【初めての編み物】初心者さんが挑戦しやすい基本の編み方

「編み物ってハードルが高そう……。」そう感じている初心者さんに向けて、編み物の定番である棒針編みとかぎ針編みの基本的な知識を紹介。そもそも棒針編みとかぎ針編みは何が違うの?手編みを始めたいけど、何を用意するべき?そんな疑問にお答えします!

編み物とは

編み物には「棒針編み」と「かぎ針編み」の2種類の方法があります。
それぞれの編み方で作れるものの種類が大きく変わるんです!
棒針編み・かぎ針編みの特徴と、できることをご紹介します。

棒針編み

棒針編みは2本以上の棒針で編んでいく方法です。

多くの人が「編み物」と聞いて思い浮かべる、棒針編み。
柔らかくてふんわりとした出来上がりになります。
そのため、帽子やマフラー、洋服などの比較的大きなものを作りたい場合におすすめな編み方です。 また、棒針編みは一段ごとに編み方が異なります。
最初から覚えることがかぎ針編みに比べて2倍ありますが、気分転換を求めている人にはぴったりかもしれません。

かぎ針編み

かぎ針編みは1本のかぎ針で編んでいく方法です。

強度があってしっかりとした出来上がりになるため、コースターやポーチ、アクセサリーなど、耐久性のほしい小物におすすめな編み方なんです。
針が小さいために、持ち運びしたい場合はとっても便利。
一段ごとで編み方が変わらないため、初心者さんは比較的挑戦しやすいです。

作りたいものからチャレンジ!

棒針編みとかぎ針編みはどちらからでも挑戦できます。
それぞれの特徴を捉えて、自分の作りたいものに合った編み方で始めてみましょう!
また、どちらか一方を経験したことのある人は、この機会にもう一方にも挑戦してみてはいかがですか?

棒針編み

棒針編みに必要なものをピックアップしました!
また、始めるにあたって迷いがちな「毛糸」と「棒針」の選び方も掲載。
お店に行く前に、まずは何が必要なのかをしっかりと考えましょう。

用意するもの

編み物に必要な材料はとっても少ないんです!
基本的には100円均一ショップに揃っており、安価で用意できます。
自分で選ぶのが心配な方は手芸店に行き、店員さんに聞いてみましょう。

【用意するもの】
◯棒針
◯毛糸
◯毛糸用とじ針
 糸端の始末に必要な針です。あみ糸の太さに応じて選びましょう。
 
【あると便利な物】
◯なわあみ針
 交差に編む際、目を休めておくためのものです。
◯キャップ
 編み目が針から外れてしまわないよう、針先につけるものです。
◯目数段数マーカー
 編んだ何段を覚えておくため、編み終わった目にかけて目印とするものです。

初心者さんはなくてもOKです◎
 


毛糸の選び方

毛糸の種類

棒針編みにおすすめな毛糸は大きく分けて2種類。
ウール糸とリネン糸です。

・ウール糸
羊毛100%の糸が主になります。ふんわりとした触り心地が特徴。種類が多く、同じウール糸でも耐久性や伸縮性が異なります。
 
・リネン糸
主に春夏の洋服を編む際に使用します。ウールに比べて編み辛さがあります。
 

毛糸の太さ

棒針編み初心者におすすめな毛糸の太さは「並太」「極太」「超極太」の3つ。
毛糸のラベルにそれぞれの毛糸の太さと、その糸を編むのに適した棒針の号数が書かれています。
まずは編みたいものに合った毛糸を選び、次にその毛糸に合った棒針を選びましょう!

棒針の選び方

初心者さんには、スタンダードな「玉つき2本棒針」がおすすめ。
編んでいる毛糸の編み目が滑らないよう、針の端に玉がついています。
棒針のサイズは編みたい毛糸のラベルを参照しましょう。
基本的にマフラーなどの往復編みは2つの棒針、帽子などの輪編みをする際は4〜5本の棒編みを使用することが多いです。

相談先

「棒針編みを始めたみたけど、棒針の持ち方から分からない!」
「なかなか上達しなくてレパートリーが広がらない。」

そんな棒針編みに関するお悩みは、ココナラで相談しませんか?
編み物に詳しい出品者が、ひとりひとりサポートいたします。

自宅が編み物教室になります 現役編み物講師が丁寧にサポートさせて頂きます。

編み物相談(棒針編み)、受け付けてます ひと相談=ワンコインで、お答えします

かぎ針編み

かぎ針編みに必要なものをピックアップ!
迷いがちな「毛糸」と「棒針」の選び方も掲載しています。
作りたい物がどれに該当するのか参考にしてみてください。

用意するもの

かぎ針編みも必要な材料はたったの3つ。
基本的には100円均一ショップに揃っています。
自分で選ぶのが心配な方は手芸店に行き、店員さんに聞いてみましょう。

【用意するもの】
◯かぎ針
◯毛糸
◯毛糸用とじ針
 糸端の始末に必要な針です。あみ糸の太さに応じて選びましょう。
 

毛糸の選び方

毛糸の種類

かぎ針編みにおすすめな毛糸は大きく分けて2種類。
コットン糸とレース糸です。

・コットン糸
主に春夏に使う小物用です。手触りがさらっとしており、小さめのものを作るのに適しています。
 
・レース糸
レース編み用の糸です。編み目の模様を綺麗にみせるため、光沢のある糸もあります。
 

毛糸の太さ

かぎ針編み初心者におすすめな毛糸の太さは「中太」「合太」「並太」の3つです。
毛糸のラベルにそれぞれの毛糸の太さと、その糸を編むのに適した棒針の号数が書かれています。
まずは編みたいものに合った毛糸を選び、次にその毛糸に合ったかぎ針を選ぶようにしましょう!

かぎ針の選び方

初心者さんは、「片かぎ針」を選びましょう。
かぎ針には片方にかぎがついている「片かぎ針」と両端にかぎがついている「両かぎ針」があります。

気づかないうちにもう一方のかぎで引っかかっていた……!
なんてことが起こらないよう、最初は「片かぎ針」が無難です。

相談先

「かぎ針編みを始めたみたけど、作り目や糸端の処理が苦手。」
「本やインターネットでは分からない、個々に沿った練習がしたい!」

そんなかぎ針編みに関するお悩みは、ココナラにご相談ください。
編み物に詳しい出品者がひとりひとり丁寧にサポートいたします!

かぎ針編みの基本などピンポイントで教えます マンツーマンで編み物の基礎を学びたいあなたへ

編み物が難しいときは代行で!

毛糸で編み物を作りたいけど、材料を揃えるのも時間をかけるのも難しそう。
そんな方は作成代行に頼ってみては?
ココナラでは編み物のプロがあなたにかわって作品を作り、お届けいたします。

編み物(かぎ針編み限定)代行いたします 赤ちゃん用ニットや小物類を編むのが得意です!

手編みの小物お届けします 今年の冬をあったか手編みでのりきろう!!

かぎ針編み、あなたにかわってお作りします 編み物でお気に入りのアイテムをお作りします!

まとめ

似ているようで、使う道具も出来上がりも異なる「棒針編み」と「かぎ針編み」。
毛糸を使って作れるものはとてもたくさんあります。
両方ともマスターすれば、可愛いヘアアクセサリーから普段使いできる洋服を作ることだって簡単!

この機会に新しい趣味を増やしてみませんか?