動画編集のやり方【Youtube】基礎からクオリティを上げるコツまで

動画編集のやり方【Youtube】基礎からクオリティを上げるコツまで

動画のクオリティは編集技術に大きく左右されます。例えば、BGMやエフェクトを追加するとメッセージがより伝わる動画になるので、感動も面白さも倍以上になるはず。こちらでは、youtubeで投稿する、または映像作品を作るための動画編集を基礎からご紹介します。

この記事でわかること
  1. 動画編集の基本的な流れ・やり方がわかります
  2. クオリティの高い映像作品を作るコツがわかります
  3. ココナラに出品されているおすすめの「動画制作」サービスがわかります

動画編集の基本的な流れ・やり方

動画編集の基本的な流れ・やり方
こちらでは、動画編集を初めて行う方が知っておきたい「基本的な動画編集の流れ」についてご紹介します。

素材を用意する

まずは素材を用意しましょう。

「素材」とは、編集前の動画のこと。
そもそも動画編集とは、複数の動画を繋いだり組み合わせたりすることです。
この一連の作業をする前の一つ一つの動画を「素材」と言います。

素材を集めるために、撮影をしたり、フリー素材を準備しましょう。

【Q】フリー素材って?

【A】フリー素材とは、人の撮影した素材で無料のもの(著作権フリーのもの)です。

全ての素材を自分で撮影・作成できたらいいのですが、なかには自分のカメラの性能では撮れない景色や、自分では作ることのできないアニメーションを素材として使いたいこともあるでしょう。

そのようなとき、他の人の素材を利用するという手段があります。
それは有料のものと無料のものがあって、無料のものは一般にフリー素材と言われています。

例えば、NHKの「クリエイティブ・ライブラリー」には無料で手に入る素材がたくさんあるので、ぜひ探してみてください。

なお、他の人の素材を使用する上で「利用規約」を守るようにしましょう。
例えば、商用利用が不可とされている素材をyoutubeなどに載せて、広告収入を受け取ることはしてはいけません。

タイムラインパネルに素材を配置

素材が揃ったら、いよいよ編集です。

動画の編集は、基本的にソフトを使って行いますが、ソフトの操作画面「タイムラインパネル」と呼ばれる部分に、素材を順に配置していきます。

単に素材を置いていくのではなく、動画の余分な部分(前後の数秒など)は削除しながらつなげましょう。
この作業を「切り貼り」とも言ったりしますが、この段階は非常に大切です。

例えば、セリフが続くシーンでは、「会話のテンポ感」が作品に大きな影響を与えるからです。
何度も巻き戻しながら、自然に繋がれているか確認しながら進めるのが良いでしょう。

【Q】編集に使うソフトって?

【A】「Premire Pro」「Final Cut Pro」などがおすすめです。

無料で編集できる動画ソフトもございますが、筆者は有料ソフトをおすすめします。
例えば、「Premire Pro」「Final Cut Pro」は、有料ソフトですが、テレビ局員の方も使用しているソフトと言われているほど、まさにプロ仕様。

確かに、使いこなすスキルを身につけるのは大変かもしれませんが、最終的に「youtuberとして活躍したい」と考えているような方であれば、プロ仕様のソフトを勉強しながら使うのがいいでしょう。

ちなみに筆者は「Premire Pro」を使用していました。
理由としては、こちらのソフトがadobe社のソフトで、同社が提供する他のソフト「Photoshop」なども一緒に契約して使うことができるからです。
参考になれば幸いです。

テロップやBGM(効果音・SE)を追加する

「切り貼り」の作業が完成した段階で、ある程度「映像作品」っぽく仕上がっているはずです。
あとの作業は、動画で伝えたいことをいかに伝わりやすくするか飾り付けを行っていく工程です。

そのなかでも、まず最初に行いたいのが「テロップ入れ」と「BGMの追加」。

テロップとは、セリフを文字に起こして画面に表示させたものです。
ドラマや映画のような映像作品を作る場合にはテロップはいれないのが普通ですが、バラエティ番組のような映像作品を作る場合には必須です。
ときには、当人が喋っていなくても、ツッコミや俯瞰の視点としてテロップを置くのもまた、番組を面白くするための手段としていいですね。

また、BGMや効果音、SEを追加するとその場の雰囲気や状況がグッと引き立ちます。
というのも、人は「音」に大きく印象操作されるので、たとえ楽しげな誕生日会の様子を映像として映していても、そこにホラー感のあるBGMを追加するだけで、「何かこの後に怖いことが待っている」と恐怖感を感じる方が多いそうです。

BGMや効果音、SEは基本的には他から引っ張ってくる素材を使用することになるかと思いますが、こちらも映像の素材同様、利用規約に注意して使用することが大切です。
特に、BGMに映画やドラマのサントラを使用したい方もいるはず。
どこでどのように使うならOKか、という範囲をきちんと理解しながら使うようにしましょう。

クオリティを上げる動画編集のコツ

クオリティを上げる動画編集のコツ
先ほどご紹介した「基本的な動画編集の流れ」を踏まえ、こちらでは動画のクオリティを上げる編集方法について、そのコツを3つご紹介します。

カット割りを多くする

1つ目のコツとして、カット割りを多くするという方法があります。

なかにはドラマや映画、PV撮影などで「ワンカット撮影」をしたことが注目されることもありますが、ワンカットで間を持たすのは、実はかなり上級者。
動画編集に慣れてない方がワンカットを取り入れると、見飽きてしまう方もいるかもしれません。

確かに、カット割りを多くすると、撮影がとても大変にはなりますが、いろんな角度から表情や景色が取れると、見ていて臨場感もアップするので、おすすめです。

補足

youtubeでは極端にカット割りを多くする傾向にあります。
例えば、「ジェットカット」という編集方法。
こちら、テレビ業界ではタブーとされていた「会話の間を細かく切り落としていく」編集技術のことです。

あらゆる動画がyoutubeに転がっているなかで、もし視聴者の方が見飽きてしまったら、すぐ他の動画に移ってしまいますよね。
そこで、視聴者を飽きさせない、待たせないように会話の内容を矢継ぎ早に届けてしまうのです。
このような、視聴者を離さない工夫を今のyoutubeではよく行われています。

テロップにこだわる

2つ目のコツとして、テロップにこだわるという方法があります。

テロップのフォントや配色、出現の方法にこだわると、発言者の意図や感情が伝わるようになります。
これは、やはりテレビ番組のプロの方のテロップが参考になります。
自分が作りたいと思っている映像作品に近い番組のテロップに注目してみてはいかがでしょうか。

エフェクトを追加する

3つ目のコツとして、エフェクトを追加する方法があります。

例えば、音声にエフェクト追加をすることで、周りのノイズを取り除くことができます。
さらには、BGMとの音量調整もしておくと人の声がきちんと聞こえるようになります。

あとは、「トランジション」といって映像と映像の切替えを滑らかに演出するエフェクトもあります。
例えば、その人の回想シーンに滑らかに移りたいときや、最後のエンドロールに向かう画面遷移などで使ってみてはいかがでしょうか。

動画編集を代行するのもあり

動画編集を代行するのもあり
クオリティの高い映像作品を作る上で代行という手段があっていいかもしれません。

そこで、おすすめしたいサービスがココナラ
ココナラは、個人間で困ったことを相談しあえるオンラインプラットフォームです。
特に、動画編集においては圧倒的な出品数があるので、比較検討をした上で、自分にあった代行先を見つけることができるはず。
こちらでは、編集部おすすめの3名の出品者をご紹介しています。
ぜひ、チェックしてみてください。

オリジナルBGMの制作|もう著作権に心配する必要はありません!

低価格で【プロクオリティの楽曲】作曲します ぜひサンプルをご視聴ください!

TV業界の局員が編集を担当、プロの技術が細部に宿る

TV業界の現役ディレクターが動画編集します 映像のプロのテクニックが満載!

youtube向けの動画編集をお任せ!サムネイルも作成してくれる

YouTube向けに動画編集いたします 全動画ジャンル対応可能!高品質な動画を提供します!

まとめ

まとめ
こちらでは動画編集の基本的な流れから、クオリティを高めるコツ、そしておすすめの代行先までご紹介してきました。

編集に慣れていない時期は、どうしても「色んな編集方法を覚え、使うこと」に目的意識を置いてしまいがち。
もちろん本来は、それは映像を届ける手段でしかありませんが、筆者はあらゆる編集方法を知ることで、相対的にそれぞれの編集技法の特徴を理解できるので、そのような時期があってもいいのではないかなとも思います。

時間はかかるかもしれませんが、動画編集というスキルは今後とても役立つものになるかもしれません。
もし、制作に時間がかけられないという方は、勉強の意味でもココナラに依頼してみるのもおすすめです。

ABOUT US

Kento
ココナラマガジン編集部ライターのKentoです。 主に「開業・開店・経営」「お金・資産運用」カテゴリーの記事を担当。 距離を感じやすいテーマだからこそ、読者の方に寄り添えるライターとしての強みを生かして、読みやすく分かりやすい記事作成に努めます!