パッケージデザインの依頼はココナラ|売れる見た目を作るコツ

パッケージデザインは商品の顔であり、企業のイメージにも関わるほど超重要。そこで今回は、これから制作する方に必見!売れる商品に共通するパッケージデザインの基本、制作のコツ、そして依頼相場などを詳しくご紹介していきます。

パッケージデザインの“基本”

パッケージは消費者が目にする「最終メッセージ」

そもそもパッケージデザインと聞いて、みなさんは何を思いつきますか?
よく聞くのは包装紙の色使いや印刷デザインの部分。
しかし実際は、パッケージの形状や生地の種類、ロゴなども大事な要素なのです。

パッケージには商品の重要なメッセージが込められています。
とくに制作に取り掛かる前におさえておくべきなのは、コンセプトとキャッチコピーです。

コンセプトとキャッチコピーの役割

パッケージをデザインするには「コンセプト」が必要です。
商品の一番の良いところは何か、一番伝えたいことは何か、他のブランドと何が違うのかを考えることから始めてみましょう。

伝えたい内容が決まったら、次にキャッチコピーを考えます。
キャッチコピーは、 一目見るだけで商品のイメージができる言葉や画像にすることが大切です。

キャッチコピー 商品 作り方

商品のキャッチコピーの作り方|ユーザーに刺さる実践的コピーライティング


大企業では、商品開発のチームなどを組み、これらを一から考えます。
しかし個人や小さな企業さんでは、アイデアがうまく出ず、この部分から難航してしまうことも。
そんなときは、アイデアを出してくれる方やコピーライターに、一緒に考えてもらうと良いでしょう。

アイデア出しを依頼するなら…
ココナラ実績多数!ビジネスアイデア相談お相手します 起業、副業、新規事業開拓、商品開発のアイデアで相談したい方に

キャッチコピーを依頼するなら…
キャッチコピー、商品紹介テキスト承ります 売れるキャッチコピー、伝わる商品紹介はお任せ下さい!

売れるパッケージをデザインするコツ

商品を売り出す際にその商品の魅力を少しでも伝えたいと思うことは当然のこと。
「商品のコンセプトに合っていて、尚且つおしゃれで売れるデザイン」
そんな素晴らしいパッケージデザイン生むコツ、残念にしちゃう要因を見ていきましょう。

⑴デザインに流れを持たせること

まずユーザーにどこからみてもらうか、 一番目立つポイントを決めましょう。
そして残りのレイアウトに、効率よく目線を誘導するような設計をしましょう。

デザインがバラバラだと流れが生まれません。バランスよく均等にデザインすることで、美しく魅力的なパッケージに近づくはずです!

⑵見やすさ・読みやすさを意識すること

あなたのデザインに書かれている文字を、誰も読むことが出来なければ、デザインの目的は台無し。
小さい文字を太文字で記載したり、色のコントラストを合わせたりするなど、文字を見やすくする工夫をしましょう。
余白スペースをうまく活用することでも印象が変わってきます。

⑶デザインの雰囲気・色の調和を意識すること

カラー配色やフォントスタイルは、陽気さや真面目さなど様々な雰囲気を表現します。
また色には、感情・心理的・文化的など潜在的に重要な意味合いを持っています。

「オレンジは秋っぽい」「黒と金はエレガント」など、利用する配色は良く検討することがおすすめです。

⑷消費者に誠実であること

パッケージと実際の商品を比較して、 ミスリードに気をつけたデザインにしましょう。

注意

例えば実際はフルーツが少ししか入っていないパンなのに、フルーツがたっぷり入っているパンのデザインを描くとします。
このように、実際の商品より何倍も良く描くことは消費者にミスリードを起こします。

がっかりさせてしまううえ、法律違反にもなりかねないので、避けたいところです。

⑸商品の1番の魅力を伝えること

あなたのブランドや商品を際立たせる唯一の道は、 他とは違う「魅力」があることです。

パッケージデザインの核心は「オリジナリティ・特徴・覚えやすさ」
素晴らしいデザインを生み出すために、他のジャンルのパッケージデザインを見るとヒントが得られるかもしれません。

パッケージデザインの相場

いざパッケージデザインをしようとすると、まず何をどうするべきか迷いますよね。
まずは相場を知って、自社で作るべきか否かをチェックしましょう。

パッケージデザインの制作相場

企業にもよりますが、パッケージデザインの基本の流れは以下の通り。

  1. クリエイティブディレクション
  2. スケッチ
  3. デザイン
  4. ダミー(試作)
  5. フィニッシュ(完成)

自作する場合は、資材の費用とデザイナーの人件費がかかります。
デザイン会社に依頼する場合、この工程毎にも費用が加算されていきます。
また、扱う商品が食品かそうでないかによっても、繰り返す工程が増え、費用が加算される場合があります。

細かい料金の算定は、業界団体であるJAGDA(日本グラフィックデザイナー協会)のデザイン料金表が詳しいので、ぜひ参考にしてみてください。

パッケージデザインは自作するべき?依頼するべき?

パッケージデザイン 依頼
相場感がわかったら、自社で作るべきか、外部に依頼するべきかを検討されるはず。
ここでは、自社制作の場合と外部制作の場合の、流れやおすすめの依頼先をご紹介します。

①パッケージを自作する場合

自分でパッケージデザインを作成する場合は、まずは沢山の事例を知ること、見ることが大切です。
自身の中に取り込んだ知識を基に、新たなアナタのイメージを創造しましょう。
また、デザインも軽度のものなら、WordやExcelといったお馴染みのツールでも作成することが可能です。
先にご紹介した、デザイン作成のポイントも参考にしてみてくださいね!

(1)デザイン事例を見る

どんなパッケージをデザインしたいのか、イメージを膨らませるためにまずはリサーチをしましょう。 写真共有ウェブサイト「Pintrest」は、国内以外にも海外のおしゃれなデザインも豊富でおすすめです。 ピンボードのように保存、シェアができるので社内共有しやすいところも魅力的です。

(2)デザインをする

WordやExcelは、事務作業での用途をイメージされる方が多いでしょう。
ですが、実はデザインツールとしても活用できるんですよ!

Word、Excelで簡単デザイン!作る技法を教えてくれるアドバイザーはこちら

Word、Excelで簡単デザイン作る技法教えます 型にハマらない自由手法で今日からあなたもデザイナーデビュー!

②外部の業者に依頼する場合

自分たちに技術がなかったり、納期が迫っている場合は、プロであるデザイン代行業者を依頼しましょう。
なお、どこまでパッケージデザインに対してイメージがあり、どの部分を依頼するのかによって依頼先が変わってきます。
コストやスケジュールなどを考慮しつつ、自分の会社にあったものを選びましょう。

(1)広告会社・印刷会社へ依頼する

中身の商品だけが決まっていて、後のパッケージデザインはお任せする場合は、マーケティング会社や広告会社へ依頼してみましょう。

また、形状など全てイメージが固まっていてデータの作成だけであれば印刷会社へ依頼した方が効率が良いでしょう。
この場合、最終的なパッケージとしての納品が含まれることもあるため、費用が大きくなる場合があります。

(2)ココナラへ依頼する

ココナラは、知識やスキルを売り買いできるオンラインフリーマーケットです。
ココナラでは、直接あなたが依頼したいと思うクリエイターさんを選んで取引を開始します。
直接、クリエイターさんとやりとりをしながら制作をするため、デザインのイメージを共有しやすく、こだわった制作が可能です。

またココナラを使えば、デザインだけの発注が可能になるので、複数のクリエイターと比較検討することも可能。
コストもデザイン分のみになります。

商品のパッケージデザイン依頼ならココナラ

編集部おすすめのデザイナーさんをピックアップ!

今回はココナラプロ認定のデザイナーさん4名をご紹介します。
プロ認定とは、特定分野の「プロフェッショナル」として活躍されている方々のこと。主にビジネスシーンでご利用される方々におすすめです!

受賞歴多数!デザイン歴29年のベテランデザイナー

海外デザインアワード受賞のプロがロゴデザインします 歴29年のアートディレクターが対応。有名ブランドの実績多数!

有名ブランドでの実績も多いこの方。ロゴデザインが得意なので、ハイクオリティーのロゴデザインを求める方におすすめです。

メーカーでのデザイン実績もあるイラストレーター

暖かみのあるリアルテイストのイラスト描きます 商品パッケージなどの商用案件から個人観賞用まで

リアルタッチなイラストを得意とする方。
実際にパッケージデザインをされたご経験もあるので、個人の方でも法人の方でも相談しやすいはず。

繊細なデザインが魅力。ラベルシールデザイナー

普段はグラフィックデザイナーとして活躍されており、ブランドやキャラクターグッズなどの制作実績もある方です。
繊細で綺麗なデザインを求める方におすすめ。

素敵なパッケージラベルシールを制作します パッケージ用ラベルデザイン・シールデザインを制作します

和の雰囲気が欲しい方に。筆文字デザイナー

パッケージデザイン歴20年のベテランの方。
筆文字を使った和の雰囲気のデザインが得意です。

歴20年のパッケージデザイナーがデザイン承ります 老舗和菓子店など実績多数。キラリと光る包装をお届けします

この他にも、本サイトではより多くの方がサービスを出品しています。
自分の求めるパッケージデザイナーさんをぜひ、さがしてみてください

「パッケージ」から探す | ココナラ

目指せ!おしゃれなパッケージデザイン

今回は、パッケージデザイン製作のコツについてご紹介しました。
パッケージデザインは 「何をどう伝えるか」が鍵です。

商品の良いところ、お店のコンセプトは何か、などしっかり考えてデザインしてみましょう。
あなたの大事な商品が魅力的なパッケージデザインに包まれて店頭に並ぶことを楽しみにしています。

ABOUT US

MIzuki
ココナラマガジン編集部ライターのMizukiです。趣味は、サーフィン、旅行、ヨガです。休みの日は、よく海に行ったり山登ったりとアクティブに活動しています。ココナラマガジンでは、多趣味を活かして様々なカテゴリーの記事を書いています。よかったら覗いてみてください。