ヘッダー作成のポイントとおしゃれなデザイン事例を紹介!依頼時の注意点も

ヘッダー おしゃれ

SNSやブログ・ホームページに表示されるヘッダーには、個人やサイトの印象を決める重要な役割があります。おしゃれなヘッダーなら、投稿や記事コンテンツを見てもらいやすかったり、フォローしてもらえたりとメリットがたくさん。そこで今回は、おしゃれなヘッダーの作成ポイントやデザイン事例をご紹介しましょう!

各SNSやホームページに最適なヘッダーサイズ

ヘッダー おしゃれ
SNSやブログ、ホームページによって最適なヘッダー画像のサイズは異なります。
まずはどのサイズでヘッダーを作るべきかを確認しましょう。

SNSに使うヘッダーの推奨サイズ

日本の主要SNSの中で、ヘッダーを設定できるのはTwitter、Facebook、YouTubeの3つ。
それぞれの推奨サイズは次の通りです。

Twitter
1500px × 500px

Twitterの場合、見る端末によっては上下50pxが見切れてしまうことがあります。
推奨サイズ内でヘッダー画像を作るのはもちろん、なるべく内側に寄せると安心です。

Facebook
PC:820px × 312px
スマホ:640px × 360px
両方に対応:828px × 360px

PCでは横長、スマホでは縦幅がやや広めと、デバイスによって推奨サイズが異なる点に注意。
両方に対応するサイズで作るなら、文字を中央に寄せると見切れません。

YouTube
2048px × 1152px

上記サイズであれば、スマホ・PC・テレビ画面どのデバイスでも対応可能です。
表示するときには左側にアイコンが重なるので、左側にスペースを空けておくのがおすすめです。

ブログ・ホームページに使うヘッダーの推奨サイズ

ブログやホームページの場合、どのサービスを使うかによって推奨サイズが変わります。
ここでは利用者の多いアメーバブログとWordPressの推奨サイズをご紹介しましょう。

アメーバブログ(アメブロ)
1120px × 400px(350〜500pxの間)

アメブロは横幅を最大1120pxにすると、綺麗に画面に収まります。
縦幅は長すぎるとファーストビューが悪くなるので、350px〜500pxの間で調整しましょう。

WordPress
960px × 250px以上(最小サイズ)

WordPressはテーマ(テンプレート)によって推奨サイズが変わるため、使用するテーマのサイズを確認する必要があります。
例えば、STINGER8だと1060px × 300px、Cocoonは1900px × 400pxなど。
とはいえ、最小サイズ以上で作れば問題ありません。

おしゃれなヘッダーの作成ポイント

ヘッダー おしゃれ

デザインの初心者がヘッダーを作ろうとすると、なんだかダサくなりがち……。
デザインセンスがあるのが理想的ですが、実はポイントを押さえるだけでもおしゃれなデザインが作れます。

ターゲットを意識する

ヘッダーの目的は、SNSやホームページに訪れたユーザーの興味を引くことです。
自分がどんなユーザーにコンテンツを見てほしいのかを明確にし、ターゲットを意識したヘッダーを作りましょう。

例えば、若い女性に見てほしいなら可愛らしいヘッダーに、40〜50代の男性がターゲットならシックな雰囲気のヘッダーにするなど。
人が「おしゃれだ」と感じやすいのは、自分の好みとマッチしているときです。
だからこそおしゃれなヘッダー作りには、ターゲット設定が欠かせません。

ページ全体との調和を意識する

SNSなら普段のつぶやきや投稿と、ブログ・ホームページなら記事コンテンツと、ページ全体との調和性が取れているかどうかも意識しましょう。
具体的には「コンセプト」と「テーマカラー」に合わせてヘッダーを作るようにします。

調和の例
コンセプト:コスメなら可愛い雰囲気、ビジネス系ならできるビジネスマン風など
テーマカラー:コスメならピンク、ビジネス系なら青など

すると見た目と発信内容が調和し、ページ全体がおしゃれに仕上がるため、ターゲットがより引き込まれるページになるでしょう。

アイキャッチ要素を組み込む

プレーンなデザインのヘッダーよりも、何かアイキャッチになるものが入っているとより印象に残りやすくなります。

  • 人物(自分の写真)
  • モチーフ(写真やイラスト)
  • 文字(キャッチコピー)

上記のようなアイキャッチ要素を入れることで、相手の視線を誘導することも可能です。
ヘッダーデザインの要となる部分ですから、こちらもターゲットやコンセプトに合ったものを入れるようにしましょう。

フォントを工夫して文字を効果的に入れる

ヘッダーに文字を入れればアイキャッチ要素にもなり、キャッチコピーで引き込んだり、どんな情報を発信しているのかを端的に伝えられたりなど、何かと効果的です。
しかしデザインに慣れておらず「文字を入れたら途端にダサくなる」と悩む人も多いのではないでしょうか?

文字をおしゃれにするポイントは、フォントをデザイン全体の雰囲気に合わせること。
細文字・太文字・イタリック・丸文字・手書き風など、フォントによって受ける印象が変わります。
Webでよく見る明朝体では、デザインとの雰囲気が合わなくて失敗することも多いのです。
さまざまなフォントを試してみて、デザインに合うフォントを探してみましょう。

引き算をする

ごちゃごちゃして派手なヘッダーは確かに目を引きやすいですが、要素が多すぎて逆に印象に残りにくかったり、ダサくなったりなど、あまりおすすめできません。
ヘッダーがある程度完成したら、あえて引き算をしてみましょう。

  • 使用する色の数を1つ減らしてみる
  • コラージュ用の画像を1枚減らしてみる
  • 文字を1フレーズ減らしてみる
  • 文字の背景(マーカー)や下線、影をなくしてみる

何かを減らしてみるだけで、一気におしゃれなヘッダーに仕上がることもよくあります。
余計な部分を削ぎ落とし、シンプルながらもおしゃれなヘッダーを目指しましょう!

おしゃれなヘッダーのデザイン事例

デザインというのは、ゼロから作るのではなくまずは何かを真似て作ってみることから始まります。
ココナラではプロのクリエイターが作ったヘッダーの事例が溢れているので、そちらを見て真似てみるのもいいですね。

また、自分で作るのが面倒、苦手、センスに自信がないという人は、プロに依頼した方が確実です。
プロのクリエイターならあなたの伝えたい雰囲気や希望を、おしゃれなヘッダーとして仕上げてくれるでしょう。

おしゃれなヘッダーのデザイン事例とクリエイターをご紹介します。

女性向けのふんわり優しいヘッダーデザイン

あなただけのヘッダー画像やバナー画像を制作します アメブロ/WordPress/ペライチなどの画像はお気軽に!

文字が見やすいポップなヘッダーデザイン

バナー・ヘッダー・サムネイル・SNS画像を作ります 目的やターゲット層を想定した効果的なデザインを提案します◎

画像と文字を組み合わせたヘッダーデザイン

サイトやブログのヘッダー・バナー・カバー作ります アメブロ、Facebook、Twitter、YouTube

手書きイラストが可愛いヘッダーデザイン

ブログ等のヘッダーを制作いたします ★オリジナルイラストと手書き文字でゆるっとおしゃれに★

スタイリッシュで高級感のあるヘッダーデザイン

フォロワー増加に繋がるヘッダー画像 カバー作ります Twitter・Facebook・YouTube

ココナラでヘッダー作成を依頼するときのポイント

ヘッダー おしゃれ

ココナラで希望に合ったおしゃれなヘッダーを作ってもらうには、クリエイターへの依頼時に必ず押さえておきたいポイントが4つあります。

どんな場面で使用するヘッダーかを伝える

SNSのヘッダーなのか、ホームページのヘッダーなのか、それとも個人用なのかビジネス用なのか。
どんな場面で使用するヘッダーかを伝えれば、クリエイター側もヘッダーの利用シーンを想定しやすくなります。
利用シーンを想定した方が良いヘッダーが作れるため、依頼の際には何に使うヘッダーなのかを伝えておきましょう。

サイズやデータファイルの形式をきちんと指定する

せっかく完成したヘッダーのサイズが合わない、アップロードできないなんてことにならないように、サイズやデータファイルの形式も依頼時に指定しましょう。
特にサイズの変更はヘッダーの構成そのものを変えることになるので、作り直しになり追加料金がかかる場合もあります。

データファイルの形式もJPG・PNG・GIFでアップロードの可・不可があったり、画像の解像度に影響したりするので、最適な拡張子にすることが大切。
どの形式にするべきか悩んだらクリエイターに相談してみましょう。

齟齬のないようにコンセプトを明確にする

クリエイターからのヒアリングでは、ポップ、スタイリッシュ、ナチュラル、シンプルなど大まかな雰囲気や、イメージカラー、入れて欲しいモチーフなどを伝えましょう。
よりコンセプトが伝わるようにイメージ画像を見せたり、実際に使用するSNSやホームページを見てもらうのもいいですね。

コンセプトをしっかり共有し、クリエイターとの齟齬をなくすことで、イメージと違うヘッダーを納品されるリスクが減ります。

何回まで修正可能かを確認しておく

一発で希望通りのヘッダーが納品されることはごく稀です。
どこか気になる点があったときのために、クリエイターが何回まで修正依頼に対応してくれるかを必ず確認しておきましょう。

料金内での修正可能回数は、クリエイターによりバラバラです。
サービス内容をよく読むか、クリエイターに直接質問して確認してくださいね。

おしゃれなヘッダーでページを魅力的にしよう

ヘッダー おしゃれ
SNSやブログ・ホームページにおしゃれなヘッダーを設定しているとモチベーションが上がりますよね。
ページを訪問した人を引き付けるため、SNSのフォロワー増加やホームページの集客などの効果も期待できます。
おしゃれなヘッダーを活用して、魅力的なページにしましょう!

ABOUT US

Josa
フィリピン生まれ日本育ちのミレニアル女子。事務員時代にマーケティングと心理学を知りどハマりした結果、気付けば会社の業績が上がっていた。現在はフリーランスライターとして活動中。得意ジャンルはビジネス、恋愛、心理学。好きなものは映画とインスタ映え。