コスプレやハロウィンの仮装に! ウィッグセットのやり方を徹底解説

ウィッグセット 方法

近年、メジャーな趣味になりつつあるコスプレ。そんなコスプレに必須とも言えるアイテムの一つがウィッグです。ウィッグが丁寧に作り込まれていると、その分コスプレのクオリティも上がります。そこでこの記事では、自分でウィッグをセットするやり方をご紹介していきます。ハロウィンの仮装にも使えますよ。

ウィッグセットに必要なもの

ウィッグ セット
ウィッグセットをするために、必要なものは以下の7つ。

ウィッグセットに必要なもの
  • ウィッグ
  • マネキン
  • コーム
  • ピン
  • ハサミ
  • ヘアアイロン
  • カールキープ剤

ウィッグ

まずは、作りたいキャラクターの髪色に合わせたウィッグを用意しましょう。
微妙な色の違いがキャラクターの雰囲気を分ける場合もあるので、色選びは慎重に。
他のコスプレイヤーさんのウィッグを参考にするのも◎

また、特に髪が長くアップヘアの場合などは、長さにも注意して選びましょう。

補足
そのウィッグを室内で使うのか、屋外で使うのかによっても、色は変わって見えてきます。
ウィッグをどのような場面で使うことを想定しているのかをきちんと考えてから色味を選ぶのが良いでしょう。
もし迷ったら、実店舗に赴いて店員さんに相談してみるのもありですよ。

マネキン

自分の頭に被せながらウィッグのセットをするわけにはいきません。
そのため、ウィッグセットに欠かせないのがマネキンです。

今は100均にも売っているため、手軽に手に入りますよ。

コーム

何かと便利なコーム
ウィッグが絡まったときにも使用できますし、逆毛を立てるときにも大活躍します。

必ず持っておきたいアイテムの1つです。

補足
ウィッグの髪は静電気が帯電しやすいものが多いです。
そのため、静電気防止機能があるものだとセットがしやすくなりますよ。

ピン

何かと使用する機会が多いピン
ダッカールや小さめのピンなど、何種類か用意しておくのがベターです。

同じように、ゴムもあると便利ですよ。

ハサミ

ハサミは大きく分けて、カットバサミスキバサミの2種類が存在します。

長さを短くしたいときはカットバサミ、毛量を軽くしたいときはスキバサミを使用しましょう。
自分が美容院に行った時を思い出すと、想像しやすいですよ。

ヘアアイロン

ウィッグを作成するときに欠かせないのがヘアアイロン
カールをキープするときに使用します。

そんなヘアアイロンには、2種類のものが存在します。
それがストレートアイロンカールアイロン

基本的にはどちらか一方を持っていれば問題ありませんが、両方あると便利です。
そのため、2Wayのヘアアイロンがあると便利ですよ。

カールキープ剤

ヘアアイロンなどでつけたカールがなくならないように、しっかりとキープします。

ワックスヘアスプレージェルのような、一般的なものを使用する場合が多いです。
しかし、ときにはボンドのような接着力を重視するものを使う場合も。

なりたいキャラクターのヘアスタイルに合わせて選んでくださいね。

ウィッグセットのやり方

ウィッグ 作り方
ウィッグセットをする際に必要なものをご紹介しました。
次は、ウィッグセットの流れについて、順を追ってご説明します。

マネキンにウィッグをセットする

まずは、マネキンにウィッグをセットしましょう。

この際、アジャスターの位置も確認してきちんと真ん中になるようにセットしましょう。

ヘアスタイルを理解する

アニメや漫画のキャラクターは二次元の世界だからこそ成り立っている場合も多いんです。
そのため、そのヘアスタイルについて理解を深めましょう。

慣れないうちは紙に起こして理解するとイメージが掴みやすくなりますよ。

補足
キャラクターの中には、2色以上のヘアスタイルを持っているキャラクターも存在します。
その場合はそれぞれで分けて考えることが大切です。
2色のウィッグを縫合などで組み合わせて制作しましょう。

カットする

いよいよカットしていきます。

長さを短くする場合は、髪に対して垂直にハサミを入れていきます。
毛先を軽くしたい場合は、ある程度、長さが整ったら毛先に対して平行にハサミを入れましょう。
そうすることで、毛先が軽くなります。

カットする際は、切り過ぎと量の減らしすぎに注意しましょう。

補足
マネキンの顔は比較的小さめです。
そのため、自分が被ると印象が異なる…… と言ったことも起こりえます。
そうならないためにも、定期的に自分でウィッグを被ってみて確認するのが◎

セットする

自分がしたいヘアスタイルにセットしていきます。

アップヘアやパーマヘアなど、ヘアアイロンを使用しながらセットしていきます。

固定する

セットしたヘアスタイルが崩れないように固定します。

軽く固めたい場合はワックス。
ふわふわとしたエアリー感を演出したいならスプレー。
立体感を演出したいならジェル。
動かないようにしっかりと固めたい場合はボンドや針金。

キャラクターによって仕上げたい雰囲気は異なるでしょう。
そのキャラクターに合っているものを使用しましょう。

特に人気の高いヘアスタイルの作り方

ウィッグ 自作 方法
ここまで、ウィッグのセット方法の流れをご紹介してきました。
でも実際に、どのようにセットを行うのかわからない方も多いはず。
そこで、ここでは特に人気の高いヘアスタイルの作り方をご紹介します。

ポニーテールヘアのウィッグセット

ウィッグでポニーテールなどの結い上げヘアを表現するのは至難の技。
そこでおすすめしたいのが、バンスを使ったポニーテールヘア。

ポニーテールのセット方法
  1. ショートボブのウィッグを用意します
  2. 耳の後ろの部分から半円を描き、ハーフアップになるように髪を取ります
  3. ②でとった髪の右半分を結びます
  4. 残りの左半分を結びます
  5. ③と④を別のゴムで結びます
  6. 結んだ部分以外の髪を梳き、ボリュームを抑えます
  7. 襟足をカットし、結んだ部分以外の毛が頭に沿うようにスプレーなどで軽く固めます
  8. 結んだ部分にバンスをつけて完成!

出典:https://classewig.com/wig/blog/?p=9534

アホ毛のウィッグセット

次はアニメや漫画で定番のアホ毛。
形もキャラクターそれぞれですよね。
自由自在に形が変えられるアホ毛の作り方をご紹介します。

アホ毛のセット方法
  1. 針金をアホ毛の長さにカットします
  2. ①と同じくらいの長さにカットした厚紙に①を貼り付けます
  3. ②の両面をウィッグの毛で覆います
  4. しっかりと固まったら、余分な部分をカットします
  5. 使いたいウィッグに結び付け、形を整えたら完成!

出典:https://swallowtail-wig.com/blog/make_ahoge/

生え際の違和感の無くし方

前髪をあげているキャラクターの時に悩むのが生え際の違和感。
ウィッグは人の髪のように自然な生え際になりません。
そんな時におすすめなのが、毛束を貼り付けるというもの。

生え際のセット方法
  1. ウィッグの毛を用意します
  2. その毛を毛束にまとめ、束感が出るように軽く固めます
  3. ボンドで生え際の形を作り、その上に②の毛束を丁寧に置いていきます
  4. しっかり固めたら、ボンドの上に両面テープを貼ります
  5. その両面テープを生え際部分の額へ貼って完成!
出典:https://classewig.com/wig/blog/?p=518

剥がれるのが心配な方は、つけまつげ用の接着剤で付けても問題ありません。

自分で作るのが難しかったらクリエイターに依頼!

自分でウィッグセットをする方法をご紹介してきました。
でも、時間が無かったり難しかったりで、なかなかウィッグセットがうまくいかないことも多いはず。
どんなときは、ウィッグセットに慣れているクリエイターに依頼してみるのも一つの手です。

コスプレ用のウィッグ作ります ウィッグに手間をかけたいけど時間がない!という方へ!!

ウィッグ作り代行します 貴方用のウィッグを作らせていただきます。

ウィッグで面白い髪型作ります コスプレに、イベントやパーティなどに!

コスプレについて相談したいなら

ウィッグ 自作
コスプレは奥が深い趣味。
そのため、コスプレをしていくにつれて疑問や悩みが出てくるはず。
そんな時は、ウィッグセットに慣れている方に相談してみましょう。
きっと解決してくれるはずですよ!

現役コスプレイヤーがコスプレの色々な事を教えます メイクの基礎からコスプレのルール

これからコスプレイヤーになりたい方にいろは教えます コスプレでのマナーや会場ルールなどコスプレに関する全て

素敵なウィッグでコスプレを楽しもう!

コスプレ ウィッグ
コスプレにとってウィッグはとても重要度の高いもの。
だからこそ、こだわり抜いて自分だけのコスプレを完成させましょう。
もし困ったら、プロに相談してみてくださいね。

コスプレ 衣装 オーダー

コスプレ衣装のオーダーメイドならココナラ|おすすめ依頼先も紹介!

コスプレ 衣装 作り方

コスプレ衣装の作り方講座|初心者が自作するためのコツとは

コスプレ したい

コスプレをしたい初心者さんへ|デビューのための3ステップ

コスプレ 名刺 作り方

【コスプレイヤーさん必見】コスプレ名刺の作り方まとめ