【もう迷わない!トイレの大掃除】きれいにすべき場所や掃除の手順を徹底解説

トイレ大掃除

年末が近づくと気になる大掃除。特に汚れやすいトイレは、大掃除ですみずみまできれいにしたいですよね。しかし「どこを掃除したらいいの?」「大掃除を楽に終わらせる方法はないの?」と悩んでいませんか?今回はトイレの大掃除について、掃除すべき場所から簡単テクニックまで徹底解説します。

トイレの大掃除!きれいにすべき場所はどこ?

トイレ大掃除

トイレは日頃から掃除をしている人も多い場所です。
しかし大掃除では、日々の掃除では手の届かないところまで、しっかりきれいにしたいですよね。

まずは大掃除だからこそチェックしたい、汚れが気になる場所を見ていきましょう。

便座・便器

便座や便器は、日頃から掃除している人も多い場所です。
そこで大掃除では、日頃見逃がしやすい便器のフチ裏や、ウォシュレットのノズル周りまできれいにしましょう。

POINT
ノズルは取り外しができるタイプもあるので、掃除前に説明書などで確認します。

さらに便座のフタの開閉部分は、埃が溜まりやすい場所です。
溜まった埃はカビや細菌の温床になることも……。

編集部nao
大掃除では、細かな場所の埃までしっかり取り除きましょう。

壁・床

トイレの床は日々の掃除で軽く拭いたり、掃除機でゴミを取り除いたりする場合もあります。

編集部nao
しかしトイレの壁まで掃除している人は少ないのでは?

トイレの壁には、知らず知らずのうちに尿の飛沫が付着しています。
飛び散った汚れをそのままにしていると、雑菌が繁殖して臭いの原因にもなります。

大掃除では床と一緒に壁もきれいにしましょう。

タンク

トイレのタンクは、外と中の両方をきれいにします。

え?トイレのタンクの中って汚れてるの?

実はトイレのタンクの中は、カビが発生しやすい場所です。
タンク内がカビだらけになってしまうと、水を流すたびにトイレにカビをまき散らすことに……。

大掃除ではタンクのフタを外して、カビを取り除き清潔にしましょう。

換気扇

一般的なトイレの天井には換気扇がついています。
臭いが気になるトイレでは、換気扇の役割は重要です。

編集部nao
でもちょっと上を見上げて、換気扇をチェックしてみてください。

吸い込み口に埃が溜まって汚れていませんか?
換気扇が汚れていると、臭いを取り除く効果も低下してしまいます。

トイレの大掃除のやり方

トイレ大掃除

大掃除できれいにする場所をチェックしたら、ここからは具体的な掃除の手順を紹介します。
トイレの大掃除は「きれいにする順番」がポイントです。

編集部nao
せっかく便座をきれいにしたのに、その後に換気扇掃除をして便座に埃が落ちてしまうのは残念ですよね。
POINT
換気扇→タンク→便器・便座→壁・床の順番で掃除をします。
なるべく上から掃除をすることで、下に落ちた埃や汚れを効率的に回収できます。

用意するもの

  • ゴム手袋
  • メガネ(またはゴーグル)
  • 掃除用ブラシ
  • トイレ用掃除シート
  • トイレ用酸性洗剤
  • トイレ用中性洗剤
  • フロアワイパー(または掃除機)
  • 雑巾
掃除を始める前にチェック!
トイレ大掃除洗剤が手指についたり目に入ったりすると危険です。
掃除を始める前に、ゴム手袋とメガネ(ゴーグル)を装着しましょう。

トイレの換気扇の掃除方法

安全のために必ず換気扇のスイッチを切ってから掃除を始めましょう。

  1. 換気扇カバーを手前に引っ張って外す
  2. 取り外したカバーの埃を取り除き、こびりついた汚れは水で流しながらブラシでこする
  3. 換気扇の内部をトイレ用掃除シートでふき取る
  4. カバーをよく乾かしてから元に戻す

便座・便器の掃除方法

日頃から掃除をしている便座はトイレ用掃除シートで、便器の中やフチ裏など水垢や尿石が気になる場所は「酸性洗剤」を使用します。

  1. 便器の中とフチ裏にトイレ用の酸性洗剤をかけて2~3分ほど放置する
  2. 便器の中とフチ裏をブラシでこすって、水垢や尿石を落とす
  3. 2~3回水を流して、汚れと洗剤をしっかり流す
  4. 便座はトイレ用掃除シートで表裏、開閉部分を拭く
  5. ウォシュレットのノズルを引き出して(または洗浄モードを使用)、トイレ用掃除シートで拭く
注意

酸性洗剤は刺激が強く、手についたり目に入ったりすると非常に危険です。
掃除の際は必ずゴム手袋、メガネ(またはゴーグル)を装着して手指や目を保護しましょう。

また酸性洗剤と塩素系洗剤を混合すると、有毒ガスが発生します。
使用の際は説明書きをよく読み、必ず単品で使いましょう。

タンクの掃除方法

編集部nao
掃除を始める前に、トイレの止水栓を閉めます。
止水栓はタンク周辺の壁や床にあります。
  1. 止水栓を、マイナスドライバーで時計回りに回して閉める
  2. タンクのフタを真上に持ち上げて外す
  3. タンクの中ブタを外す
  4. タンク内にトイレ用中性洗剤をかけて、ブラシでこすって汚れを落とす
  5. 中ブタはお風呂場などで掃除をする
  6. 中ブタにもトイレ用中性洗剤をかけてブラシでこすって汚れを落とす
  7. 中ブタを水ですすいで、汚れを洗剤を洗い流す
  8. タンクのフチやフタ、外側をトイレ用掃除シートで拭く
  9. フタを戻して、止水栓を開けてから数回水を流す

壁・床の掃除方法

トイレの大掃除の仕上げは、壁と床です。

  1. 床の埃をフロアワイパーや掃除機で取り除く
  2. トイレ用掃除シートを使って、壁→床の順で拭き掃除をする
編集部nao
トイレ用掃除シートで落ちない汚れは、固く絞った雑巾に中性洗剤をつけてやさしくこすって落とします。
汚れが落ちたら水拭き、乾拭きの順に仕上げましょう。

トイレの大掃除を楽にするには?

トイレ大掃除

年末のトイレの大掃除は意外と大変な作業です。
しかし毎日のひと手間や、便利なグッズやサービスを活用することで、トイレの大掃除がグッと楽になることをご存じですか?

ここからはトイレの大掃除を楽に済ませる簡単テクニックをご紹介します。

隙間時間にササッと掃除

便器や便座の汚れは、放置していると落ちにくくなります。
日ごろから定期的に掃除をしておくことが、大掃除を楽にする最大のポイントです。

トイレ用掃除シートを取り出しやすい場所に置いて、隙間時間にササッと掃除を習慣づけましょう。

POINT
「掃除道具だから」と、吊戸棚の奥などに収納してしまうと、取り出すのにひと手間かかってしまいます。
手軽に手が届く場所に置いておきましょう。

汚れをつきにくくする掃除グッズを活用

トイレの水を流すだけで便器内を洗浄できる、便利な掃除グッズも販売されています。

「タンク上部に設置するタイプ」「タンク内に入れるタイプ」「便器内に貼るジェルシールタイプ」など、さまざまな種類があるので大掃除前にチェックしてみてはいかがでしょうか?

ハウスクリーニングで一気にきれいに

もっと楽にトイレをきれいにしたい……。
年末は忙しくて、大掃除の時間が取れない!

そんな方には、ハウスクリーニングがおすすめです。

ハウスクリーニングに依頼をすれば、手間いらずでピカピカのトイレに!
さらにオプションでコーティングなどのサービスを展開している業者もあります。

編集部nao
トイレの汚れが気になる方は、まずはハウスクリーニングで汚れを一掃してみるのもおすすめの方法ですよ。

トイレの大掃除が依頼できるおすすめハウスクリーニング

トイレ大掃除

手軽にハウスクリーニングを利用したいなら、ココナラミーツをチェックしてみましょう!

ココナラミーツの特徴
  • 予算、掃除したい場所などから、好きなハウスクリーニングサービスを選べる
  • 依頼前にサービス料金や内容、当日の流れが全てわかる
  • チャットで気軽に相談できる

ここからはココナラ編集部おすすめのトイレのハウスクリーニングを紹介します。

タンク内洗浄、汚れ防止コート、床ワックスなどのオプションも豊富!

☆専門店によるクリーニング☆ウォッシュレットも洗浄☆タンク内清掃+3000円☆

天然植物洗剤『天使の松』を中心に汚れに合わせた洗剤を使用!

トイレクリーニング:協会認定ハウスクリーニング士がお伺い致します。

市販の洗剤では落とせないガンコな尿石汚れも、プロの技でスッキリ

気になるトイレの汚れをプロの技術によりキレイにして明るく楽しい日々の生活をお届け

「エコ洗剤」で環境にも配慮したハウスクリーニング!

☆消臭除菌剤塗布無料☆普段掃除しにくい箇所もしっかり綺麗にさせて頂きます☆

ピカピカのトイレで気持ちのいい毎日を!

トイレ大掃除

汚れや臭いの気にならないトイレは、落ち着く空間ですよね。
年末の大掃除で、日頃手が届かないところまできれいにして、快適なトイレをキープしましょう。

大掃除の時間が取れない人は、ハウスクリーニングの活用もおすすめです。
ピカピカのトイレで、気持ちのいい新年を迎えましょう。