宅建を独学合格させる勉強法|効率よく合格するメソッドとサポートになるサービス

不動産業界や建設業界に就職する人なら、絶対に取っておきたい宅建の資格。独学で勉強を進める上で、どんな勉強法なら確実に合格できるのかわからない……。一人で勉強するのは不安。そんな方のためにこの記事では、宅建のおすすめの勉強法をご紹介いたします。仕事に活かせる知識で、自分を成長させましょう◎

宅建を独学で勉強するメリットって?


今や通信講座や専門学校など、資格を取得するための選択肢はたくさんあります。
それでも独学で宅建の勉強をするメリットとは何でしょうか?
ここでは独学で合格する!と決めた方や、どうするか迷ってる方のために独学のメリットをご紹介いたします。

①自分のペースで進めることが出来る

独学の最大のメリットと言えば、自分の好きなように学べる点。
学校に通ったり通信講座を受講すると、自分の理解度と関係なく授業は進んで行ってしまいます。
出席できなかったときに遅れを挽回しようと勉強しても、しまいにはストレスになってしまうことも……。
独学でなら、自分の苦手なところや得意なところをその日の気分で進めることが可能。
ストレスフリーに勉強に取り組むことができます

②安価に勉強することが出来る

独学で必要になるのは参考書や筆記用具だけ。
スクールなどに通うとなると、大きく受講料がかかってしまいます。
あまり余裕のない学生や忙しい社会人の場合、独学で進める方が、極力費用を抑えて合格に近づくことができます。

宅建で勉強するべき試験範囲って?


文系で建築や宅地建物についての知識がゼロな場合、どんなことを勉強するのか想像しづらいもの。
ここでは宅建で勉強するべき試験範囲をご紹介いたします。

試験範囲は大きく分けて4種類

宅建の試験範囲は以下の4つに分かれます。

・宅建業法
・民法(権利関係)
・法令上の制限
・税金・その他

計50問50点満点、一問一点なのでまんべんなく勉強をすることが合格の鍵。
択一式の試験方式なので一見簡単そうに思えますが、膨大な範囲から出題されるため、ひとつひとつ丁寧に覚えていく必要があります。

最も出題数の多い科目を重点的に勉強しよう

まんべんなく勉強するといっても、全体の範囲がとても広いため、最も出題数の多い宅建業法を意識的に勉強しましょう。
50問中20問を占めるので、一番範囲は広いですがコスパ良く点数を取ることが出来ます。

宅建の具体的な勉強法って?


勉強時間の目安や試験範囲を把握したあとは、次に気になるのは勉強です。
ここではおすすめの勉強法をご紹介いたします。

ステップ①参考書をひたすら進める

市販で販売されている参考書をひたすら解くことで、十分合格レベルの知識をつけることができます。
参考書には、試験で重要になるポイントや出題傾向なども記載されていることも多いので、効率よく覚えるべきものを取捨選択可能◎
試験内容を全て網羅する必要があるので、何周も同じ参考書を繰り返し解きましょう
一周目で確実にマスターすることは不可能なので、短い期間で何周も知識を反復することを意識しましょう。

おすすめ参考書
宅建士の教科書
Amazonでベストセラーの人気の参考書。
図やイラストが多いので、初心者でも取り掛かりやすく理解を深めることが出来ます。
文章を読むよりも、イラストなどを用いて勉強を進めたい方におすすめです。
迷ったらこれ!

ステップ②過去問をとにかく解く

ある程度参考書で基本的な知識がついてきたと思ったら、積極的に過去問を解くようにしましょう。
参考書で理解出来ていたものでも、過去問を解くと新しい知識を得ることが出来たり、間違えてしまったりすることは当たり前。
並行して勉強を進めることができれば、より深い理解に繋がりますので、じっくり解くようにしましょう。
おすすめの方法は、参考書を1~2周したあたりで過去問を解き始めること
もちろん参考書も同時に勉強を進めて、過去問で知識が身についているか随時確認するようにしましょう。

おすすめ参考書

宅建士の12年過去問題集
過去12年分の600問を、一気に解けるのが最大の魅力。
簡単な年代順に問題を進めることが出来るので、習熟度に合わせて勉強することができます。
わかりやすく難易度を可視化したい方におすすめ。

ステップ③模試を受けてみる

スクール等で実施されている模試を受けることは、勉強を進める上で非常に有効な手段です。
独学であっても受けられるものなので、自分の今のレベルを知りたい方は、挑戦することをおすすめします。
模試を受けることで自分の今後の課題が明確になるので、スケジュールを見直すこともできそう。
最新の問題にチャレンジして、さらに知識を深めるチャンスです◎

宅建合格に必要な勉強期間・時間は?


初めて宅建資格を取得をする際に最も不安なのが、どれくらい勉強すれば合格ラインに届くのか。
忙しい学生や社会人も、確実に合格できる勉強期間や時間はどれほどなのでしょうか?
ここでは、合格可能となる勉強期間の目安をご紹介いたします。

宅建は長時間の勉強時間が必要な資格

基礎知識や個人の能力によって異なりますが、平均して300時間ほど必要だと言われています。
もともと知識がある程度ある人などは100時間ほどで足りる場合もありますし、500時間ほど費やす人もいます。
毎日勉強時間を取って、コツコツ真面目に取り組めば、大体300時間ほどで合格ラインに立てます。

一日の勉強時間は、2~3時間

300時間勉強すると考えた時、一日2~3時間程度勉強すれば、3~5か月ほどで資格を取得できるでしょう。
しかし勉強する量が多い資格でもありますので、長いスパンで計画を立てることをおすすめします。
一年程度勉強する期間を確保して、確実に合格できる知識量を毎日コツコツ蓄えましょう。
10月に試験がありますので、大体4,5月くらいから勉強を始めると、ゆとりのある勉強スケジュールに◎

独学で勉強するのが不安な方はココナラに相談


やっぱり独学で宅建なんて、難易度の高い資格取得できるのかな……
そう不安になる気持ちは、ココナラで解決してみませんか?
ココナラには、宅建に合格した実績を持つ方に簡単に自分の悩みを相談することができます。
経験に基づいたアドバイスや、自分に合った勉強法をレクチャーしてくれるサービスも多数在籍。
ここでは、ココマガ編集部おすすめの出品者をご紹介いたします。

宅地建物取引士が独学低コスト「宅建」合格法教えます 今年こそ!『時間がなくとも』宅建士試験に合格したい方、必見!

現役講師が宅建試験合格のための勉強法伝授します あなたにあった勉強法・スケジュール・得点計画を提案!

法律資格受験生へ!悪用厳禁な「記憶術」を教えます 司法書士、行政書士、宅建を22歳までに取った僕が伝授します!

宅建合格!!3つの極意を伝授いたします 宅建士試験に早急に合格する勉強法

資格取得で自分の可能性を広げよう


宅建は資格の中でも、特に専門性が高く取得は難しいものです。
しかし一度取れてしまえば、一生ものの資格となり仕事でも存分に役立つでしょう。
あなたの仕事の幅や、知識の量は自分次第でいくらで増やすことが出来るのです。