【命名書】いつまでに書く?いつまで飾る?気になる保管・処分方法を解説!

命名書 自作
赤ちゃんの名前を命名書に残したい!
でも命名書って一体いつまでに書けばいいの?
いつまで取っておけばいいの?
我が子を想って名付けたからこそ、管理や処分に迷う……
編集部
はじめてのことだから、疑問に思うことも多いですよね。
そんな方のために本記事では、命名書に関する時期や書き方、困ったときのオーダー先についてお伝えします!

命名書はいつまでに書く?誰が書く?

出典:ココナラ

命名書は、赤ちゃんが生まれてから7日目にあたる「お七夜」に合わせて用意するという風習から始まりました。
「生まれた時じゃないの?」と少し不思議に思いますよね。
医学が進んでいなかった平安時代には、赤ちゃんが7日目まで健康に育ったところで初めて、名前を付けたそうです。

そんな昔からの伝統があるものの、現代ではどうしたらいいのか悩みはつきもの。

実際に今は命名書っていつまでに書いたらいいの?
何か形式や決まりはあるの?
親戚が近くにいないけど大丈夫?

そんな疑問にお答えします。

命名書は「お七夜」までに書くのが一般的

命名書は、生まれた日を1日目として数えて7日目にあたる「お七夜」当日に書き、お披露目するのが伝統でした。
そのため、お七夜までに用意するのが一般的です。

しかし、厳密なルールがあるわけではありません。

お七夜は、新しい命の誕生をお祝いし、赤ちゃんの健康と成長を祈願する行事。
お子さんやお母さんの体調に合わせて、準備するのが一番です。

補足
ちなみに「出生届」は、生後14日までに提出するよう法律で定められています。
(国外の場合は、生後3か月以内)
遅くとも、それまでに用意される方が多いようです。

命名書を書くのは、両親・名付け親・プロの代行者などさまざま

もともと名前は、お子さんの祖父母にあたる人が名付けることが多かったのですが、今はご両親がつけることがほとんどですよね。
ですので、お七夜をお子さんとご両親だけで行う場合は、名付けたご両親のどちらかが書くことが多いです。

もちろん身内を呼んでお七夜を行う場合、風習に則って父方の祖父が書く、字のきれいな身内が書く、という形をとっているご家庭もあります。
命名書は形に残るものですので、プロの書道家やデザイナーに代筆をお願いするというスタイルも増えてきました。

用意する時期と同じく厳密な決まりはありませんので、納得のいくものを選んでみてはいかがでしょうか。

命名書はいつまで飾る?どうやって保管する?

赤ちゃんにぴったりの命名書が完成!

こだわって作ったけど、いつまで飾るのが一般的なのかな……
飾り終わったら、どうやって保管する
名前が書いてあるものを、そのまま処分するのは抵抗がある……

といったお悩みにお答えします!

床上げ・お宮参りなどの節目まで飾るのが一般的

命名書を飾る時期については、決まりはありません。

そのため、ご家庭に合った節目を期にしまうことが多いです。
例えば、

  • 出生届を出した日
  • 床上げ
  • お宮参り

などが挙げられますが、お子さんが大きくなってからからも飾っているご家庭はあります。

ご両親のご意向を優先させてOKです!

命名書の保管方法・処分方法

せっかく作った命名書を、そのまま捨ててしまうのは気が引けますよね。

伝統的には、命名書を水引で包み、赤ちゃんのへその緒と一緒に保管しておきます。

水引とは?
水引とは、御祝儀袋にかけられている飾り紐です。
水引には魔よけや、人と人を結びつけるという意味があります!

その他の保管・処分方法を3つご紹介します。

ラミネート加工

すぐに見返せるように残しておきたい!という方は、ラミネートで加工するのがおすすめ。
命名書は紙でできていることがほとんどなので、汚れや湿気から防いであげると、きれいなまま保管できます。
アルバムと一緒に残しておく方も多いです。

お焚き上げ

保管が難しいご家庭には、神社やお寺の「古札納め所」に出したり、「お焚き上げ」をお願いしたりといった方法があります。

「どんど焼き」を地域で行っている場合は、お正月の飾りや書き初めなどと一緒に、お焚き上げをすることもできますよ。

ずっと残せる命名書アイテム

ずっと残せる命名書をつくるのも、一つの手です。
例えば、お名前にあわせて由来やポエムを描いたアイテム
カラフルでデザイン性が高く、ずっと飾っていても違和感なく楽しめます。

とはいえ、ポエムなんて自分では書けない……。
心に響く、内容にこだわったポエムを名前と一緒に添えたい!

そんなときは、プロにオーダーするのも一つの手です!

カラフル14色!お名前を使ったポエムをお書きます お祝い、記念品、命名書、母の日、父の日、様々なシーンに。

命名書をつくる3つの方法

自作する

命名書を自分たちで用意したい方は、命名紙と筆ペン、もしくは筆・硯・墨汁を用意しましょう。

命名書には、「正式」「略式」の2つの形式があります。
形式ごと用意するもの、飾り方が変わるので注意しましょう。

正式な命名書の場合は、

  • 命名紙として奉書紙
  • 飾るための三方または額縁

が必要です。

略式の命名書の場合は、

ABOUT US

Mayu
Mayu
東京の田舎育ち。海外に教員として赴任後、フリーライターに転向。子どもとわちゃわちゃするのはやめられず、ピアノ講師としても活動中。得意ジャンルは、旅行と教育とエンタメ。おすすめのマンガは『彼方のアストラ』。好きなものは、ジャズと絶景とお菓子です!
ココナラを詳しく見る