Youtubeを使ったラジオ配信のやり方って?人気を集めるコツ5選

ラジオ配信で活躍する方法!youtube・podcastで自分の声を届けよう

昨今、アプリを使うことで誰もが気軽にラジオを配信できるようになりました。多くの「ラジオ配信アプリ」があるなかで、やはりおすすめなのはYoutube。この記事では、ラジオ配信として有名な主要アプリを3つご紹介。Youtubeを使ったラジオ配信のやり方も併せて解説します。

ラジオ配信は「何のアプリを使うか」が大事!

ラジオ配信の方法【アプリ紹介】

魅力の詰まったラジオ配信ですが、ラジオ配信をする方法は多数あり、自分の届けたいコンテンツにあったプラットフォーム・場所を選ぶこともまたより多くの方に聞いていただくためには必要です。
こちらでは、3つのラジオ配信ができるアプリをご紹介しています。

1. Youtube

言わずと知れたコンテンツプラットフォーム、Youtube
こちらは、まず膨大なユーザー数が強みとなっています。

一方で、「サムネイル」といって、視聴者が興味を引くコンテンツ画像を設定しなければならず、ユーザー数をたくさん抱えているプラットフォームであっても再生回数が伸びない可能性もまたあります。

参考になるようなラジオ番組も多数あるので、どんなサムネイル・番組作成をしているのか参考にしても良いでしょう。

2. podcast

podcastは、Youtubeの音声プラットフォーム版といっても良いでしょう。
世界に多数のユーザーを抱えていて、無料で視聴することができます。
特徴としては、日々の生活に役立つコンテンツや一つのテーマに特化したコンテンツを配信していることが多く、podcastでの配信をしようと考えている人は、何か自分の持っている得意なものをテーマにするのが良いでしょう。

podcastの作成代行

ネットラジオ、Podcastを制作致します 1回の配信再生数5000回の実績!!人気番組も配信中!!

3. spoon(スプーン)

spoon(スプーン)も、ラジオのプラットフォームアプリです。
こちらは、podcastとは違ってどちらかというと、コミュニケーションを楽しむ感じのニュアンスが強いです。
アニメ声や、イケボの方、声に自信がある方は、その声で視聴者を癒してあげましょう。

放送枠を購入するという方法もあり

ちなみに、放送枠を購入するという方法で、ラジオ配信をするということもできます。
実は、ココナラというサービスで、放送枠を販売している方がいらっしゃいます。
こちらの方をぜひチェックしてみてください。
ラジオの枠をお借りして、自分の伝えたいことを伝えちゃいましょう。

ラジオの【1コーナー】使えます 日本一安いラジオ広告を目指します!簡単気楽なラジオ広告!!

Youtubeでラジオ配信を行う3つの魅力

ラジオ配信の魅力

「自分のラジオをより多くの方に聞いて欲しい!」

そう思っている方にとって見れば、Youtubeほど魅力的なプラットフォームはありません。
こちらでは、なぜYoutubeがラジオ配信のプラットフォームとして適しているのか、3つの魅力をご紹介します。

集客を気にする必要がない

自分のラジオを聞いてくれる人数は単純に、

  • プラットフォームに来た人の数…A
  • 自分のラジオに興味を持ち、クリックする割合…B

この掛け算で表されます。

Youtubeでラジオ配信をする魅力の1つ目は、Bだけに注力したコンテンツ制作ができるから。
Youtubeに来た人が、あなたのラジオに興味を持つかどうかは、あなたのラジオ・及びサムネイルのクオリティによります。

つまり、質の高いコンテンツさえ作っておけば必ず見てくれる人がいるという環境なので、Youtubeは魅力的と言えるのです。

Youtubeには聞き流し需要がある

Youtubeを利用している方であれば、

  • 作業用BGM
  • 聞き流し
  • ○時間耐久

なんて言葉のついた長尺の動画を1度は見たことがあるはず。

音楽のストリーミング再生を始めとして、「聞き流し」に対する需要が今はYoutubeにも見受けられるようになりました。
ラジオは紛れもなく、聞き流し需要に答えられるコンテンツと考えます。

配信者の存在をより近くに感じる

Youtubeでコンテンツを配信すればラジオであっても、れっきとしたYoutuberです。

最近、Youtuberにも「超有名人」と言えるような人も増えてきました。
反面、以前は親やすさを売りにしていたYoutuberが視聴者にとって距離を感じてしまうようになってしまったこともまた事実。

その点、ラジオ配信はどんなに認知や人気を獲得したとしても、映像コンテンツよりも配信者の存在を近くに感じることができます。
ご自身の経験からしても感覚的に理解できるものがあるはずです。

Youtubeを使ったラジオ配信で人気を獲得するコツ5選

トークの上達方法・コンテンツ(企画)作りの方法

せっかく、Youtubeでラジオ配信をするなら、より多くの方に見ていただきたいもの。

ただ、ラジオ配信のクオリティを上げるとは具体的に何をすればいいのでしょうか。
こちらでは、より多くの方に見ていただけるラジオ配信にするための具体的なコツを5つご紹介します。

▼Youtubeを使ったラジオ配信で人気を獲得するコツ5選

  1. サムネイルにこだわる
  2. 音質にこだわる
  3. 話し方にこだわる
  4. 簡単な動画編集をしてみる
  5. 生配信をしてみる

1. サムネイルにこだわる

Youtubeを開くと、私たちは多くのサムネイル画像を目にします。

サムネイル画像が興味を惹くものであるほど、私たちはつい見てしまうもの。
ですから、まずはサムネイルにこだわるのがラジオをより多くの方に聞いていただくためのコツです。

どんなサムネイルが効果的なのか、あるいはその作り方について、以下の記事で詳しくご紹介しています。

【見本つき】YouTubeサムネイルの作り方と設定・変更方法|コツを掴んで初心者から人気YouTuberに!

2. 音質にこだわる

ラジオ配信ですから、使う音はリッチであることが求められるでしょう。

例えば、

  • 高性能のマイクを使用して録音する
  • おしゃれなBGMやSEを追加
  • 多少のノイズ除去で綺麗な音を届ける

といったことを実践してみてはいかがでしょうか。

音声の編集代行

音声の整音、編集、ノイズ除去、なんでもします 映像作品、ボイスドラマ、バイノーラル、など様々な形態に対応!

3. 話し方にこだわる

やはり、ラジオ配信で一番大切なのは何を話すかということ。

ラジオ配信は、映像コンテンツよりも編集作業が少ないことも考えられます。
それは配信者にとって大きな魅力かもしれませんが、一方で収録したもの自体がクオリティになってしまうという点で、トークの実力がそのまま表れてしまうリスクもあります。

興味を惹くような話し方を以下の記事を参考に実践してみてはいかがでしょうか。

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

4. 簡単な動画編集をしてみる

あらゆるラジオとの差別化を図るために、簡単な動画編集をしておくのがおすすめです。

例えば、

  • テロップの挿入
  • 不必要な間を削除
  • 話題に出てきた建物や食べ物などの画像を挿入する

といったことを実践してみると、一層「聞きやすく」なるはずです。

特にテロップの挿入をしておくと、視聴者の「10秒スキップ」が自由にできるようになります。
テロップなしで長々と話されてしまうと、途中を飛ばしたくてもどこまで飛ばせばいいかわからないですよね。

動画編集のやり方【Youtube】基礎からクオリティを上げるコツまで

動画編集のやり方【Youtube向け】ハイクオリティな動画を作るコツ

【Youtubeの動画編集が上手くなるコツ】プロのような映像を作るテクニック7選

5. 生配信をする

Youtubeでラジオ配信をするにあたって「再生回数」だけでなく「登録者数」にも注目したいところ。

チャンネル登録者とは、言ってしまえばファンです。
わざわざチャンネル登録しなくても動画を見ることができるにも関わらず、それでも登録していただいているということだからです。

そこで、ときには生配信をしてチャンネル登録者との交流を図ってみてはいかがでしょうか。
新たな登録者数を増やすきっかけにもなりますし、既存の登録者を逃さないためにも必要です。

以下の記事を参考に、生配信の準備を整えてみてはいかがでしょうか。

Youtube Liveを使った生配信のやり方!ゲーム実況もできる方法とは

Youtube Liveを使った生配信のやり方!ゲーム実況もできる方法とは

まとめ

まとめ

ラジオ配信について、必要な準備から具体的なトークテーマまでご紹介してきました。

これからの時代は可処分時間(個人が自由に使える時間)の奪い合い」なんて言葉も囁かれているように、現在、様々な動画メディアが台頭してきています。
そのなかで、ラジオという音声メディアは手を動かしながらでも聴けるという強みがあるので、可処分時間以外も射程圏内として捉えることができます。

これから、大きなうねりを起こすかもしれない音声メディアの先駆者になるために、少しずつ投稿を始めてみてはいかがでしょうか。

ABOUT US

Kento
Kento
ココナラマガジン編集部ライターのKentoです。 主に「開業・開店・経営」「お金・資産運用」カテゴリーの記事を担当。 距離を感じやすいテーマだからこそ、読者の方に寄り添えるライターとしての強みを生かして、読みやすく分かりやすい記事作成に努めます!