結婚記念日が一生の思い出に残る写真撮影のやり方と4つのポイント

結婚記念日 写真撮影

最初の数年は盛大に祝っていた結婚記念日。年数が増えるうちに、気付けば祝わなくなってしまっていませんか?仕事や家族のことが忙しくても、ささやかにお祝いしたいですよね。そこでおすすめなのが写真撮影です。今回は結婚記念日の写真撮影のやり方と4つのポイントをご紹介します!

結婚記念日の写真撮影にはメリットがいっぱい!

結婚記念日 写真撮影
結婚記念日はささやかに祝うけど、写真を撮る必要はある?
もう新婚じゃあるまいし、毎年写真を撮るのもな……

結婚して数年経った夫婦であれば、そう思うのも当然かもしれません。
しかし、結婚記念日は「新婚の頃」を思い出すチャンス。
年に1度の特別な日だからこそ、写真撮影をする意味があるのです!

ゆっくり撮影する時間が取れる

結婚式前後はいつもバタバタしていた記憶はありませんか?
結婚式を挙げていないカップルでも、引越しに親族や会社への挨拶、名前の変更、新生活などで忙しかったはずです。
そんな中で、落ち着いて写真を撮るヒマもなかったのではないでしょうか?

Josa
結婚式を挙げた筆者は前撮りもしましたが、ロケ地の移動に着替えに……とバタバタした5時間でした。

そんな夫婦にこそ「あーだね、こーだね」と言いながらゆっくり撮影する時間を取ってほしいもの。
そしてせっかく夫婦の写真を撮るのなら、2人の記念日である結婚記念日に撮影しましょう!

お互い仕事に家事にと忙しくても、改めて夫婦としての時間を取ることで2人の絆を再確認できるはずです。

改めて満足できる写真が撮れる

先述したように、結婚式や入籍前後はとても忙しく、仮に写真を撮っていても適当な写真になっていることがあります。
前撮りもバタバタしているため、撮った写真をじっくり見せてもらうことは少ないでしょう。

Josa
筆者の前撮り写真は概ね満足していますが、数年経って見返すと「ここをもうちょっと直したい……」と思うことも。

結婚当時の写真に満足できる写真がないという人にも、結婚記念日の写真撮影がおすすめ!
特にこだわりが強い人は、撮影当日前にじっくりと構想をイメージして、カメラマンとも打ち合わせして……と、こだわりぬいた写真撮影ができますよ。

2人の変化・家族の成長を実感できる

最初は2人しかいなかった写真も、数年経つと3人に、4人に、4人+1匹に……とどんどん家族が増えていきますよね。
そこで、毎年同じ日に家族全員で写真を撮る習慣を作れば、夫婦2人の変化や子供の成長などの記録になります。

筆者のおすすめは、毎年同じ場所・同じポーズで撮影すること。
たとえば近所の公園や、リビングのソファでもかまいません。
少しずつ年老いていく夫婦、毎年背が伸びていく子供など、去年や数年前の写真と比較しやすくなるからです。
そして「家族」としての成長をしみじみと実感できるでしょう。

結婚記念日が特別な思い出になる

ほとんどの夫婦は、結婚記念日に外食したり、ちょっと豪華な料理を作ったり、小さなプレゼントを交換するだけ、という夫婦が多いでしょう。
ささやかなお祝いをしているのなら、せっかくなので「写真撮影」を加えてみてください!
ただ単に内カメラにして自撮りするのではなく、三脚にカメラを立てて、夫婦で並んで撮影するのです。

そうすると写真が残るのははもちろん「2人で協力しながら撮影する」という行為そのものが思い出として記憶に残ります。
最後に2人で共同作業をしたのはいつだったでしょうか?
ラブラブな新婚時代を毎年定期的に思い出すことで、何年・何十年先でも仲睦まじい夫婦でいられるかもしれません!

どうやって撮る!?結婚記念日の写真撮影のやり方

結婚記念日 写真撮影

結婚記念日の写真はスマホ撮影でも十分。
毎年撮影することを考えたら、スマホは手軽で便利ですし、改めてデジカメを購入しても良いかもしれません。

また5年目や10年目など大きな節目を迎えるときには、プロカメラマンに依頼するなどいつもよりちょっと豪華な撮影もおすすめ!

ここでは、結婚記念日の写真を撮影する3つの方法をご紹介します。

自分たちで撮影する

やっぱり一番手軽で誰でも行いやすいのが、自分たちでの写真撮影。
家の中やご近所ではもちろん、出かけた先での撮影も簡単にできます。
手持ちのスマホやカメラを使えば費用は0円。

レストランやホテルを利用しても、支払いはその代金だけでOKですし、デジカメや一眼レフを買ったとしても、家族や子供の写真を撮る機会も多いのでコスパが良いと言えますね。

ただ、カメラに慣れていない素人がおしゃれな写真を撮るのは難しいです。
せっかく写真を撮っても「なんだかイメージと違う」という仕上がりになることも……。

Josa
特に旦那さんが奥さんを撮影するとき、奥さんからの細かな指示やリテイクに疲れるかもしれません

スタジオ・写真館で撮影する

自分たちでの撮影が難しい、もっとクオリティの高い写真を残したいのであれば、スタジオや写真館での撮影がおすすめ。
写真スタジオというと子供の七五三や成人式写真のイメージが強いですが、最近はカップル・夫婦向けのプランが用意されています。

フォトウェディング、記念日フォト、アニバーサリーフォトなどのプランがあれば、ぜひ利用してみましょう。
ホームページやチラシにプランの掲載がなくても、問い合わせれば案内してもらえることも。

費用相場は2万円から。
プランの内容によりますが、ドレスレンタルやプリント額縁などのオプションも選択できます
所要時間も着替えやヘアメイクを含めれば2〜3時間、撮影だけなら1〜2時間と、忙しい夫婦でも時間を取りやすいでしょう。

ただどうしてもプラン内での撮影になるので、ロケーション撮影ができない、スタジオの背景の種類が少ないなど、自由度が低いことがデメリット。
またオプションをたくさん追加して贅沢しすぎると、意外と費用がかさみやすくなります。

個人カメラマンに撮ってもらう

オーダーメイドに近い形で結婚記念日の写真撮影をしたい夫婦には、個人カメラマンによる撮影がおすすめ!
近年はフリーランスカメラマンや、副業としてカメラマンをしている人もおり、スタジオ撮影よりも自由度が高い・料金が安いなどのメリットがあります。

費用相場は2時間で5000円からですが、かなりハイクオリティな撮影なら2〜5万円などピンキリです。
とはいえ、日常のデートに同行してもらうだけなら5000円くらいで撮影できます。
価格の高いカメラマンでも、スタジオ撮影以上のハイクオリティの写真を提供してくれることもありますよ。

お気に入りのロケーションで撮影したり、夕陽や星空もキレイに撮ってくれたり、レタッチもしてくれたりなど、個人カメラマンだからこその融通の効きやすさが魅力。

注意点としてはプロからアマまでいることに加え、それぞれのテイストが異なるため、カメラマン選びが撮影の成功を左右しやすいです。

結婚記念日におしゃれな写真撮影をするポイント

結婚記念日 写真撮影

普段の何気ない撮影とは異なり「結婚記念日」の思い出として撮る写真は、特別感のあるものにしたいですよね。

とはいえ、毎年気合いを入れるのは難しい
自分たちで撮影する場合どうすればでもおしゃれに撮れる?

そこで、結婚記念日にワンランクアップしたおしゃれな写真撮影をするポイントをご紹介します。
ちょっとした工夫、ちょっとしたこだわりで、毎年の結婚記念日を楽しみましょう!

服装は統一させよう

結婚記念日の写真撮影では、改めてドレスやスーツで正装する必要はなく、カジュアルな服装でOK。
もちろん、きちんとした結婚写真を撮りなおしたい人はドレスや和装でもかまいません。

ただし、夫婦や家族の服装には統一感を出すことが大切です。
パパも子供もデニムを着ているのにママだけワンピース、だけではちぐはぐですよね。
全員がセミフォーマルにする、おそろいのシャツを着る、リンクコーデにするなど、服の系統は揃えるようにしましょう!

また夫婦や家族ともに同じ柄や小物を身に付けていると、夫婦や家族の仲の良さが伝わる写真になりますよ。

撮影場所にもこだわる

せっかくの特別な日ですから、生活感あふれる場所での撮影はNG。
家のリビングは手軽に撮影できる場所ですが、テレビが映り込んだり、洗濯物の山が端に見えたりしたら、それだけで写真の質が落ちてしまいます。

屋内で撮影するなら家の一角を掃除して撮影ブースにする、ホテルのスイートルームで撮るなど、撮影場所にこだわりましょう。
屋外なら自然の多い公園、おしゃれな都会、二人の思い出の場所など、選択肢の幅も増えそうですね。

とにかく、撮影したときに「写真映え」するかどうかを意識してロケ地を選ぶようにしましょう!

両親や兄弟も一緒に撮影

昔は当たり前だった家族写真も、核家族化の進行と同時に減少してしまいました。
そこで近年改めて注目され始めているのが、家族とのフォトウェディングです。

夫婦2人や子供たちとの撮影も楽しいものですが、ぜひ両親や兄弟も一緒に撮影しましょう。
お互いの家族を交えてゆっくり過ごす時間を取れますよ。
この一瞬一瞬を大切にするという意味でも、家族とのフォトウェディングがおすすめです。

フォト ウェディング 家族 写真

毎年増えていく“小物”も残そう

1年目のネックレス、2年目の花束、3年目のピアス……毎年結婚記念日がやって来るごとに増えていくプレゼント。
毎年交換し合う記念の品も、大切な思い出として撮影してみましょう。

特に花束や食べ物など、消えてしまうものはその瞬間しか見られません。
10年、20年と経つうちに昔のプレゼントを失くしてしまうかもしれません。
たとえ小さな品や手紙だけであっても、写真に残しておくことで思い出を保存することにつながります。

また「○年目のノートは喜んでくれたから次は手帳にしよう」「いつもアクセサリーだからたまには靴を」とプレゼントの中身を考える際の役にも立ちますよ。

結婚記念日の写真撮影はココナラミーツにお任せ!

結婚記念日 写真撮影

ココナラミーツではカップルフォトやウェディングフォトに強いカメラマンが多数出品しています。

  • 次の結婚記念日で特別な写真を撮りたい
  • 5年や10年などの節目で盛大に祝いたい
  • 結婚式の写真のやり直しをしたい

そんなときには、ココナラミーツでカメラマンを探してみませんか?
ここでは地域ごとの出張撮影サービスをご紹介するので、お近くのカメラマンにぜひ問い合わせてみてくださいね。

【東京】実績豊富なカメラマンによるカップルフォト撮影

【レタッチ込み!】実績1000件以上のカメラマンによる前撮り・カップルフォト撮影

【大阪】結婚記念日に残したい!自然体の写真撮影

カップル撮影*自然でありのままの2人、特別な記念日などを残しませんか?

【東北地方】日常の1枚を特別な結婚記念日に残そう

日常に溢れるお相手との素敵な一瞬を切り取ります。

【中国地方】リーズナブルだからお手軽!結婚記念日の写真撮影

【広島・山口・岡山】お手軽にカップルフォトを撮影します!

【九州地方】何枚でも撮り放題!結婚記念日の写真撮影は贅沢に

[提供枚数無制限]福岡で素敵なお二人の思い出を撮影いたします。

依頼手順

手順①:依頼する人を探す
ココナラミーツで依頼する人を決めていきましょう。
予算、地域、プロフィールから選ぶことができます。
また、依頼する前に、出品者と無料で質問・相談のチャットができます。
条件を確認したり、あなたの希望を伝えてみてくださいね。

手順②:予約リクエストを送る
依頼する人が決まったら予約リクエストを送りましょう。
チャットルームで日程調整を行い、予約日時が確定したら予約完了です。

手順③:サービスを体験する
事前に約束した場所で待ち合わせをして、サービスを受けてください。

年を重ねても結婚記念日が2人の大切な思い出になるように

結婚記念日 写真撮影

結婚して一緒に暮らすうちに、新婚の頃のようなドキドキ感やときめきがなくなってしまうのは仕方がないことです。
だからこそ、結婚記念日は「夫婦の誕生日」として、毎年お祝いしたいですよね。

過去に撮った写真は、おじいちゃん・おばあちゃんになったときに見返すと楽しいもの。
結婚記念日がいつまでも2人の大切な思い出になるように、ぜひ写真撮影をしてみましょう。

ABOUT US

Josa
フィリピン生まれ日本育ちのミレニアル女子。事務員時代にマーケティングと心理学を知りどハマりした結果、気付けば会社の業績が上がっていた。現在はフリーランスライターとして活動中。得意ジャンルはビジネス、恋愛、心理学。好きなものは映画とインスタ映え。
ココナラを詳しく見る