彼氏と結婚したい!男性が結婚に踏み切る瞬間と上手なアプローチ方法

彼氏 結婚したい

「素敵な彼氏と結婚したい」と思うのは普通のこと。しかし、彼氏がプロポーズしてくれない、そもそも結婚についてどう思っているのかわからないと悩む女性も多いでしょう。今回は彼氏と結婚したい女性のために、男性が結婚に踏み切る瞬間や彼に結婚を意識させるアプローチ方法をご紹介します!

彼氏が「結婚したい」と思っているサイン

彼氏 結婚したい

彼氏が「結婚したい」と思っているかどうか。
気になるなら直接聞ければいいのですが、乙女心的にはそうはいきませんよね。

それなら、彼氏の言動をチェックして結婚に前向きかどうかを考えてみましょう!
まずは彼氏が「結婚したい」と思っているときのサインをご紹介します。

家族の話をしている

彼氏が自分の家族構成や昔の思い出を話してくれたり、あなたの家族の話を聞いてくるようであれば、多少は結婚を意識していると考えられます。
恋人と家族の話をすることは、その人との家族像を思い描くことでもあるからです。

「この人と結婚したらどんな家族になるのだろう?」
「相手の親や兄弟とはどんな付き合いになるのだろう?」

家族の話をしながら、無意識のうちにそんなことを考えています。

将来の話を振ってくる

将来の話を振ってくるときも、あなたとの結婚後はどんな生活になるかをぼんやり考えている、と言えるでしょう。

例えば「子供は欲しい?」「ずっとこの仕事を続けたい?」「どんな家に住みたい?」など、「結婚」というワードが出ていなくても、結婚を連想させるような質問をしてきます。

自分と価値観が合うかを確認する言動でもあるため、あなたからも質問をしてお互いの価値観をすり合わせていけば、お互いに結婚をより強く意識するでしょう。

家族や友達に紹介してくれる

高校生の頃は恋人を紹介してもそっと遠くから見守ってくれた両親や友達。
しかし結婚適齢期ともなれば、恋人を紹介しようものなら「結婚するの?」なんて質問責めを受けるでしょう。

だからこそ、大人になってからの恋人は家族や友達に紹介しづらいもの。
それでも家族や友達に紹介してくれるのであれば、彼氏はあなたとの結婚を考えているのかもしれません。

彼氏があなたを家族や友達に紹介したのに、あなたも彼氏を紹介してあげないと「結婚したくないのかな?」と思われる可能性もあるので注意してくださいね。

結婚はタイミング!男性が結婚に踏み切る瞬間って?

彼氏 結婚したい

結婚はタイミングが大切です。すべてのタイミングがガッチリハマると、男性は結婚に踏み切ってくれます。

それでは、男性が結婚に踏み切るタイミングとはどんなときなのでしょうか?

年収が上がった・収入が安定したとき

昇進して年収が上がったり、アルバイトから正社員になって収入が安定したりすると、気持ちに余裕が生まれますよね。
男性の場合、収入が増えて将来設計がしやすくなったタイミングで「そろそろ結婚しようかな」と意識するのです。

またお金関係でいえば、奨学金やローンなどの借金を返し終えたときもベストなタイミング。
お金の不安がなくなったときに、結婚に踏み切る場合が多いです。

逆に年収が上がらない・安定しない時期は、まだ芽が出ていないので仕事をがんばりたいと思っている男性も多いでしょう。
ただ、そんな男性でもちょっとしたきっかけで結婚に踏み切る場合もあるため、諦める必要はありません。

同級生の結婚報告を受けたとき

学生時代の同級生から次々と結婚報告を受けることで「もうそんな時期か。自分もそろそろ……」と考える男性は多いです。
特に20代後半から30代前半は結婚ラッシュですから、半分周りの雰囲気に流されるような形で結婚を決めることがあります。

ただ少なくとも「今の彼女と結婚したい(してもいい)」と思っていることが前提。
結婚ラッシュに乗って結婚するなら、彼にぼんやりとでも結婚を意識させる必要はありそうです。

自分の年齢が適齢期になったとき

年齢が結婚適齢期になったときに、年齢に背中を押されて結婚に踏み切る男性も多いでしょう。
しかし、女性が考える「結婚適齢期」と男性が考える「結婚適齢期」違うので、注意が必要です!

女性は20代半ばから結婚を考え始め、30歳までに結婚したがる人が多いですが、男性の20代はまだ結婚を考えていない人がほとんど
まだ自由に恋愛したい、独身を謳歌したい方が多いんですね。
その気持ちが落ち着くのは、遅くて35歳前後でしょう。

そう考えると、20代後半の女性・30歳前半の男性カップルがお互い結婚にベストなタイミングだと言えます。

彼女が妊娠したとき

彼女が妊娠したときも、結婚にはちょうどいいタイミングだと言えるのではないでしょうか。
結婚という大きな選択をするには、「妊娠」のような何か大きなきっかけが必要なときもあるのです。

いわゆる「授かり婚」になりますが、きちんと親に紹介済み・結婚の話も出ていたという状態であれば、悪いイメージはありません。
結婚と出産、ダブルでお祝い事がやってくるだけのことです。

彼氏に結婚したいと意識させるアプローチ方法

彼氏 結婚したい

彼氏と早く結婚したいと思っても、結婚を急かすのは逆効果
では、女性からはどんなアプローチをすればいいのでしょうか?

ここでは彼氏に結婚を意識させるための、上手なアプローチ方法をご紹介します!

結婚したいことをサラッとアピール

もしかすると、彼氏はあなたの気持ちを掴めず、何をすればいいのかわからないだけかもしれません。
そこで、結婚したいことをサラッとアピールし、さりげなく「私は結婚を意識していますよ」と伝えてみましょう。

サラッと、だけどしっかり伝えることで「そうか、君はそう思っていたのか」と彼氏に気付かせてあげられます。

「将来はママになりたい!」「〇〇さんみたいな夫婦に憧れてるの」と結婚を連想させる話をするだけでも効果的。
逆に「プロポーズまだ?」「結婚したいんだけど」などの圧力をかけると男性は逃げ腰になるのでNGです。

ひとり時間を過ごして彼氏の欲求を刺激

早く結婚したいなら、彼氏に執着しすぎないことが大切。
彼氏にべったりだと、彼氏は自分の好きなことができず「ずっとこの生活が続くのかな」と不安になってしまいます。

結婚したいときこそ、ひとり時間を過ごしてみてください。
趣味や勉強、もしくは仕事に没頭し、彼氏に自立している姿を見せるのです。
会う時間が減ることで彼の欲求を刺激し、「もっとそばにいたい」と思わせます。

また、あなた自身が自立して生活を楽しむことで「男に頼りすぎない女」だと認識され、安心して結婚できる相手だと思ってくれるでしょう。

余裕のある姿を見せる

彼氏には普段から余裕のある姿を見せるようにしましょう。
例えば仕事帰りにご飯を作りに行ったり、穏やかな表情で迎え入れたりしてみてください。

男性の20代や30代はまだまだ仕事をがんばりたい時期。
多忙な自分を癒してくれる存在を彼女に求めています。
しかし彼女の情緒が不安定だったり、彼女も仕事で忙し過ぎたりすると甘えられませんよね。

余裕のある姿を見せて、彼氏を包み込んであげることで「ずっとこの人と添い遂げたい。よし、いっそ結婚しよう」と踏み切ってくれるのです。

同じ価値観をアピール

夫婦生活には価値観の一致が大切です。
どんなに好きな人でも、お互いの生活習慣や志向性(安定志向や挑戦志向)、将来への願望などの価値観が合わないと結婚には踏み出せません。

将来の住む場所はどこにするか、子供は何人欲しいか、家は建てるか賃貸か、妻は専業主婦か共働きか……。
そうした価値観の話をして、彼氏に「私も同じ価値観だよ」と伝えてあげましょう。

もし価値観が合わなくても結婚したいなら、お互いにすり合わせる努力が必要。
お互い歩み寄ることで、彼氏は「結婚してもうまくやっていけそうだな」と安心できるでしょう。

結婚したいときはどうしたらいい?恋愛相談はココナラ!

彼氏 結婚したい

「彼氏と結婚したいけど、私はどうしたらいいのかわからない」
「男性ってこういうときどんな気持ちなのか知りたい」

そういったお悩みがある人は、ココナラで恋愛相談してみるのはいかがでしょうか?
ココナラには恋愛アドバイザーや心理学のプロが集まっており、あなたの悩みを親身に聞いてくれます。

ここではココナラで恋愛相談ができるアドバイザーをご紹介しましょう。

多数の実績を誇る恋愛アドバイザー

恋愛アドバイスのプロがあなたのお悩みを受け止めます 直近1年の恋愛電話相談は1900件。

心理学の観点からアドバイスをくれる恋愛アドバイザー

幸せな恋愛や結婚を求める方、応援します 〜心理学で効果的に問題解決できる道を探ります〜

電話が苦手な人へ。メールで相談できるアドバイザー

二日間ガッツリメールカウンセリングします 9月下旬ご予約制何度も悩み繰り返すのは、あなたへの心の叫び

とにかく誰かに聞いてほしい人に寄り添ってくれる恋愛アドバイザー

恋愛相談・その他・恋の悩み色々ご相談にのります 華道家の私がお話をお聴き致します

心理のプロが恋愛心理を紐解く!心理学アドバイザー

心理のプロが彼・彼女の心を紐解きます 相手の考えていることがわからないあなたへ

彼氏と結婚したいときは、焦らないことが大切

彼氏 結婚したい

彼氏と結婚したいからといって、結婚の圧力をかけたり、外堀から埋めていく作戦はあまりおすすめできません。
お互いに気持ちを高め、幸せな結婚をするには焦らないことが大切です。

ひとりで突っ走ることのないように、彼氏の様子をチェックしながら上手にアプローチしてみてください。
うまくアプローチできれば、彼氏も本気で結婚を考え始めるでしょう。

恋愛 アドバイス

幸せな恋愛をしたい人へアドバイス!片思い・カップル・LGBT・復縁・倦怠期など

ABOUT US

Josa
フィリピン生まれ日本育ちのミレニアル女子。事務員時代にマーケティングと心理学を知りどハマりした結果、気付けば会社の業績が上がっていた。現在はフリーランスライターとして活動中。得意ジャンルはビジネス、恋愛、心理学。好きなものは映画とインスタ映え。