思い出を残すフォトウェディング!大切な家族との写真の撮り方

フォト ウェディング 家族 写真

結婚式でしか着れないようなドレスやタキシードを着て写真を撮れるフォトウェディング。費用も安く手軽にできますよね。そこで新郎新婦だけでなく、家族を呼んでみるのはいかがでしょうか?きっと家族との思い出も残せるはず!ここでは、フォトウェディングで家族と写真を撮る方法をご紹介します!

フォトウェディングが選ばれる理由

フォト ウェディング 家族 写真
  • 「結婚式は挙げないけれど、結婚の記録だけ残したい」
  • 「すでに結婚式は挙げたけれど、改めて写真を撮り直したい」
  • 「再婚だから、結婚式は挙げなくて良いかな」

そんなカップルたちに選ばれているのが、フォトウェディングです。
では、フォトウェディングにはどのような魅力があるのでしょうか?

費用が安くコストパフォーマンスが良い

本格的な結婚式を挙げようとすると、数百万円かかることは当たり前。
親族だけでの小さな結婚式でも、50万円からが相場です。

それに対してフォトウェディングは、予算10万円もあれば、しっかりとした写真が撮れます。
この費用は結婚式プランに含まれる「前撮り」と同額程度かそれ以下。
さらにドレス・タキシードのレンタルやヘアメイクを含めると、10万円はとても安くコストパフォーマンスが良いと言えますね。

家族に晴れ姿を見せられる

結婚や生活のスタイルが多様化し、結婚式を挙げないカップルや、そもそも入籍せず事実婚を選ぶカップルも増えてきました。
そういったスタイルの選択は自由ですが、中には「家族に晴れ姿を見せられないのが心残り」という人も少なからずいます。

Josa
自分が大切に育てた子供が結婚する姿は、親なら生きているうちに見ておきたい……

実際の結婚式でも、すすり泣く声が一番聞こえるのは「花嫁の手紙」のシーン。
それほど感動するシーンを省略してしまうからこそ、せめてフォトウェディング新郎新婦となった姿を見せてあげたいですよね。

家族と時間や思い出を共有できる

フォトウェディングは新郎新婦“だけ”で行う必要はありません。
実は親族を読んで、家族と一緒に撮影するフォトウェディングプランもあります。
そうしたプランを選べば、写真だけの結婚式でも家族と時間や思い出を共有できるのです。

実は、従来の結婚式でも家族とゆっくり過ごせる時間は少ないです。
他のゲストのテーブルも回らないといけないし、家族も気を遣って、結婚式中はあまり話しかけないんですね。

ある意味、家族との時間をゆっくり取れるのはフォトウェディングだと言えます。

フォトウェディングで家族写真を撮る方法

フォト ウェディング 家族 写真

お手軽で家族と過ごすせることも魅力的なフォトウェディング。
では、どんな手順でフォトウェディングを行えばいいのでしょうか?
ここでは、フォトウェディングで家族写真を撮る手順を解説します。

家族写真を撮るタイミング

いきなりフォトウェディングプランに申し込む前に、どのタイミングで家族写真を撮れば良いのかを把握しておきましょう。

入籍予定のカップル
入籍は言い換えると「家族としての繋がり」を作ることです。 これから入籍をする予定のカップルは、入籍してから家族写真を撮りましょう。
入籍済みのカップル
すでに入籍を済ませているカップルは、なるべく早めに撮影するのが理想的。 または、結婚1年記念日などおめでたい日に撮影するのも良いですね。
授かり婚カップル
授かり婚の場合、新婦の体調が優れなかったり、お腹が大きくてドレスが映えなかったりと懸念点もありますよね。 そのため、赤ちゃんが産まれて体調が整ってから、赤ちゃんも含めて家族写真を撮るのがおすすめ。
再婚カップル
どちらか片方が再婚、あるいは両方が再婚の場合、結婚式を挙げない人が多いかもしれません。 そのため、入籍予定のカップルと同様に入籍後すぐに家族写真を撮るようにしましょう。
挙式・披露宴をしたカップル
挙式・披露宴をしたけどフォトウェディングもしたいというカップルは、落ち着いてから改めて撮りましょう。 挙式・披露宴は家族もバタバタしていることが多く、家族にあまり負担をかけないようにするためです。

家族と予定を合わせる

家族でのフォトウェディングはなるべく家族全員が集まれる日が良いですよね。
1人だけ参加できないなんてことがあれば、その家族は寂しい思いをするかもしれません。
そのため、事前にフォトウェディングに参加する家族の予定を合わせておくことが大切です。

特に、遠方から駆けつけてくれる家族がいる場合、予定を合わせにくいだけでなく、一度決定したら予定を変更しにくいです。
予定を変更しにくい家族に予定を調整しやすい家族が合わせてあげることで、スムーズに日程を決められるでしょう。

カメラマン・プランに申し込む

実際にフォトウェディングに申し込みましょう!
フォトウェディングの申込先はいくつかあります。

  • ホテルや迎賓館など、結婚式プランを提供しているところ
  • カメラスタジオや写真館など、新郎新婦で撮影できるところ
  • フリーカメラマンなど、個人でウェディングフォトを撮影している人

一番“結婚式らしさ”を味わえるのは、ホテルや迎賓館など。
普段から結婚式プランを提供しているため、チャペルや披露宴会場での本格的な撮影が可能です。

写真館でもバックスクリーンや豊富なドレス・アクセサリー・小物を活用して素敵なフォトウェディングを行えます。

なるべく費用を抑えつつ、柔軟に撮影したいカップルはフリーカメラマンがおすすめ。
ロケーション撮影にも対応してくれるので、思い出の場所での撮影もできますよ。

フォトウェディングで家族写真を撮るときの注意点

フォト ウェディング 家族 写真

家族も参加するフォトウェディングだからこそ、注意しておきたいことがあります。
後からトラブルになるのを防ぐためにも、次の3つに配慮しておきましょう。

家族の範囲を明確にする

そもそも「家族」がどこまでを指すのかを明確にしなければいけません。
親はもちろんのこと、兄弟にも参加してもらうか、いとこやはとこはどうするか、ペットも含めるかなど。

2つの家族が集まるとなると参加人数も多くなりやすく、人数が多いほどそれぞれの予定を合わせづらくなります。
何親等までかをはっきり決めたうえで、参加する範囲は両家で揃えるようにしましょう。

家族の服装は統一する

新郎新婦は和装(白無垢や袴)か洋装(ウェディングドレスやタキシード)で撮影。
家族はフォーマルでもカジュアルでも構いません。
しかしカジュアルといっても、ジーンズやパーカーなどはNG。
女性はワンピースやブラウス、男性ならスラックスなどを選びましょう。

また、家族間で服装のバラつきが出ないように統一してもらうことも忘れずに。
「赤を着る」「花を身に付ける」といったドレスコードを指定すると、より統一感のあるフォトウェディングになるはずです!

家族の体調に配慮する

高齢者や小さな子供、妊婦がいる場合などは、それぞれの体調を考慮した時期を選ぶようにしましょう。
真冬や真夏は体力を消耗しやすいため、涼しい春や秋を選ぶと良いですね。
どうしても季節が限定されるときには、空調の効いた室内で撮影するのがおすすめです。

また、ちょっとした配慮として軽食を用意してあげると良いかもしれません。
簡単につまめるスナックやお茶・ジュースなどがあると、長時間の撮影でも乗り越えられるでしょう。

フォトウェディングで家族写真を撮るならココナラミーツ!

フォト ウェディング 家族 写真
フォトウェディングの費用を抑えたい!
柔軟に対応してくれるカメラマンがいいな

そんなときには、ココナラミーツの出張撮影を利用してみるのはいかがでしょうか?
結婚式から前撮りまでウェディングフォトの経験をしているカメラマンも多く、相談すればフォトウェディングにも対応してくれますよ。

ココナラミーツでは地域で絞り込んで検索できるだけでなく、写真の雰囲気からも選べることがポイント。
あなたのフォトウェディングをお手伝いしてくれるカメラマンを探してみてください!

家族と共に雰囲気が素敵なおしゃれフォトウェディング

洗練されたフォトウェディング

フォトウェディングのロケーション撮影を楽しもう!

ウェディングのロケーション撮影専門のフォトサービス。

二人の個性を活かしたフォトウェディングの写真撮影

【 前撮り出張撮影 】 最高のフォトウェディングをお手伝いします!

家族に晴れ姿を見せる!おしゃれなフォトウェディングの写真撮影

【結婚式前撮り・関西・出張】フォトウェディングとしてお写真だけでも残しませんか?

訳ありでも大丈夫!大切な家族と撮るフォトウェディング写真

LGBTや訳ありカップルのフォトウェディング

依頼手順

手順①:依頼する人を探す
ココナラミーツで依頼する人を決めていきましょう。
予算、地域、プロフィールから選ぶことができます。
また、依頼する前に、出品者と無料で質問・相談のチャットができます。
条件を確認したり、あなたの希望を伝えてみてくださいね。

手順②:予約リクエストを送る
依頼する人が決まったら予約リクエストを送りましょう。
チャットルームで日程調整を行い、予約日時が確定したら予約完了です。

手順③:サービスを体験する
事前に約束した場所で待ち合わせをして、サービスを受けてください。

フォトウェディングは家族と思い出と写真を共有できる

フォト ウェディング 家族 写真
「フォトウェディング」というと、新郎新婦だけが行うものというイメージが強いかもしれません。
しかし最近は、フォトウェディングなら家族と思い出を共有できるため、家族と一緒に写真を残す人も増えています。

結婚は家族と家族の繋がりを作るもの。
これからフォトウェディングを行う予定のカップルは、ぜひ写真撮影に家族を呼んでみてくださいね。

ABOUT US

Josa
フィリピン生まれ日本育ちのミレニアル女子。事務員時代にマーケティングと心理学を知りどハマりした結果、気付けば会社の業績が上がっていた。現在はフリーランスライターとして活動中。得意ジャンルはビジネス、恋愛、心理学。好きなものは映画とインスタ映え。
ココナラを詳しく見る