【相談先あり】ペットロスを克服するには?立ち直れない人へ3つの方法を伝授

ペットロス 克服

愛する家族の一員であるペットを亡くした時のペットロスは、多くの飼い主を苦しめる感情ですよね。ペットロスから立ち直れず、何も手につかない状況の方も数多くいるでしょう。この記事では、ペットロスが辛い理由、ペットロスを克服できる人の特徴、具体的に克服するためには何をしたら良いのかまとめました。

この記事で分かること
●ペットロスが辛い原因
●ペットロスを克服するための3つの方法
●悩みの相談先

ペットロスはなぜこんなにも辛いのか

ペットロス 克服
ペットの飼い主の多くは、動物との間に強い絆や愛情を感じています。
ペットは単なる動物ではなく、愛する家族の一員同然に接している人がほとんどでしょう。
そのため、大切なペットが亡くなってしまうと、悲しみや喪失感に悩まされてしまうのが普通です。
ここでは、 ペットロスが辛い原因と、重症化してしまうパターンをご紹介します。

自分を責めてしまっている

動物に過度に依存してしまっていたり、ペットの死亡の原因が自分にあると感じたりしてしまうと、ペットロスが重症化し、より辛くなってしまいます。
「もっと健康に気を使っていれば」「もっと早めに病院に連れていけば」と取り返しのつかない過去ばかりを振り返って、自分を責めてしまう方が多いようです。

ペットの死を相談できない

ペットの死を相談できるような関係の人が周りにいないと、ペットロスが重症化してしまいます。
自分の気持ちを吐き出せるような場所がないと、深く落ち込んだ状態が長く続いたり、何に対しても関心や興味が持てなかったりします。

特に、あなたが一人暮らしだったり、高齢である場合は、ストレスが溜まりやすいので注意が必要です。

事故や病気で突然亡くなってしまった

事故や病気などで急にペットとの別れが来てしまう場合も、飼い主のペットロスが重症化します。
ペットの死に対する心の準備が出来ていないため、悲しみが深くなりやすい傾向にあります。
急な別れ方を経験すると「あのときああしておけばよかった」と、何度も後悔しやすいので注意しましょう。

ペットロスの期間が長引く人、克服できる人の違い

ペットロス 克服 期間

ペットロスの期間は、一人ひとり様々です。
飼い主とペットの年齢と性格だけでなく、周りの環境など、様々な要因でペットロスの期限は伸びます。
ペットの死に直面し、悲しみや苦しみでどうしても辛いことが多いと思うので、まずは無理をせず素直に悲しみましょう。

ペットロスとは、我が子のように可愛がってきた存在の喪失からくる「悲しみ」です。
ペットロスが長引かせないためには、その悲しみを克服しようと無理に頑張るのではなく、時間を掛けてゆっくりと受け入れることが大切です。
あせらず、じっくりと自分のペースで向き合いましょう。

ペットロスを受け入れたい人が試すべき3つの方法

ペットロス 克服 方法
愛情をたくさん注いできたからこそ、ペットロスから立ち上がることはそう簡単なではありませんよね。
ただ誰だって、いつまでも悲しい気持ちのままでいたくはありませんよね。
ペットが亡くなってしまった現実を受け入れて、もう一度前を向くことが大切です。
そこで、 ここではペットロスを受け入れるためにするべきことを3つご紹介します。

方法1 悲しみを分かってくれる人に話す

ペットロスが深刻な場合、精神的な不調を訴える方が多くいます。
そのため、まずは身近にいて信頼できる人物に相談して、自分の気持を整理しましょう。

どうしても命あるものとは、別れなければいけない瞬間が訪れます。
ペットは長い時間共に過ごした家族同等の存在ですよね。
そんなペットを失った悲しみから一歩踏み出すために、まずは他人に相談することから始めましょう。

近くに相談できる人がいなくて辛いという方はこちら

翡翠Hisui さんはメンタルセラピストの資格をお持ちの出品者の方です。
ペットロスの悲しみを1人で抱えてしまっている方は電話相談してみてはいかがでしょうか。

ペットロスに悩む方、犬猫のお悩みに寄り添います ペットロスに悩んでる方のお話を聞きアドバイスをします

方法2 持ち物を徐々に処分する

ペットが亡くなった後、おもちゃや小屋などが残っていると、つらい気持ちばかり読みがるという方も少なくありません。
しかし、処分してしまうのはもったいないという方におすすめなのが、保護動物のための支援物資として送る方法です。
JCDLでは、恵まれない動物を保護するために、支援物資の募集をしています。
中古品や開封済みの商品でも募集しているようなので、捨てる代わりに寄付してみてはいかがでしょうか。

方法3 ペットとの思い出を記念に残す

ペットロス 克服
ペットを大好きだった気持ちを忘れないように、ペットをなくした方の多くが何らかの形で、ペットが生きた証を残しています。
お気に入りの場所に木や花を植えたり、肉球をかたどったフォトフレームを作成したりして、自分の気持に整理をつけるのです。
記念品の中で特におすすめなのが、ココナラで大切なペットのイラストを作成するサービスを利用することです。
愛するペットとのかけがえのない一生モノの思い出を、絵画として残しておくことで、何年経っても当時の気持ちが思い出せるメモリアルグッズになります。
今回は、ココナラマガジン編集部おすすめのイラストレーターを3名厳選したので、ぜひ参考にして下さい。

ココナラを初めて利用する方はこちら

ココナラの取引の流れはこちら

やまもとゆうじ さん

非常に大人気のイラストレーターの方です。
ココナラで一握りの方しか得ることが出来ないPRO認定を持っています。
非常にリアルなタッチの絵柄と可愛らしい配色が特徴でおすすめです。

プロのイラストレーターがペットの肖像画を描きます あなたのペットを世界に1つだけのアート作品にしませんか?

利用者の声
今回初めて愛犬を描いて頂きました。
つい最近愛犬が亡くなり………>_<…なにか写真以外に残るものがあればと思いこちらに辿り着きました。
わたしの思いが強すぎて(笑)……無理なお願いをたくさん聞いていただき、細かい修正を何度も時間をかけて気持ちよく対応して頂きました!そのおかげでリアルに愛犬がそこに居るような……私にとって一生のタカラモノになる最高の仕上がりになりました!!
手元に届くまでもこんなにスピーディーとは思いませんでした!
また、是非機会ががありましたら、ヤマモトさんにお願いしたいと思います(^^)

本田なめし さん

シックでおしゃれな雰囲気の絵柄が特徴のイラストレーターの方です。
上品でかわいい絵が好きな方におすすめです。

大人可愛い動物デザインします ペットや好きな動物で!アイコンやポストカードはいかがですか?

利用者の声
この度はとても素敵なイラストをありがとうございます!ふわふわした依頼にも関わらず、想定以上にクオリティの高いイラストをご提案いただけました。お値段以上の満足度で、お願いしてよかったです!また機会がありましたらよろしくお願いします。

川端一生 さん

元漫画家のイラストレーターの方です。
墨を使用した繊細で洗練された作品が好きな方におすすめです。

ペットやその他動物を、原画に筆描きします ペットやその他の動物を原画に筆描きします。

利用者の声
昨年の夏に亡くした愛猫の絵をお願いしました。
原画のレイアウトの段階から、沢山の写真の中から、私が望んでいるものを汲み取っていただき、最高のものに仕上げて頂きました。
原画が手元に届き、写真より何十倍も温かみのある愛猫だと、感激致しました。
川端さんの思いやりのある言い回しや、言葉遣いで、本当に安心してやり取りすることができました。
この度は、本当にありがとうございました!

この他にも多数のイラストレーターの方が在籍しているのでぜひ、ココナラのページをご確認下さい。

メモリアルイラストは愛するペットが生きた証

ペットロス 克服
長年連れ添ったペットを失う悲しみから立ち直るのは、容易なことではありません。
ゆっくり時間を掛けて、ペットの死を受け入れて、段階的にペットロスを脱していきましょう。
ペットロスの悲しみを緩和する意味だけでなく、これまで家族同様に過ごしてくれたペットに感謝を伝える意味で、記念品をイラストにするのはおすすめです。