YouTubeネタはこう探す!企画を提供してくれるアドバイザーとアイデアの発見法を伝授

YouTubeを始めてみたいけど、企画ネタがなかなか思いつかないというあなた。人気YouTuberの中には、毎日更新を継続してる人もいるけど、どうやってネタが浮かぶの?と思っていませんか?この記事では、企画ネタを思いつくコツネタを提供してくれる困ったときのアドバイザーをご紹介いたします。

この記事で分かること
●ネタが思いつかない原因
●ネタを探す方法
●企画ネタを提供してくれるアドバイザー

YouTubeネタが思いつかない3つの原因


駆け出しYouTuber
企画やネタってなかなか思いつかない…。
YouTubeのネタってどうやって考えるのか知りたい!
人気YouTuberの動画を視聴すると、ユニークで面白いものが多いですよね。
中には、毎日投稿を継続してるYouTuberもいます。

彼らが動画を投稿するために、数多くのアイデアを蓄積しているのは確か。
どのようにしてネタを思いつくのか疑問に感じる方も少なくないはず。

キャラクターの確立、編集の仕方が上手いなど、様々な要因がありますが、面白い動画の根幹となるのが「企画」
ここではまず、ネタが思いつかない原因について解説いたします。

原因①:軸となるテーマが決まっていない

再生回数が増えない、企画が思いつかないのはチャンネルのコンセプトが決まっていないのが原因の一つ。
あなたのYouTubeチャンネルで何をテーマにして発信するかを決めましょう。
それこそ、企画を考えるための第一歩です。

ネタというのは、アイデアの掛け合わせです。

アイデアの掛け合わせ方
仮に、軸となるテーマを「料理」と決めるとします。
「料理」という大枠から料理の作り方を教えるノウハウ系、大食いなどの食べる系、調理と実食系に分けることができます。
そこで、普段から料理をする人なら、初心者に向けた簡単レシピ、忙しい人向けの作り置きレシピといった企画を考えることができます。

このように、軸となるテーマを決めることで、自分が発信したい内容から派生させてネタを作ることができます。

YouTubeのテーマや企画について1人で考えるのは自信がない……。
そう感じたら、ココナラに相談するのも一つの手です。

YouTubeのコンセプトから丁寧にアドバイスします

YouTubeを始めたい人にコンサルタントします コンセプトからYouTubeにアップするまで丁寧にアドバイス

原因②:好き・得意が明確になっていない

「好きなことで、生きていく」がコンセプトであるYouTube。
これからYouTubeを始めようと思ったら、自分の好きや得意を見つける必要があります。

人気YouTuberの例
例えば、人気YouTuberであるヒカキンさん。
今や「◯◯を買ってみた」やゲーム実況などを発信していますが、初期の頃は、ビートボックスを中心に動画を投稿していました。

魚を捌く動画でおなじみの「きまぐれクック」のかねこさんも幼い頃から、魚を捌いていた経験から料理をテーマに発信しています。

また、「自分を大蛇丸と信じて止まない一般男性が、◯◯で優勝する」でおなじみの料理系YouTuberのとっくんさん。
とっくんさんは、得意なことである声真似と好きなことである料理を掛け合わせています。

このように、自分の“好き”や“得意”があると企画につながりやすくなります。

こうしてみると、もともと得意なことがあるから、できることなんだと思ってしまう方もいるかと思いますよね。
しかし、ここで諦めるのは早い!
最初から得意なことがなくても、「数日間で◯◯を達成する」といったチャレンジ系に取り組んでみるのも一つの手です。

編集部
例えば、フィットネス系YouTuberでおなじみの、「のがちゃんねる」ののがさん。
のがさんは、初期の頃チャレンジ動画を中心に様々なことに取り組んでいました。
ダイエット企画で1週間筋トレ生活の動画を投稿したところ人気に火がつき、このダイエット企画をきっかけに、今ではフィットネスを中心に動画を更新しています。

したがってネタを考える際は、好きなことを発信したいという目的があると、アイデアが浮かびやすくなります。

原因③:オリジナルにこだわり過ぎてしまう

これからYouTubeを始めるうえで、人気YouTuberがやっている企画を真似ることも必要です。
ここでの真似るというのは、丸パクリすることではなく、企画の要素を引用しアレンジすることです。

確かに、独自のアイデアにこだわることも大切です。
しかし、何万人もいるYouTube市場でオリジナルを見出すのは初心者にとっては骨が折れるもの。
YouTubeを軌道に乗せるまでは、真似をしてコツを掴むことが重要になります。

編集部
例えば、東海オンエアさんが火付け役となった企画、「◯◯王」
この企画は、メンバーのことを一番知っている人は誰かを決める企画です。
この動画がバズり、はなおでんがんさんを始め多くのYouTuberがこぞって真似をしました。
したがって、最初のうちは他のYouTuberがやった企画で、自分たちの動画に活かせるのを真似ることがベターです。

企画に結びつくネタの探し方3選


ネタが思いつかない原因について分かったところで、次はネタの探し方をチェックしましょう。
ここでは、企画に結びつくネタの探し方を3つご紹介いたします。

①キーワードを組み合わせる

好きなこと・やってみたいことが見つかったら、それをもとに1つキーワードを決めましょう。
そして、そのキーワードに他のキーワードを組み合わせられないかを意識して考えます
ここでは、やってみたなどのエンタメ系YouTuberである「だいにぐるーぷ」さんをもとにネタの探し方をご紹介いたします。

ネタの探し方
まず、誰もがやったことのある遊びの定番である「鬼ごっこ」、これを1つ目のキーワードにします。
ただ、鬼ごっこを普通に遊ぶ分には、動画の新鮮味に欠けますよね。
そこで、人気YouTuberである北の打ち師達さんがよくやっている「1週間◯◯生活」を2つ目のキーワードにします。
「鬼ごっこ」「1週間◯◯生活」を組み合わせることで、「1週間鬼ごっこで逃げ切ったら100万円。」という企画が誕生します。

さらにこれを発展させたのが、「アメリカ全土で1週間鬼ごっこしてみた」という企画。
これは、「1週間鬼ごっこで逃げ切ったら100万円」をキーワードに、規模を広げた「アメリカ」のキーワードを組み合わせてできたもの、と考えることができます。

したがって、何か1つキーワードを決めて、そこから別のキーワードを組み合わせることができるかがネタ出しに重要なことと言えます。

②動画のハイライトから逆算する

アイデアを出すときに、動画のハイライトを決めてから企画を考えるという方法もあります。
この段階でのハイライトはざっくりとした内容でOKです。

編集部
例えば、動画のハイライトでドッキリでした!というオチを持っていきたいとします。
そうしたら、どういった内容で騙すのかを考えますよね。
ドッキリはネタばらしをするまで、ターゲットにドッキリというのがバレないようにするが肝です。
そのために、ドッキリで必要な準備や段取り決めが発生し、あれよあれよというまに企画が完成するのです。

このような動画のハイライトは、サムネイルにすることがおすすめです。
目に留まりやすい動画はサムネイルが鍵となるからです。

YouTubeサムネイル作成方法についてまとめた記事はこちら

【見本つき】YouTubeサムネイルの作り方と設定・変更方法|コツを掴んで初心者から人気YouTuberに!

③SNSのトレンドをベースに考える

情報収集に欠かせないSNSも、YouTubeの企画を考えるにはうってつけ。
動画を伸ばすため、YouTubeのコンテンツをSNS用にまとめたものをアップすることがあるからです。
逆も然りで、SNSの内容がYouTubeの企画に結びつくことも。

SNSトレンドの事例
例えば、コスメ
コスメの購買は、YouTubeやInstagramのレビューが大きな影響を与えています。
10〜29歳の女性の9割が「美容・化粧品の画像や動画をネットで見る」という結果があることから、YouTubeとSNSは相乗効果があると言えます。

(引用:マーケティング情報メディア「BWRITE」|化粧品情報の収集とシェアについての意識調査

コスメならば、商品のレビュー、おすすめをベースにネタを考えることができるはず。

YouTubeネタに困ったらココナラを利用しよう


駆け出しYouTuber
企画の考え方について分かったけど、自分にできるか不安……。
自分でネタを考えるには限界がある……。
編集部
そんなときは、YouTubeの知見がある人の視点から、アドバイスをもらうことも時には必要です。
ここでは、スキルマーケットである「ココナラ」で企画を提供してもらうメリットについてお伝えします。

幅広いジャンルのネタを提供してもらえる

ココナラには、ジャンルに問わず幅広い企画を提供してくれるアドバイザーがいます。
まずは、何がやりたいのか、どういったことをYouTubeで発信していきたいのかを一緒に考えてくれます。
どの人に依頼するのかを簡単に比較検討することができるので、自分にぴったりな方を見つけることができるはずです。

低価格で利用できる

ココナラでは、最低1000円からサービスを依頼できます。
比較的低価格なので、気軽に依頼することができるのがココナラならでは◎
また、購入から納品までオンラインで完結するので、時間と場所を気にすることなく気軽に利用できます。
アドバイザーにもよりますが、取引に関しては、テキスト、ビデオチャット、電話、コンテンツと幅広く対応しています。

様々な情報を元に利用できる

サービス内容・コミュニケーション・クオリティ・納期の4つの項目の口コミを確認することができるので、安心して利用することができます。
また、じっくりとヒアリングをしてくれるので、想像以上のクオリティを提供してくれるはず。
さらに、些細なことでも気軽に質問できるのがポイントです。

ココナラを初めて利用する方はこちらへ
サービス購入のコツをまとめた記事はこちらへ

YouTubeのネタ提供してくれるアドバイザー

ココナラを利用するメリットが分かったところで、早速アドバイザーを見ていきましょう。

現役放送作家が企画ネタ出しをします

現役放送作家がYouTuberのネタ出しします 再生数を伸ばしたい方、企画を求めている方、チャンネル立ち上げ

様々な経験を活かしてYouTubeネタを書きます

YouTube動画シナリオ書きます 動画のシナリオ、ネタ、レビューなど書きます

シナリオライターがYouTube脚本を書きます

YouTubeの脚本・シナリオ執筆承ります 【2000円~】100件以上のシナリオを作成してきました!

YouTubeのネタ・戦略考えます

YouTube必見!ネタを提供します 動画作りから再生回数をサポートします面白いには理由がある

漫画動画などシナリオネタを提供します

youtube漫画動画のシナリオ書きます LINE式、アニメ式も【半年で200本の執筆経験あり!】

【オールジャンル対応!】YouTubeシナリオを書きます

漫画動画のシナリオを生業としている者が執筆致します オールジャンルのオールマイティ。総再生回数約5300万回!

YouTuberとしてのスタートを切ろう


YouTubeのネタの見つけ方について解説してきました。
視聴者に動画が面白いと思ってもらうには企画が重要。
だからこそ、数多くのアイデアを出す必要があります。
1人で企画を考えるのは難しいと感じたら、ココナラでネタを提供してもらいませんか?

【YouTube】チャンネル登録者を増やすには秘訣があった!?やるべきことまるっと解説