審査員に好印象を残すオーディション用写真の撮り方|プロの撮影ならココナラミーツ!

オーディション 用 写真

一世一代のチャンスを掴むためのオーディション。書類審査用の写真は、普段撮っている写真よりもシビアに選ばなければいけません。しかし宣材写真を自分で撮るのは難しいもの。そこで今回は、審査員に好印象を残すオーディション用の写真の撮り方を解説します。好感度アップで合格を狙いましょう!

実はやりがち!?オーディション用でNGな写真

オーディション 用 写真

オーディション用の写真に自撮りやテーマパークで撮った写真を選ぼうとしていませんか?
実は、SNSの写真やプロフィールなどならOKだけど、オーディション用ではNGな写真はたくさんあります。

写真の撮り方を学ぶ前に、自分が使おうと思っていた写真が以下のNG項目に当てはまっていないかを確認してみましょう!

自撮りや鏡越しに撮った写真

自分が可愛く・かっこよく見える角度や明るさ、そして加工ができる自撮り写真。
SNSにアップする程度ならいいですが、実は「本人との差が大きい」写真になるため、オーディション用には不向きです。

また自撮りでは全身を写せないからと鏡越しに全身を撮影した写真を使う人もいますが、これもNG。
鏡越しに撮影するとスマホで顔が隠れたり、下を向いたり、不自然な角度になったりして、審査員は適切な審査ができません!

加工アプリで手を加えた写真

オーディション用の写真に加工アプリで手を加えることはやめましょう。
バーチャルメイクをしたりスタンプを押したりするのはNG。
もしくは、カメラアプリであらかじめ美肌&小顔&足長にして撮影するのもNGです。

加工アプリ・カメラアプリを使ってしまうと本人とはまったく別人の写真になってしまいます。
自分では「これぐらいならナチュラルだろう」と思っていても、多くの人を審査してきた審査員の目には加工であることがすぐにバレますよ。

体型や体のバランスがわからない写真

全身写真を撮るときには、体型がわかるような写真を撮らなければいけません。
カメラが上すぎて頭でっかちになっている写真や、逆に下すぎて頭と体のバランスがおかしくなっている写真では、正しい体型を判断できないですよね。

また中にはファッションにこだわる人もいますが、オーディション用の写真で見たいのは顔と体型であり、洋服が主役ではありません。
フレアやオーバーサイズなど体型を隠してしまうようなファッションは避け、シンプルな服装を心がけましょう。

本人よりも景色が気になりすぎる写真

自分でオーディション用の写真を撮る場合、自宅や屋外で撮影する人がほとんど。
しかし、背景まで気にしている人は少ないものです。

たとえば自宅で撮影する場合、周りに家具やインテリアが写っていませんか?
部屋の中が散らかっていたり、他人が映り込んでいませんか?
家の中で撮るなら多少家具が映り込んでしまうのは仕方ないですが、生活感がありすぎるのは考えものです。

屋外で撮影する場合は、必ず本人が主役になる写真を選ぶこと。
テーマパークや観光地で撮った写真は背景の主張が強めですし、カフェで撮ったスナップ写真は小物や他のお客さんに目が行ってしまいます。
海が見える場所や自然の中など、背景や小物が邪魔をしない場所で撮影しましょう。

顔がわからない写真

最後に、基本中の基本なのに意外と使ってしまいがちなのが顔がわからない写真です。
顔が隠れている写真をオーディション用に使う人は少ないものの、逆光で顔が影になっていたり、ピンボケして顔が認識できなかったりする写真を使う人は多いです。

光のあたり方を調整する、シャッター半押しでピントを合わせてから撮影するなど、撮影の基本を押さえるだけで解消できる項目なので、カメラマンに伝えるといいですね。

好印象なオーディション用写真の撮り方

オーディション 用 写真

オーディション用の写真と、SNS・プロフィール用の写真との違いはなんとなく見えてきたでしょうか?
それでは、ここからは好印象を持ってもらうためのオーディション用写真の撮り方やポイントを覚えていきましょう!

正面からの顔写真

顔写真には必ず正面から撮影した写真を使いましょう。
人の顔は鼻の先を真ん中にして見たときが、本来のバランスです。
これを左右どちらかに傾けたり、視点の位置を若干上や下にずらしたりするだけで、本来とは違うバランスになってしまいます。

もしかしたら、中には「左右で顔のバランスが違う」と感じている人もいるかもしれませんが、顔も体も左右対称な人間はほとんどいません。
多少バランスが違っても合格すればプロデュースしてもらえますから、安心して応募しましょう!

頭からつま先まで綺麗に入った全身写真

全身写真は、必ず頭のてっぺんからつま先までがきれいに入った写真を撮りましょう。
たとえほんの一部だけだったとしても、頭やつま先が見切れているのはあまり好ましくありません。

全身写真の撮影で気をつけたいのは、カメラの位置です。
カメラマンが立っている状態で撮影すると足が短く、また座っている状態で撮ると足は長くなりますが本来の体型バランスとは離れてしまいます。
カメラを構えるのは被写体の腰の位置で、中腰や片膝立ちで撮影してもらいましょう。

光を使って明るく見せる

印象を良くしたいなら、光をコントロールするのもポイント!
蛍光灯の下では顔色が悪く見えてしまうため、自然光が入る場所で撮影しましょう。
逆光に注意し、自然光が顔に当たって綺麗に見える角度を探してみてください。

また、写真に映らない位置(胸の下など)にレフ板を持つと美白になり、ナチュラルに盛れます。
白いトップスもレフ板のように美白に見せる効果があるため、白いトップスの着用がおすすめです。

オーディション用写真を撮る方法と撮影費用の相場

オーディション 用 写真

オーディション用の写真は自分や素人に撮ってもらうよりも、きちんとプロカメラマンにお任せしましょう。
特にオーディション用や宣材用写真の撮影に慣れているプロであれば、高クオリティかつ好印象な写真を撮ってくれるはず。

では、どのようにしてプロカメラマンに依頼すればいいのでしょうか?
撮影方法と費用の相場をご紹介します。

スタジオで撮影する

写真館やスタジオでは家族写真や七五三の写真だけでなく、相談すればオーディション用写真にも対応してくれるところが多いです。
もちろん、オーディション用写真専用のスタジオならなおさら安心ですね。

費用相場は、撮影で5000円〜15000円ほど。
さらに写真の現像やデータ受け取りでプラス3000円〜15000円ほどかかります。
スタジオ専属のプロカメラマンによって綺麗に撮れますがもらえる撮影データは少なめです。

個人カメラマンに依頼する

スタジオではなく、個人カメラマンに電話やメール、ホームページからのお問い合わせなどをして撮影してもらう方法があります。
スタジオを持つカメラマンがいれば機材の整ったスタジオで、無い場合は屋外か、室内で白い背景などを用いて撮影します。

個人カメラマンはほとんど時間単価制で、1時間5000円〜30000円が相場。
カメラマンによって料金はピンキリですが、データをほぼすべてもらえたり、修正やレタッチにも対応してもらえることもありますよ。

ココナラミーツで依頼する

ココナラミーツとは、レッスンやハウスクリーニング、そして出張撮影などが多数出品されている暮らしのマーケットです。
ココナラミーツでは出張撮影に対応しているプロカメラマンが多数出品しており、撮影の目的や地域から絞り込んで検索できます。
もちろん、オーディション・宣材用のプロフィール写真撮影にも対応可能!

ココナラミーツでの写真撮影の相場は5000円〜45000円と幅はあるものの、中央値は10000円前後です。
プロカメラマンに気軽に依頼しやすい環境や、単なる「プロフィール写真」ではなく「オーディション専用」のプランがあることも魅力。
ポージング指導してくれるカメラマンもいて、ヘアメイクやコーデも依頼できるので、コスパ良く高クオリティの写真撮影ができますよ。

ココナラミーツでオーディション用写真を撮影するカメラマン7選

オーディション 用 写真

ここではココナラミーツでオーディション用写真が得意なカメラマンをご紹介します!
写真のテイストやお住まいの地域から選んでみましょう。

本格的なオーディション用写真を撮影してみよう!

オーディション専門で撮影いたします。

写真が苦手な方に!癒し系カメラマンとリラックスして撮影しよう

SNS、家族、オーディション緊張しないで撮れます

婚活やプロフィールにも使える味のあるオーディション写真を撮影!

婚活、オーディションなどのプロフィール写真、ポートレートを撮ります!

修正・レタッチ込みでお得&簡単にオーディション用写真を撮ろう

修正込み!!コンポジ・オーディション用などの宣材写真

主人公のようなオーディション用写真で自分を好きになろう!

映画の主役になりませんか?-シネマティック写真撮影-【SNS/オーディション等】

女性目線の「カワイイ」を引き出すオーディション・宣材用写真撮影

【宣材写真】オーディションやSNS用写真撮影!【女性カメラマン】

モデルから直接ポージング指導も受けられる!本気の人のための写真撮影

プロモデルのポージング指導付写真撮影 オーディション・宣材・SNS用プロフィール

依頼手順

手順①:依頼する人を探す
ココナラミーツで依頼する人を決めていきましょう。
予算、地域、プロフィールから選ぶことができます。
また、依頼する前に、出品者と無料で質問・相談のチャットができます。
条件を確認したり、あなたの希望を伝えてみてくださいね。

手順②:予約リクエストを送る
依頼する人が決まったら予約リクエストを送りましょう。
チャットルームで日程調整を行い、予約日時が確定したら予約完了です。

手順③:サービスを体験する
事前に約束した場所で待ち合わせをして、サービスを受けてください。

好印象なオーディション用の写真で審査合格を狙おう!

オーディション 用 写真

オーディションには情報だけで行う書類審査、審査員と対面する一次審査・二次審査があります。
しかし書類審査を通過しないことには、審査員に直接アピールできる機会はありません。
審査員も暇ではないでしょうから、実際は書類審査で落ちている人も多いです。

だからこそ、オーディション用の写真は適当に選ばず、シビアに撮影・選別しなければいけません。
好印象なオーディション用写真を準備して、審査合格を狙いましょう!

ABOUT US

Josa
フィリピン生まれ日本育ちのミレニアル女子。事務員時代にマーケティングと心理学を知りどハマりした結果、気付けば会社の業績が上がっていた。現在はフリーランスライターとして活動中。得意ジャンルはビジネス、恋愛、心理学。好きなものは映画とインスタ映え。