お風呂の床がピカピカに!掃除のコツは汚れの種類を見極めること?

お風呂の床掃除

気がつくと黒ずんでいたり、ピンク色のぬめりがついているお風呂の床。定期的に掃除をしていても、汚れが落ちにくくなって困った経験はありませんか?今回はお風呂の床をピカピカにする掃除のコツを解説します。

お風呂の床の汚れの種類

お風呂の床掃除

お風呂の床にはポツポツとした黒っぽい汚れや、うっすらピンク色になった汚れなど、さまざまな汚れが混在しています。

お風呂の床の汚れ
  • 黒カビ
  • 赤カビ
  • 水垢
  • 石けんカス
  • 皮脂汚れ

お風呂の床が黒ずんでいる場合は、黒カビや皮脂汚れが原因です。

ピンク色のぬめりは赤カビ。
カビと呼ばれていますが、正しくは「ロドトルラ」という酵母菌の一種です。

白っぽい汚れは水垢や石けんカスです。
ちょっとこすっただけではなかなか落ちない白い汚れ、落とすのを諦めている人も多いのではないでしょうか?

お風呂の床の汚れは、さまざまな種類がありそれぞれ効果的な洗剤も異なるため、どうやって掃除をしたらいいのか迷う人も多いでしょう。

そこで今回は、NPO法人日本ハウスクリーニング協会に所属するハウスクリーニング士・竹村茂樹先生監修のもと、お風呂の床をきれいにする方法を解説します。

教えてくれる人日本ハウスクリーニング協会

日本ハウスクリーニング協会大阪校認定優良企業であるジェイ・プラネットの代表。日々、お客様の立場を考え、かゆいところに手が届くハウスクリーニングサービスを提供している。

【汚れの種類別】お風呂の床の掃除方法

お風呂の床掃除

毎日のお風呂掃除や軽い床の汚れは、市販の中性洗剤を使ってきれいにしましょう。

ただし頑固な汚れをしっかり落として、お風呂の床をピカピカにするためには、汚れの種類に合わせた洗剤を使うことが必要です。
詳しく見ていきましょう!

赤カビ・石けんカス・皮脂汚れ

ピンク色でぬるぬるした赤カビ、白っぽい汚れの石けんカス、黒ずみのような皮脂汚れ。
これらは「酸性」の汚れなので「アルカリ性洗剤」を使いましょう。

お風呂用の洗剤の中でも、パッケージに「液性:アルカリ性」と記載されているものがアルカリ性洗剤です。

竹村茂樹先
ご家庭にある「重曹」も、赤カビや石けんカス、皮脂汚れに効果的です!

重曹は弱アルカリなので、市販のアルカリ性洗剤よりも刺激が少ないことがメリットです。
しっかり床を濡らしてから、重曹を汚れに直接振りかけて、しばらく放置してからブラシでこすると、黒ずみ汚れもすっきり落ちます。

水垢

白っぽい色で、床にこびりついて取れない頑固な汚れは「水垢」です。
水垢は「アルカリ性」の汚れなので「酸性洗剤」を使用して掃除します。

  • なかなか水垢が落ちない
  • こすっても全然取れない

こんな場合は、実はアルカリ性洗剤で掃除をしている可能性も……。
洗剤の液性をチェックして「酸性」と記載してあるものを使いましょう。

竹村茂樹先
薬局などで販売されている「クエン酸」も、水垢に効果的です!

酸性洗剤よりも刺激が少ないクエン酸も、水垢掃除におすすめです。
200mLの水(またはお湯)に、クエン酸小さじ1杯を溶かします。
スプレーボトルにクエン酸水溶液を入れて、水垢汚れに吹きかけ、しばらく放置したらブラシでこすりましょう。

黒カビ

ポツポツと黒い点のように見える汚れは「黒カビ」です。
黒カビは洗剤をつけてブラシでこすっても、なかなか落ちません。

そこで活躍するのが「塩素系漂白剤」です。
黒カビを漂白すると同時に、殺菌効果で黒カビの発生を抑えてくれます。

まずはクエン酸で掃除してみよう!

風呂 床掃除

汚れ別に効果的な洗剤を解説しましたが、実際は見ただけで汚れの種類を判断するのは難しいでしょう。
水廻りのクリーニングで1番難易度が高いのも浴室です。

竹村茂樹先
そこでおすすめの方法が「まずはクエン酸で掃除!」です。

用意するもの

  • クエン酸水
  • 掃除用ブラシ

クエン酸水は200mLの水(またはお湯)に対して小さじ1杯のクエン酸を溶かして作ります。
お風呂の床全体に使用するので、多めに作りましょう。

竹村茂樹先
お湯を使用した方がクエン酸の酸能力が高くなるので、洗浄効果も期待できます。

掃除の手順

  1. クエン酸水をお風呂の床に塗り、1時間ほど放置する
  2. ブラシで汚れをこすり落とす
  3. 水で洗い流したあと、残った汚れをそれぞれに適した洗剤で落とす

お風呂の床掃除の注意点

お風呂大掃除

お風呂の床掃除を安全に行うためには、次の3つに注意しましょう。

換気をしながら行う

お風呂は空気がこもりやすい空間です。
洗剤のツンとした臭いが充満し、掃除中に気分が悪くなることもあります。
必ず換気扇をつけてドアや窓を開け、換気をしながら掃除を行いましょう。

ゴム手袋、メガネ(ゴーグル)を装着する

アルカリ性洗剤、酸性洗剤、塩素系漂白剤は、中性洗剤に比べて刺激が強いのが特徴。
そのため肌に直接付着したり、目に入ったりすると危険です。

掃除を始める前に、必ずゴム手袋やメガネ(ゴーグル)などを装着しましょう。

塩素系漂白剤と酸性洗剤を同時に使わない

頑固な黒カビに効果的な「塩素系漂白剤」は、酸性洗剤と混合すると有毒なガスを発生します。
塩素系漂白剤と酸性洗剤は、同時に使用しないよう注意しましょう。
酸性洗剤だけではなく、クエン酸など酸性の成分もNGです。

塩素系漂白剤のパッケージには「混ぜるな危険」とあいてあります。

塩素系漂白剤を使用する黒カビの掃除と、酸性洗剤(クエン酸)を使用する掃除は別の日に行いましょう。

お風呂の床をきれいに保つには?

お風呂の床掃除

ここからはお風呂の床をきれいに保つコツを紹介します。
毎日の掃除にひと手間加えるだけで、快適な浴室をキープできますよ!

お風呂掃除の後は水滴をふき取る

どんなにきれいに掃除をしても、お風呂に水滴が残っていると湿気の原因となりカビが発生します。
残った水滴は水垢の原因にも……。

お風呂掃除をした後は壁、床、浴槽内の水気をスクレバーで取り、マイクロファイバータオルなど吸水性の高い布で乾拭きして仕上げます。

換気扇を24時間回しておく

湿気を防ぐ換気扇は、入浴時間にかかわらず24時間つけておきましょう。
換気扇をつけておけば、取り残した水気があっても湿気を防げます。

不快な臭いがこもるのも防げるので、いつでも気持ちいいバスルームを保てますね。

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

小まめな掃除

お風呂を使うたびに、浴室の床や浴槽は小まめに掃除をしましょう。
中性洗剤をつけて、軽くこするだけでもOKです。

小まめな掃除を続けていれば、石けんカスや皮脂汚れが溜まりにくく、きれいな床を保てるでしょう。

定期的な大掃除

お風呂の床は毎日の掃除もしやすい場所です。
しかしお風呂のドアパッキンや、浴槽のエプロン内部など、日々のお手入れでは手が届かない場所もあります。

パッキンやエプロン内部にカビが発生すると、徐々にカビが床に広がることも……。
定期的にお風呂の大掃除をして、浴室全体を清潔に保ちましょう。

お風呂の大掃除はプロにお任せ!

お風呂の床掃除

いつものお風呂掃除はできるけど、細かな場所のカビ取りや天井や壁、エプロン内部など手が届かない場所の掃除はちょっと不安……。

竹村茂樹先
そんな悩みをお持ちの方には、プロのクリーニングサービスがおすすめです!
浴室クリーニングは水回りの中でも1番難しく、洗剤の種類も1番多く使います。
また普段外しにくいエプロン内洗浄なども含めて、プロに任せてみるのもいいでしょう。

手軽にクリーニングサービスを利用したい時は「ココナラミーツ」をチェック!

ココナラミーツではクリーニング料金、依頼の流れ、サービス内容などが事前に全てわかります。
簡単な3ステップで依頼できるので、初めての方でも安心して利用できるでしょう。

依頼手順

手順①:依頼するクリーニングサービスを探す
ココナラミーツで依頼する人を決めていきましょう。
予算、地域、プロフィールから選ぶことができます。
また、依頼する前に、出品者と無料で質問・相談のチャットができます。
条件を確認したり、あなたの希望を伝えてみてくださいね。

手順②:予約リクエストを送る
依頼する人が決まったら予約リクエストを送りましょう。
チャットルームで日程調整を行い、予約日時が確定したら予約完了です。

手順③:サービスを体験する
事前に約束した場所で待ち合わせをして、サービスを受けてください。

今回はココナラ編集部おすすめの、お風呂のクリーニングサービスをご紹介します!

【この記事の監修者に相談】お風呂の床からエプロン内部まで徹底洗浄

【コロナ対策店】エプロン内高圧洗浄込!ハウスクリーニング士1級資格の安心お掃除

汚れに合わせた道具や洗剤でお風呂の床をピカピカに!

快適なお風呂でリフレッシュ!

お風呂のエプロン内部まで掃除します!換気扇とのセットクリーニング

浴室と換気扇のセット。万が一の場合の損害保険加入済み。

お風呂の床・入口回り・鏡・浴槽・壁・天井の気になる汚れを一掃!

カビ・アカ・汚れを徹底洗浄!明るい浴室を目指します!

すべて自社作業で行います!他社外注等一切なし!

浴槽清掃!ご満足、 ご納得の仕上り!!

市販の洗剤では落とせないカビやガンコな汚れもすっきり!

お風呂のクリーニング*高い場所や隠れた場所のカビや汚れを取り除く!

普段のお掃除で落ちない汚れもプロの手で落とします!

浴室クリーニング《 コロナ対策!》

お風呂の床もお任せください!ハウスクリーニング士が徹底洗浄

浴室クリーニング:協会認定のハウスクリーニング士がお伺い致します。

女性スタッフ担当!初めて浴室クリーニングを利用する方にもおすすめ

★必ず女性ハウスクリーニング士訪問★一人暮らしの女性も安心!

環境に優しい天然植物エコ洗剤でお風呂クリーニング!

☆小さなお子様にも優しい天然植物洗剤使用☆浴室を綺麗にさせていただきます☆

お風呂の床の汚れは種類ごとに洗剤を使い分けて!

お風呂の床掃除

お風呂の床には、黒カビや赤カビ、水垢、石けんカス、皮脂汚れなど、さまざまな汚れが混在しています。
掃除をするときは、汚れの種類に合わせた洗剤を使うことがポイントです。
ただし洗剤の種類によっては、同時に使うと危険なものもあります。
注意事項を守りながら、安全に掃除を行いましょう。

快適なバスタイムを過ごすためには、定期的な大掃除も重要です。
プロのクリーニングサービスを活用すれば、自分ではなかなか手の届かない細部までピカピカに!
清潔なお風呂で、1日の疲れを癒しましょう。