星空をキレイに記録しよう!撮影方法とおしゃれな撮影アイディア

星空 撮影

ふと見上げると満天の星空。その幻想的な美しさをカメラに納めたいと思ったことはありませんか?しかし、いざ撮影してみると意外と難しいと感じるかもしれません。実は、星を撮るにはコツがあるのです。そこで本記事では、スマホでもデジカメでも星空をキレイに撮影する方法をご紹介します!

星空をキレイに撮影する方法

星空 撮影

あなたは星空を撮影してみたことはありますか?

  • 星がいっぱいあるように見えるのにカメラに映らない
  • 肉眼ではキレイに見えるのに写真を撮るとなんだか違う
  • 明るくしすぎても暗くしすぎても星が見えない

など、星空の撮影はなかなか難しいもの。
その理由は、正しい設定や準備をしていないからかもしれません。
そこで、自分で星空を撮影する方法を解説します!

光害の少ない場所へ行く

都会は星が見えず、田舎に行くと満天の星空が見えたという経験はあるでしょうか。
これは、都会と田舎の空にある星の数が違う……わけではなく「光害」が原因になっています。

Josa
光害とは、照明が人間や動物などに与える悪い影響のこと。この場合は、明るい街の光により夜空の星が見えなくなる現象です。

都会は街の明かりで星が見えにくくなっているため、撮影にはなるべく街の明かりが届かない自然の多い場所が理想的。
かといって毎回田舎まで何時間も車を走らせるわけにも行かないので、最初は都会からやや離れた公園などで練習してもかまいません。

また、意外ですが月明かりも光害となりやすく、星の光をかき消してしまいます。
月明かりの少ない新月の日や月が沈んだ後(夜明け前)がおすすめです。

必ず三脚を用意する

星空の撮影では、星の光をしっかり捉えるために長時間シャッターを開けておくことになります。
その際手ブレが起きやすいため、必ず三脚を使って手ブレを防ぐようにしましょう!

またシャッターを押したときの振動もレンズに伝わりやすいため、リモートコマンダーがあると便利。
Bluetoothのシャッターボタンもできれば用意しておくと良いですね。

Josa
夜は光量が少なく、カメラは少ない光量でも取り込むため敏感モードになっています。小さなブレでも写真に影響を与えてしまうのです。

カメラを設定する

続いて、星空の撮影に適した設定をしましょう。
スマホとデジカメ・一眼レフの設定をそれぞれ解説します。

スマホカメラの設定

スマホカメラでいきなり撮影する前に、次の設定をしておきましょう。

  • 撮影モードをマニュアル(Pro)に変更
  • シャッタースピードを最大にする
  • 適切なISO感度を探す
  • マニュアルフォーカス(MF)で明るい星にピントを合わせる

特に注意したいのはISO感度です。
実は正解のISO感度はなく、その日の天気・場所・時間帯によってキレイに映る感度が変わります。
まずはISO400からスタートし、徐々に感度を上げながらその日に適したISO感度を探ってみましょう。

またスマホ写真は基本的にJPEGで保存されます。
しかしJPEG画像だと、実際よりも星が少なく見えてしまうのです。
カメラセンサーが捉えたデータをすべて保存してくれる「RAW画像」での保存がおすすめです。

デジカメ・一眼レフカメラの設定

デジカメ・一眼レフならば、スマホカメラよりもキレイな星空写真を撮影できるかもしれません。
しかしスマホカメラ同様に、事前の設定が重要になってきます。

  • 絞りを開いて多くの光を取り込めるようにしておく
  • シャッター速度を8秒前後にする
  • 適切なISO感度を探す
  • マニュアルフォーカス(MF)で明るい星にピントを合わせる

デジカメ・一眼レフも同様に、その日の天気・場所・時間帯によって適したISO感度が異なります。
ISO400からスタートし、感度を上げながら星空がキレイに映るように調整していきましょう。

Josa
「あ、星キレイだな」と思ったらすぐに撮影したくなりますが、はやる気持ちを抑えてしっかり設定を!

撮影しながら調整していく

カメラの設定を済ませ、三脚に固定したら、いざ写真撮影です。
実際にシャッターを押して撮影してみましょう。
ほとんどの場合、

言われた通りにやったのに、キレイに撮れないじゃん!

と思うことでしょう。
実は星空の撮影は一発でキレイな写真が撮れることはごく稀で、プロカメラマンでも苦戦する人が多いのです。

ではどうするのかというと、撮った写真を1枚1枚確認しながらシャッター速度やISO感度を調整していくしかありません。
星空をキレイに撮れるまで、ひたすら撮影→確認→調整の繰り返し。
そうしてるうちに少しずつ改善されて、キレイな写真が撮れるようになってきます。

なお、液晶モニターが明るすぎると良い写真かどうか正しく判別できないため、液晶モニターの明るさも落としておくと良いですね。

おしゃれで幻想的な星空撮影アイディア

星空 撮影

星空の写真は似たり寄ったりしたものが多いイメージですが、実はさまざまな撮影パターンがあります。
ここでは、おしゃれで幻想的な星空の撮影アイディアをご紹介しましょう!

星を「点」で写す

王道の撮影パターンが、星空を「点」で写すこと。
特に快晴で空にありったけの星が見える日や場所での撮影におすすめです!

ただ星空を撮るだけでは味気ないため、近くに見える木々や山などもフレームの中に入れる構図にしてみましょう。
より奥行きやストーリーのある写真に仕上がります。

同じ場所・同じ時間であっても季節によって微妙に星の位置が違うため、日を変えて何度も撮っていると違いがわかって面白いですよ。

星の「軌跡」を写す

星空 撮影

上の画像のように、夜空に円が描かれたような写真を見たことはありませんか?
実はこれも星空。
星を「点」としてではなく「軌跡」として撮影しているのです。

点に見える星を「軌跡」(線)として撮影するには「比較明合成」と「バルブの長時間露出」の2つの方法があります。

比較明合成
一定間隔で撮影した複数の写真を比較して、明るさが変わった部分だけを合成するやり方。
バルブの長時間露出
バルブモード(長時間露光撮影時に使う機能)をオンにして、30分以上露出をする。 

星の「軌跡」の撮影は、空がどのように動いているのかがわかりますね。
夜空に吸い込まれていきそうな、幻想的な写真を撮影できます。

星空を人・モノの背景として撮影

星空 撮影

星空だけを撮影するのも良いけれど、せっかくなら星空の下に被写体を置いてみましょう。
人や物の背景として星空を活用するのです。
昼間の表情とは違った夜の表情を、星空がより幻想的に演出してくれるはず。

もしかしたら露光調整がうまくいかず、人の影しか見えないかもしれませんが、それでもOK。
山や木々の影とは違った“動きのある人の影”で、ファンタジー世界の1ページのような写真を目指してみるのも楽しいでしょう。

レタッチで世界観を作り出す

星空 撮影

より自分の世界観を演出したい人は、星空を撮影したあとにレタッチしてみましょう。
明るさやコントラストといったシンプルな調整はもちろん、他の色を混ぜてみるとより幻想的で不思議な写真になります。

星空と相性の良い色は青や紺、紫など。
天の川などは肉眼では白く見えますが、写真で撮ると黄色っぽく見えることもあります。
アートを楽しむように、星空のレタッチも楽しんでみてください!

美しい星空の写真を撮るならカメラマンに依頼!

星空 撮影

星空の撮影にはどうしても忍耐が必要ですし、最初はなかなかうまくいかないかもしれません。

それでも、星空の写真が欲しいんだ!

そんな方は、ココナラミーツでプロのカメラマンに撮影を依頼してみてはいかがでしょうか?
またココナラミーツにはモデル・被写体も出品しているため、自分で撮影する際に被写体が欲しい人にもおすすめです。

ここではココナラミーツのカメラマンとモデル・被写体をそれぞれご紹介します!

ロマンチックな写真撮影

沖縄の星空をロマンチックに撮影

沖縄本島離島でウエディング撮影

3時間みっちり撮影!ロマンチックなポートレートを撮ろう

ポートレート・スナップ撮影 個人さま向け 土日祝日限定

カッコイイ写真撮影

経験豊富なカメラマンが星空の下で愛車を撮影!

あなたの愛車をプロカメラマンが激写します!

映画のようなカッコイイ映像を撮影

シネマティックに映像を制作致します。

モデル・被写体撮影

写真も動画も経験のあるモデルが星空撮影に挑みます

動画撮影モデルやります

エンターテイナーが星空を背景に楽しい撮影を提供

可能な限り色んなロケーションで撮影モデル承ります。

依頼手順

手順①:依頼する人を探す
ココナラミーツで依頼する人を決めていきましょう。
予算、地域、プロフィールから選ぶことができます。
また、依頼する前に、出品者と無料で質問・相談のチャットができます。
条件を確認したり、あなたの希望を伝えてみてくださいね。

手順②:予約リクエストを送る
依頼する人が決まったら予約リクエストを送りましょう。
チャットルームで日程調整を行い、予約日時が確定したら予約完了です。

手順③:サービスを体験する
事前に約束した場所で待ち合わせをして、サービスを受けてください。

星空をキレイに撮影するには試行錯誤が必要

星空 撮影

SNSやインターネットで美しい星空の写真を見るとため息が出ますが、実はその写真を撮るまでには、想像をはるかに越えるトライアンドエラーが行われています。
しかし人に見せるのはキレイな写真だけなので、何も知らない人は「簡単に撮れる」と思いがちなのです。

もし星空をキレイに、幻想的に撮りたいと思うのであれば、試行錯誤することを覚悟しておきましょう。
努力したおかげて美しい写真を撮影できたときには、感動もひとしおのはずです。

ABOUT US

Josa
フィリピン生まれ日本育ちのミレニアル女子。事務員時代にマーケティングと心理学を知りどハマりした結果、気付けば会社の業績が上がっていた。現在はフリーランスライターとして活動中。得意ジャンルはビジネス、恋愛、心理学。好きなものは映画とインスタ映え。
ココナラを詳しく見る