歌ってみたのクオリティーが倍増!MIXをお願いするメリットとマナー、教えます

MIX  依頼 ミキサー

「歌ってみたを作りたいけど、音源のMIXはどうしよう……」と迷う方もいるのでは?MIXには、ある程度の機材や技術が必要。歌うことを中心に考えている方にむけて、プロにMIXを依頼するメリットや、依頼する時に知っておくべきマナー、おすすめのMIX師についてご紹介します!

MIXを依頼するメリット

歌ってみた ミキサー MIX 依頼出典:ココナラ 

「MIXってそもそも何?どう変わるの?」という疑問を持っている方もいるかもしれませんね。
プロのMIX師に依頼するメリットと合わせて、ご紹介します!

楽曲が聴きやすくなる!

そもそもMIXって一体何のためにするものなんでしょうか?
英単語の通りにいえば、「混ぜる」ですよね。
歌ってみたのMIXでまず始めに取りかかるのは、あなたの声とインスト(カラオケ音源)をうまく混ぜること

そのままではバラバラな音質を調整することで、音源として聴きやすくしているんですね。
MIXする前と、MIXした後の曲を比べてみると、分かりやすいかもしれません。

出典:ココナラ 

MIXする前は、声が少し曲から浮いてしまっているように聞こえるのが、分かるでしょうか?
反対にMIXした後は、まとまりがあって聞きやすいですよね。

「よく聞かないと分からないのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、スッと耳に入ってくる第一印象はとても大事。
YouTubeを始めた人の中でも、「低画質よりも低音質の方が視聴率が伸びない」という話はよく言われています。

歌からは少し離れますが、人はそれだけ耳に入ってくる音に敏感なんです。
歌とインストが自然に溶け合っているようなMIXは、曲としての完成度も高くなります。

自分のイメージに近づく!

音楽活動をしている方なら、「あんな曲を作りたい!」というイメージや憧れってありますよね。  歌ってみたでは、エフェクトやミキシングを使うことで、より細かな表現をすることができます。  

例えば、「ハモリを入れたいけど自分では歌えない」という場合は、あなたの声からハモリを作り、重ねることもできます。
表現の幅を広げることもできるのです。
何曲もMIXを手掛けているMIX師に依頼することで、頭の中で描いていたイメージが形になります!

イメージを正確に伝えるためには、参考音源を添付して依頼するのがオススメ。
「ここにエコーをかけて欲しい」「リバーブを強めてほしい」「この歌詞が強調して聴こえるようにしたい」など、細かいリクエストがある場合は事前にお伝えしましょう。

ココナラには、サービスの出品者とチャットができる機能があるので、MIX師さんに直接聞くことができます。       
相手はプロですので、もし何か迷うことがあれば気軽に相談してくださいね!     

自信をもって発信できる!

歌が好きでも、ネット上にアップするとなると少しドキドキしますよね。
「何曲もMIXを手がけているプロと、一緒に作った楽曲。」      
そう思うだけで、少し自信がもてませんか?

実際の作業でも、声の大きさや音程がばらついているところを自然に修正してくれているMIX師さんがほとんど。
より良くなっていることは間違いありませんから、どんどん発信していきましょう!
公開することに少し勇気が持てないあなたの、後押しになるかもしれませんよ。

また、単純にMIXする時間がかからないので、その分歌に専念できるというメリットもあります。
納得いくまで録り直しをする時間を作れるかもしれませんし、公開する頻度をあげることができますよね。          

MIXを依頼する時のマナー・知っておくと楽なこと

マイク 歌ってみた ポップガード 

実際にMIXをお願いする!となったときに知っておきたい注意点をまとめました。
きれいに録音するためのコツもご紹介します。

好みのMIX師を探そう

時間をかけて作るあなただけの楽曲。
自分が表現したいイメージに、ぴったり合うMIX師を探したいですよね。
ココナラの各MIX師のページには、サンプル動画として過去にMIXした曲がたくさんアップされています。
聴き比べながら、好みのMIX師を探しましょう!

ここで気をつけたいのは、依頼したい曲と似たジャンル・雰囲気のサンプル動画を聴いて決めること。
「声質を生かしたい」と考えている方は、自分の声質に似た動画がもし見つかれば、参考になるはずです。
もちろんあなたに合わせたMIXをしてくれるはずですが、各MIX師が持っている得意ジャンルがあります。
「思ったイメージと違う」といったトラブルにならないためにも、自分の目的に合わせて 選びましょう!

録音するときに気をつけること

「せっかく録音したのに、やり直し!」なんてことにならないように、気をつけるべきポイントをお伝えします。

声が重なっていないか

声や音が二重になっていると、MIXができません。
ハモリを入れたい場合は、ハモリだけ別に録音しましょう。
また、メインボーカルとハモリの音の長さが違ってしまうと、どちらに合わせたらいいのか分かりづらいので、大きな差が出ないように気をつ付けましょう。

音が割れていないか

MIX師でも、割れてしまった音はどうにもできません。
マイクとの距離や、部屋の中のものと共鳴して「ジーッ」という音が鳴っていないか、など音割れについて入念に確認しましょう。

音割れを防ぐおすすめのアイテムは「ポップガード」。
息がマイクに強く当たった時に入るノイズを減らすことができます。
例えば、マイクに近い距離で「パピプペポ」と発音すると、「バフッ」という破裂音が入ります。
これを自然な編集で消すのはとても大変。

マイクを口からでる湿気から守ることができるというメリットもあり、 値段もあまり高くないので、ぜひ検討してみてくださいね。

 

音声ファイル・依頼メールを送るときの注意点

依頼ページには、データ形式や必要なURL、録音に関するお願いなどが書かれています。
送り直すのはこちらも大変なので、モレがないかチェックしましょう。

その他に覚えておきたいマナーとしては、

  • 一つのZIPファイルにまとめて送ること
  • カラオケのデータはオリジナルの物をダウンロードすること

MIXするデータは、「メインボーカル」「ハモリパート」「カラオケデータ」などいくつかありますよね。
これを一つ一つのファイルで送ってしまうと、誰が依頼したどこのパートなのか、分かりにくくなってしまいます。
何のデータなのか分かるようにタイトルをつけて、一つの大きなZIPファイルにまとめて送ると親切ですよ。

また、歌ってみたのカラオケ音源は、ニコニコ動画から本家の物がダウンロードできます。
動画サイトから落としたような、低品質なものを送るのは避けましょう。

おすすめのMIX師

歌ってみた MIX 依頼

出典:ココナラ

あなたの歌声を、一つの楽曲に仕上げてくれるMIX師。
まずは、たくさん聴き比べてあなたの好みを探してくだい。
ここでは、ココナラマガジン編集部が見つけたおすすめのMIX師をご紹介します!

まるでCDのようなプロ仕様の音源に

ハイクオリティオール評価5!歌ってみたMIXします まるでCD音源!!歌声もプロによる自然な加工で上手に!!

スマホ録音でもOK、初心者さんでも頼みやすい!

スマホ録音対応!歌ってみたミックス(急ぎ可)します ピッチ/リズム補正(SNSサイズは込)・ハモリ生成など

作編曲家が、自然なピッチ・リズム補正が魅力

自然なピッチ・リズム補正を行いミックスいたします バンド・弾き語りで長年ボーカル経験有、作編曲家、修正制限なし

学生さん歓迎!歌ってみたMIX

学割あり!歌ってみたのMIXを行います ピッチ補正・ハモリ作成の学割有!スマホ録音OK!修正無制限!

Mix歴10年のベテランによるMix/マスタリング

歌ってみた のMix/マスタリングします ピッチ・リズム編集、ハモリ作成等出来ます(サンプルあります)

リピーター多数!高品質の歌MIX

好評価多数&リピータ続出!高品質歌MIXを致します プロ技術で歌を華やかに魅せます!まずはサンプルをご覧ください

MIXを依頼して、あなたの「歌ってみた」を作ろう!

マイク 歌 女性

ココナラには、経験豊富なベテランや、あなたの希望に丁寧に答えてくれるMIX師がたくさんいます。
イメージをしっかりと伝えて、雑音が入らないように録音すれば、もう終わったも同然!
あとは、プロにお任せしましょう。
ぜひあなたの想いを込めた曲を、発信してみてくださいね!