaceRig

次は、Webカメラを必要とするツールをご紹介します。 描いたイラストに表情をつけるためのソフトであるFaceRig。 Webカメラを通すことで、キャラクターの表情に変化をつけることができます。 Webカメラとは、アバターの表情や動作を撮影するために必要な機材のこと。 Facerigは、2Dモデルのアバターがメインのため、3Dアバターだと導入は難しいかもしれません。

体全体を動かすのに必要な機材
全身をトラッキングしたいなと思ったら、下記のどちらか一つを用意しましょう。

  1. VRゴーグル
  2. モーションキャプチャ

配信に必要なのは?

作成したアバターを使って、いざ配信! ステップ4:撮影・配信に必要なのが、OBSです。 OBSとは、ライブ配信に必要なPCソフト。 無料で利用することができ、多くの配信サイトで対応しています。

配信対応一覧

  • YouTube
  • Twitch
  • ミラティブ
  • OPENREC
  • Mildom

どのステップでも必要な機材

どの工程でも必要なのが、PC

3Dモデルを作るなら、Core i7を選ぶのは必須です。
CPUは極力落とさないようにするのがベター。
制作をサクサク取り組めます。

用語解説
CPUとは、パソコンの情報を処理する装置のこと。 Coreというのは、CPUの中心で情報処理を担う場所のこと。

3Dモデルの作り方をチェック

いざ3Dモデルを作ろうと思ったら、何が必要なのかを確認しましょう。
ここでは、実際にアバターを作る一連の流れをご紹介します。

事前準備

3Dモデルを作る際の事前準備を見ていきましょう。

制作に必要な機材はそろっているか

3Dモデルのアバターを制作するのに必要な機材を用意しましょう。
まず必要なのはイラストを描くための制作ソフトです。
無料で使うことのできるVRoid Studioが手を出しやすいのでは。

イラストに動きをつける制作ソフトも必要です。 簡単に表情をつけるなら、3teneがおすすめ。 比較的手の届きやすい価格で購入することができ、ギャラリーが豊富だからです。 FaceRigを使うならWebカメラとPCも必要なので、忘れないようにしましょう。 制作ソフトなどのツールはそれぞれ特徴があるので、自分に合ったソフト・パソコンを選ぶのがベター。

外注する際の費用を確認しよう

イラストの制作からアバターの完成までを外注すると、数十万円かかることも。 予算の範囲内で、自分でできないところを外注するのがベター。

自作・外注の違い

アバターの作成手順に移る前に自作する場合と外注する場合のメリット・デメリットについて確認しましょう。

自作

自分で一から3Dモデルを作るのは、自分だけの特別なアバターができるのが魅力的です。
メリットは、オリジナルのアバターを好きなように作ることができること。
自分でイラストを描くことによって、オリジナリティがでるのも自作ならではの強みではないでしょうか。
しかし、自分で一から制作するとなると時間と労力がかかってしまうのがデメリットです。

外注

イラスト、モデリングの設定などクオリティの高いものを求める方は、外注をしてみましょう。
メリットは、自分で3Dモデルを作成する手間が省けることです。
初心者の方が苦戦するイラストなどクオリティの高いものを制作してくれるのも特徴です。
費用がかかってしまうので、自分のお財布と相談して決めるようにしましょう。

3Dモデルの作成ステップ

出典:ココナラ

3Dモデルの作り方を簡単3ステップでご紹介いたします。

①イラストを描く

まずはイラストを描いていきましょう。 イラストは、正面からの絵だけでなく、横・後ろといった様々な向きから描くとGOOD。 イラストに自信がない方はVRoid Studioを利用してイラストを制作しましょう。 初心者の方でも簡単にモデルを作ることができます。 (出典」:ココナラ) 下書きの段階から、さまざまな角度のイラストを描くのがおすすめです! また、一つ一つのパーツをバランスよく調整するのがポイント。 別のソフトで調整するので、VRMデーターを書き出すのも忘れずに!

イラストに困ったら・・・
イラストの作成に困ったら、ココナラを利用するのがおすすめ。 あなたの希望に沿ったイラストを気軽に依頼することができます◎ アバターイラストの作成一覧はこちら

②キャラクターの作成

次に、描いたイラストに3Dにしていく作業です。 Blenderというツールでモデリングするのがおすすめ。 キャラクターの各パーツごとアニメーションをつけていきましょう。

③キャラクターを動かす

3Dにしたキャラクターに動作をつけていきましょう。 キャラクター全体に動作をつけるなら、3teneを使ってトラッキングしていきましょう。 顔に表情をつけたいなら、先ほどご紹介したFaceRigという制作ソフトを使うのがおすすめ。 キャラクターの表情のを自由にカスタマイズします。 ▽3Dモデルを動かす手順をまとめたこちらの記事も要チェック!

簡単4ステップで3Dモデルは動かすことができる!作成手順とおすすめの依頼先

キャラデザからモデリングまで困ったらココナラ!

3Dモデル作りたい人
作り方について分かったけど、1人で作れるか不安……。 できることならクオリティを求めたい……。
編集部
そういった疑問ココナラで解決できます! ココナラには、VTuberのアバターを制作するクリエイターが多数在籍。 様々な観点から比較検討ができ、予算の範囲内で制作を依頼することができます。 ここでは、編集部おすすめのクリエイターさんを7名ご紹介します。

実際に依頼するとなると、どういった取引の流れがあるのか確認しておきたいですよね。 そこで、あなたが安心して利用できるように下記の取引の流れをチェックしてみましょう!

サクッと確認!取引の流れ
①メッセージ:作りたいキャラクターや設定を伝えましょう。 ②購入:銀行振込、クレジットカード、キャリア決済等からお支払い方法を選択できます。 ③キャラクターモデルの確認:リテイクしたい場合はこのタイミングで伝えましょう。 ④納品:VRM・Vroid形式ファイルで納品。 あくまで一般的な取引の流れです。 クリエイターさんによって取引が異なるので、購入前に確認しておきましょう。 予算の範囲内であなたにぴったりなクリエイターさんが見つかりますが、購入前にあなたの希望等を相談するのがベター。 納期の確認も忘れずに!
でも、どんな風にクリエイターに依頼すればいいんだろう?
編集部
初めて依頼、不安はありますよね。 そこで、ココナラのクリエイターに依頼するのが初めてという方のために、初回に送る依頼メッセージをテンプレ化してみました! このまま使用していただいて問題ないですよ。
はじめまして! 3Dモデルアバターの作成をお願いしたいと考えています。 お届け日に○日と書いてありますが、○月○日までに対応していただくことは可能でしょうか。 制作とご検討の程、よろしくお願いいたします。 【要項】 ・作成したいキャラクターイメージ: ・希望納期: ・モデル使用用途:

①可愛い系・綺麗系の3Dキャラのモデリング

  • 金額:50,000 円
  • お届け日数:要相談 / 約25日(実績)
  • おすすめポイント:3teneに設定し実際に動かすまでをサポート!Vroidで再現できない服や小物なんかも対応可能。
Vtuber3D【Vriod】制作致します Vroidで再現できない服や小物なんかも対応します。

②Vroid+blenderで3Dモデルの制作

  • 金額:10,000 円
  • お届け日数:要相談 / 約11日(実績)
  • おすすめポイント:Vtuber3Dモデル制作数第1位のクリエイターです。
キャンペーン中!Vroidで3Dモデルを制作します 【総額より3000円引き】先着10名様限定!残6名様
利用者
非常に丁寧な対応でした! また、クオリティーも高くリーズナブルな価格でしたので助かりました。 Vtuber用の3D素材を初めて依頼した、という事もあり分からない事も多々ありましたが、親切に教えて頂きました!

③配信・VRChat等で使える3Dモデル

  • 金額:40,000 円
  • お届け日数:要相談
  • おすすめポイント:VRoidStudioにて比較的短納期、低価格で3Dキャラクターの作成をしてくれるクリエイターです。
VRoid3Dモデル制作します 配信、VRChat等で使える3Dモデル!
利用者
お見積り、製作等の対応に関して、 どれも早急に行っていただきとても助かりました! クオリティに関しても、非常に素晴らしい物があがり、 とても満足しています!

④あなただけのVRM、MMDモデル!

  • 金額:15,000 円
  • お届け日数:要相談 / 約3日(実績)
  • おすすめポイント:原画がなくても3Dモデルキャラを作って欲しい方におすすめです。
VRoidを使ってオリジナル3Dモデル作成します 早くそっくりに作ります!!あなただけのVRM、MMDモデル!
利用者
この度はありがとうございました! 迅速かつ丁寧に対応頂き、不安なくお取引出来ました。 創作したオリジナルキャラクターが立体化しMMD内で踊っている様に頬の緩みと感情の昂りが抑えきれません…! 均整の取れた体躯はさる事ながら顔の造形や服の質感、ズボンの素材、細部に至るまで全てが丁寧に作り込まれていてとても感動しました! オリジナルキャラクターの名前を聞いて下さった上モデル名に組み込んで頂き、本当に嬉しかったです! また機会がありましたら是非ともお願いしたいです!

⑤【VRoid】オリジナルキャラを3Dにするなら

  • 金額:70,000 円
  • お届け日数:要相談
  • おすすめポイント:フルスクラッチで制作すると2、3ケタ万円する3DキャラクターモデルをVroidで低価格で制作してくれます。
VRoid+αで3Dキャラクターをお作りします オリジナルキャラクターを低価格で3D(VRM)化いたします

⑥VRoidで3Dモデル作成致します

  • 金額:40,000 円
  • お届け日数:要相談
  • おすすめポイント:「3Dとしてのセットアップは出来るが絵心がない」という方におすすめです。
VRoidで3Dモデル作成致します ※9/1少々お値上げ致しました

利用者
初めてのお買い物だったので不安がありましたが こちらの細かい要望も聞いてくださり、また素晴らしい提案もしてくださいました。 そのおかげで自分の理想以上の3Dモデルが出来上がり、感激しております。 本当に良いお買い物が出来ました。 また機会がありましたら依頼をお願いしたいと思います。 ありがとうございました。

⑦ラフ提案無制限!VRoidで2D再現3D作ります

  • 金額:50,000 円
  • お届け日数:要相談
  • おすすめポイント:立ち絵そっくり、2Dに見えるように3D化したい方におすすめです。
ラフ提案無制限!VRoidで2D再現3D作ります Unity、Blenderでのモデル調整も可能です
利用者
クオリティの高い3Dの体を造ってもらえました! そしてなんといっても速い! 柔軟に対応していただき大満足です!

イラストを描くのを難しいと感じたら

キャラクター作りに肝心なイラスト。 せっかくだから、大切なものにしたい。 自分でイラストを描くのが自信がないと不安に思ったら、ココナラに依頼してみましょう。 きっと気に入るイラストができるはず。

イラスト込みで全工程作ります

  • 金額:70,000 円
  • お届け日数:要相談 / 約46日(実績)
  • おすすめポイント:フリーランスとして活躍中のプロイラストレーターの方です。ココナラでは主に、イラスト制作とLive2Dを使ったモーションデザインを得意としています。
イラスト込でVTuber完成まで、全工程を作ります イラスト、モデリング込FaceRigで動くLive2Dモデル

かわいい&綺麗い目なイラスト

  • 金額:12,000 円
  • お届け日数:要相談 / 約16日(実績)
  • おすすめポイント:可愛いイラスト、パーツ分けを行ってくれるクリエイターです。
イラスト・パーツ分け・アイコン・ミニキャラ描きます イラスト12000円〜ミニキャラ6000円丁寧な一枚をお届け

イラストオーダー承ります

  • 金額:14,000 円
  • お届け日数:要相談
  • おすすめポイント:イラストからLive2Dモデリングをメインに活動しているイラストレーター。個人の方から企業さままでご依頼可能です。
イラストオーダー キャラクターイラスト描きます WEB・動画・広告など商用利用可!何でもお描きします。

オリジナルのアバターで楽しいVTuber活動を


3Dモデルの作り方と準備するものについてご紹介してきました。
自分で一から作るのは骨が折れるもので、誰かに頼りたいと感じることもあると思います。
制作で困ったらココナラに頼ってみてくださいね。
オリジナルキャラクターをつくってVTuberライフを満喫しましょう。

あなたにおすすめなVTuber関連記事も合わせてチェック! ▽Live2Dイラストの作成依頼はこちら

live2d イラスト 依頼 相場

【初心者向け】Live2D用イラストを依頼した時の相場って?イラスト作成のポイントも紹介

live2d モデル 依頼

Vtuber向けLive2Dモデル制作を簡単に依頼する方法!【FaceRig対応】

▽2DVtuberの作り方はこちら
2d vtuber なり方

Vtuberの作り方・なり方って? 週末だけで理想のlive2Dモデルを作成する方法まとめ

▽【VTuber】動画配信のやり方はこちら

VTuberとして配信する方法って?2D・3Dの違いや仕組みを解説

 

ココナラを詳しく見る