【マッチングアプリの写真の撮り方】いいねをもらえるプロフィール写真とは

【マッチングアプリの写真の撮り方】いいねをもらえるプロフィール写真とは

マッチングアプリの利用者の中には「全然いいねがもらえない……」と悩んでいる人もいるかもしれませんね。マッチングアプリのプロフィール写真は第一印象を決める大切なもの。本記事では、マッチングアプリの写真の撮り方やNG例を男女別に解説します。

マッチングアプリの写真が重要な理由

マッチングアプリの写真が重要な理由

マッチングアプリの写真が重要な理由は「いいね」をするかどうかの判断基準になるからです。
相手のプロフィールを見たとき、まず確認するのは顔写真です。

判断基準
・自分の好みかどうか
・優しそうな人か
・誠実な人に見えるか

プロフィールを見た人は、上記のことを写真を見て瞬時に判断します。
相手が「違う」と思ったら「いいね」を押してくれることはありません。

そのため、マッチングアプリの写真には思っている以上に力を入れる必要があります。
自分の魅力を最大限引き出し、いいところが伝わるような写真をアップしましょう。

マッチングアプリの写真を設定しないとどうなる?

マッチングアプリの写真を設定しないとどうなる?

「顔写真を載せるのは恥ずかしいから、あまりアップしたくない……。」という人もいるかもしれません。
気持ちは分かりますが、マッチングアプリのプロフィールにはなるべく顔写真を設定することをおすすめします。

理由としては先述したように「いいね」をするかどうかの最初の判断基準になるからです。
顔写真が設定されていないと、表情がわからないのでプロフィールを見た相手に不安感を与えてしまいます。

また顔写真がないとマルチビジネスの勧誘や遊び相手探しなど「恋愛以外の目的で利用しているのではないか?」と不審に思われる可能性があります。

理想の人と出会うためには、プロフィールに顔写真を設定することはマストといってもいいでしょう。

マッチングアプリの写真における大切な要素

マッチングアプリの写真における大切な要素

マッチングアプリの写真は3つの要素から成り立っています。
写真をアップするときに以下の項目に問題はないか見直して、それぞれ問題がないものを選びましょう!

表情

まず大切なのは表情です。
笑顔であることはもちろん必須ですが、大笑いしているような表情だと不自然に感じられることもあるので、自然なシーンの写真を選ぶといいでしょう。
人と話しているときの写真など、自分がリラックスしているときに撮影したものなら普段通りの笑顔がわかることが多いですよ。

髪型・服装

マッチングアプリの写真では、おしゃれをする以前に清潔感や身だしなみが大切です。
ボサボサの髪型やだらしない服装だと、いくらおしゃれに力を入れても「いいね」をもらいづらくなってしまいます。

過去の写真から設定したい1枚を見つけたら、他の人が見て不快に感じる部分はないか入念にチェックしましょう。
新しくマッチングアプリ用にプロフィール写真を撮る場合は、撮影前に鏡を使って全身を確認することをおすすめします。

場所

マッチングアプリのプロフィール写真は背景にも配慮しましょう。
よくある失敗例は、自宅の洗面台で自撮りをする写真。
背景に整理整頓されていない箇所が写ると、それだけでマイナスなイメージを持たれてしまいます。

一方で、外の日当たりが良い場所で撮った写真は爽やかで温かい印象になります。
カフェなどで人と話しているときに撮影した1枚も、話しやすいイメージを与えられますよ。

このように表情や服装だけでなく、写真を撮った場所も第一印象を左右する大きな要素です。

男女共通!マッチングアプリの写真のコツ・撮り方

男女共通!マッチングアプリの写真のコツ・撮り方

マッチングアプリの写真には男女共通のポイントがあります。
見た人にいい印象をもってもらうための、写真のコツと撮り方について見てみましょう。

笑顔の写真を選ぶ

まず押さておきたいのは、笑顔の写真をプロフィール写真に設定すること。
真面目そうな顔やキメ顔は、スマホ越しに見ると冷たい印象になってしまいます。

プロフィール写真において大切なのは「この人とやり取りしたい」と思ってもらうことです。
そのためには、明るく話しやすそうに見える笑顔の写真を設定しましょう。

他の人に撮影してもらう

マッチングアプリでは、他の人に撮影してもらった写真を使うのがおすすめです。
自撮り写真がNGなわけではありませんが、他の人に撮ってもらった写真のほうがより自然だからです。

ドアップやポーズを決めている自撮り写真は「自分のことを大好きな人」や「自信満々でとっつきにくい人」と思われてしまう可能性があります。

自然なシーンを撮る

プロフィール写真は、マッチングアプリのために渾身の1枚を撮るよりも、自然なシーンを撮った写真を使いましょう。
そのほうが自分らしさが伝わり、実際にデートしたときに相手が写真とのギャップを感じにくくなるからです。
たとえば友達との飲み会のシーンや、旅行中に観光スポットで撮影した写真がおすすめです。

メイン写真とサブ写真を使い分ける

マッチングアプリのプロフィール写真は、メイン写真とサブ写真を設定できます。
この2つをうまく使い分けることが、アピールするときのカギになります。

具体的には、メイン写真は自分の顔や雰囲気を伝えるもの。
サブ写真は別のアングルからの写真や、趣味を伝えるものと考えましょう。

自分のアピールしたい部分を取り入れながら、写真ごとに伝えたいことを考えて設定するのがおすすめですよ。

男女共通NG例

男女共通でおすすめできない写真の例は4つあります。
当てはまる写真を設定している場合は、新しいものに切り替えましょう!

加工しすぎ

写真の加工アプリでよく見せたい気持ちはわかるのですが、使いすぎは禁物。
写真と実際の顔が変わってしまっては元も子もないですよね。

マッチングして実際に会ったときに「写真と顔が違う!」と思われたら、次のデートにつなげるのは難しいでしょう。
やりすぎは気を付けて、あくまでも自分の自然な表情が損なわれないようにしてくださいね。

ドアップ

ドアップの写真は雰囲気が伝わりにくいのであまりおすすめできません。
少なくとも肩より上の全体が写るようにして、自分らしさが出るような距離で撮影しましょう。

全体的に暗い

写真の明るさはその人の明るさのイメージに直結します。
そのため、全体的に暗い写真は「なんとなく話しにくそう」という印象を与えてしまうことが予想されます。
なるべく太陽光が当たるような明るい場所で撮った写真を利用しましょう。

異性と一緒に写っている

異性と写っていると、すでにパートナーがいるようなイメージを持たれてしまいます。
仮に異性に囲まれている写真を使ったら、遊び目的でアプリをやっていると勘違いされる可能性もあるでしょう。
他の人が載っている写真を使う場合は、同性と一緒に写っているものに替えましょう。

女性の撮り方のコツとNG例

女性の撮り方のコツとNG例

ここからは男女別に、印象がよくなる写真の撮り方のコツとNG例を紹介します。
ずは女性から見てみましょう。

女性のメイン写真の撮り方

女性のメイン写真の撮り方

女性のメイン写真は少し距離が近く、顔がはっきりとわかるものがおすすめです。
パッと見たときに顔がわからないと、サブ写真やプロフィールの詳細を見てもらいにくくなります。
メイン写真を撮る際のコツを紹介します。

いつもの私服姿でにっこり

メイン写真はいつもの私服姿で笑顔の写真を設定しましょう。
普段着を見せることで、より自然体な自分を見てもらえます。
またナチュラルメイクにすることで、飾らず自分をアピールできるので印象が良くなるでしょう。

料理を一緒に写す

第一印象をよくするためには、メイン写真に料理を入れるのがおすすめ。
たとえば、自炊した料理を持っている写真なら家庭的な女性の印象になります。
ラーメンや焼肉を食べている写真なら、男性が親しみやすさを感じやすくなるでしょう。

パステルカラーを入れる

マッチングアプリのメイン写真を設定するときは、パステルカラーを入れることを意識しましょう。
原色に近い色や、ビビッドな色は強めの印象を与えてしまうからです。
着ている服や背景にパステルカラーを入れると、柔和で穏やかな雰囲気の写真が撮れますよ。

女性のメイン写真のNG例

女性のメイン写真のNG例は以下の通りです。
ポイントとしては加工や露出に気を付けて、顔がしっかり写るものにすることです。

加工しすぎる

女性のメイン写真は、プリクラや加工アプリの使いすぎには気を付けましょう。
過度な加工は男性にとってマイナス評価につながりかねません。
あなたらしさや自分のいいパーツをよく見せられるような撮り方を研究してみてください。

露出しすぎる

水着姿などの露出度が高い写真は、遊び目的の利用者と勘違いされやすいため控えましょう。
自分にその気がなくても、思わぬトラブルに巻き込まれる原因になることもあるかもしれません。

横顔だけ

自信がないと横顔だけの写真を使いたくなることもあると思います。
しかし顔がわからないと「いいね」をもらいにくく、理想の人に会える確率を下げてしまいます。
結果を出すためには、なるべく正面の顔写真を使うようにしましょう。

女性のサブ写真の撮り方

女性のサブ写真の撮り方

出典:ココナラミーツ

女性のサブ写真は、メイン写真とは違った一面を見せられるようなものを設定しましょう。
おすすめの撮り方は以下の通りです。

全身を写す

メイン写真で上半身や表情がわかるものを設定したら、サブ写真は全身がわかるものをアップしましょう。
違うアングルからの自分を見せることで、人柄や雰囲気がより一層伝わりやすくなります。

さりげなく趣味を伝える

サブ写真には自分の好きなものや趣味が伝わる写真を設定することをおすすめします。
動物が好きならペットと一緒に写っているものや、旅行が好きならお気に入りの観光スポットで撮った写真などがあります。

さりげなく趣味を伝えることで、共通項を持っている人に興味を持ってもらえて、やり取りするときも話のネタになるでしょう。

おしゃれしている様子を撮る

結婚式でドレスを着ている姿や着物の写真は、普段とは違う華やかな印象を与えられます。
おしゃれをしている女性は魅力的に見えるため、サブ写真に設定することをおすすめします。

ただ、普段の雰囲気を伝えるために、おしゃれな姿だけでなく私服姿の両方を見せましょう。

女性のサブ写真のNG例

女性のサブ写真はメイン写真との見た目の違いや、ブランド物などの強調に気を付ける必要があります。
サブ写真のNG例を2つ紹介します。

メイン写真と見た目が違いすぎる

まず気を付けたいのは、メイン写真と見た目が違いすぎないか?という点です。
思いっきりおしゃれした写真と普段の写真を載せた場合、見た目に差があると相手は驚いてしまいます。
なるべく普段の自分を見せることを意識して「おしゃれさ」よりも「自分らしさ」に重きを置きましょう。

ブランドバッグなどを強調する

サブ写真でブランドバッグなどを強調するのは、男性から見るとあまりいい印象を持ちません。
ステータスを見せたがっているような人と思われてしまうので、写すとしてもさりげなく横に置くくらいに留めることをおすすめします。

男性の撮り方のコツとNG例

男性の撮り方のコツとNG例

次は男性の写真の撮り方を解説します。
内容を参考にして、自分らしさが引き立つ魅力的な写真を撮影してくださいね。

男性のメイン写真の撮り方

男性のメイン写真の撮り方

出典:ココナラミーツ

男性のメイン写真も女性と同様に、顔がはっきりとわかるように撮るのがおすすめです。
印象が良くなるシーンや撮り方のテクニックをご紹介します。

屋外での撮影がおすすめ

男性のメイン写真は、屋外の自然が豊富な場所がおすすめです。
外だと自然光を浴びやすく、さらに自然が背景に入っていることで爽やかかつ明るい印象になります。
モテる写真のテクニックの1つでもあるので、もし該当する写真がない場合は、近くにある公園に行って撮影してみてください。

斜めのアングルから撮る

メイン写真は斜めのアングルから撮ると「よく見せよう」と意識している感じがせず、自然な表情になります。
可能であれば他の人と会話しながら撮ってもらうと、自分で正面から自撮りするよりも印象がいい1枚に仕上がりますよ。

私服を着る

メイン写真は日常で着ている私服にすることをおすすめします。
詳しくは後述しますが、サブ写真でスーツ姿を設定することでプライベートと仕事の両方の面を見せられるからです。
ファッションセンスが不安なときは親しい友達などに問題ないかチェックしてもらいましょう。

男性のメイン写真のNG例

男性の写真のNG例3つを紹介します。

清潔感がない

男性のプロフィール写真は清潔感が命です。
ヒゲやボサボサの髪、肌荒れなどが目立たないかしっかりチェックしましょう!

自宅で撮影する際は、ごちゃごちゃした部屋の中が写らないかを確認することも忘れずに。

キメ顔

キメ顔の写真は「ナルシスト」「とっつきにくい」などのイメージを持たれやすいのでおすすめしません。
設定したい際はサブ写真にして、メイン写真は自然な笑顔の表情にしましょう。

正面の自撮り

正面の自撮りは威圧感を持たれやすく、なんとなくやり取りしづらい人に見えてしまいます。
メイン写真は最初に見られるものなので、斜めアングルや他撮り写真を使用して柔らかい雰囲気をアピールすることが大切です。

男性のサブ写真の撮り方

男性のサブ写真の撮り方

出典:ココナラミーツ

男性のサブ写真は、メイン写真とは違った一面を出すことがポイントです。
ペットと一緒に撮影したり、スポーツしているシーンを撮ったりして、普段とは違う自分をアピールしてくださいね。

ペットと一緒に撮る

男性の場合は、ペットなどの動物と一緒に写ると柔らかいイメージを与えられます。
自分一人の写真だと硬い印象になるときは、かわいい動物を入れましょう。
話のネタになりやすく、優しい人というイメージを持ってもらえますよ。

スポーツシーン

スポーツしている男性は、普段より輝いて見えるものです。
趣味でやっているスポーツがあれば、ぜひアピール材料に使いましょう。
爽やかな印象を与えられるので、スポーツをしているときの写真があればぜひ活用してください。

スーツ姿

スーツ姿の男性はカッチリして見えるうえに、清潔感があることをアピールできます。
さらにスタイルがよく見えるメリットもあるので、私服姿とは別にスーツの写真をぜひ使いましょう。
ただシワが多いものや体型に合っていないスーツだと、魅力が伝わりにくいので気を付けてくださいね。  

男性のサブ写真のNG例

男性のサブ写真は「違う一面を見せること」が目的ですが、やりすぎるとマイナス評価になります。
特にギャップの狙い過ぎや、過度な趣味の写真は要注意です。

ギャップを狙いすぎる

ギャップを狙いすぎる写真は、逆に女性からのアプローチを遠ざけてしまいます。
たとえば「実はノリがいいところを見せたい」という理由で強いお酒をイッキ飲みしている写真などは、あまり喜ばれないでしょう。
違う面を見せるといっても「見る相手にいい印象を与えられるかどうか」という視点を忘れないように。

過度な趣味の写真

サブ写真は好きなことや趣味を見せる目的もありますが、過度な趣味をそのまま載せることはおすすめしません。
たとえばオタク活動をしていて、アニメのキャラクターグッズの写真を大量に載せる、といったことです。

同じ趣味を持っている異性に見てもらえたらいいかもしれませんが、捉え方によってマイナスにもなる内容なら一度考えたほうがいいかもしれません。

マッチングアプリの写真を撮るならココナラミーツで!

マッチングアプリの写真を撮るならココナラミーツで!

マッチングアプリの写真の撮り方に迷ったときは、ココナラミーツでプロに依頼してみませんか?
プロフィール写真の撮影に精通している出品者を紹介します!

短い時間でサクッと撮影します!

\サクッと30分楽しく撮影しませんか/【一眼レフ+スマホ】

マッチングアプリ専用の写真を撮ります!

【マッチングアプリ専用】プロフィール写真撮影します!【気軽に30分】

関西で女性に撮ってもらいたい人必見!

関西女性プロカメラマン✳︎魅力的プロフィール写真撮影✳︎SNSマッチングアプリ

リラックスして撮影しましょう!

時間内ゆったりと気さくに撮影(人物は勿論、建物の内観やSNS映え用も)します◎

第一印象をよくする写真を撮ります!

【東海】コスパ◎”第一印象が良くなる”プロフィール写真撮影します!(編集費込)

自然体でモテる写真にします!

ナチュラルに盛れる写真を/a>

事前打ち合わせをしっかりします!

マッチングアプリ、プロフィール画像撮影します!/a>

スマホでプロのような仕上がりに!

プロがスマホで撮るマッチングアプリ用の自然な写真/a>

いいねを増やしたい人におすすめ!

【大阪】マッチングアプリプロフィール写真撮影【いいね増】/a>

依頼手順
手順①:依頼する人を探す
ココナラミーツで依頼する人を決めていきましょう。
予算、地域、プロフィールから選ぶことができます。
また、依頼する前に、出品者と無料で質問・相談のチャットができます。
条件を確認したり、あなたの希望を伝えてみてくださいね。
手順②:予約リクエストを送る
依頼する人が決まったら予約リクエストを送りましょう。
チャットルームで日程調整を行い、予約日時が確定したら予約完了です。
手順③:サービスを体験する
事前に約束した場所で待ち合わせをして、サービスを受けてください。

魅力的なプロフィール写真を設定して素敵な出会いを!

魅力的なプロフィール写真を設定して素敵な出会いを!

マッチングアプリの写真の撮り方や、男女別のコツとNG例を解説しました。
プロフィール写真は、相手との関係が始まる最初の窓口。
撮影に困ったときは、ココナラミーツでプロに依頼するのも1つの手ですよ。
自分の魅力が最大限伝わる写真を設定して、素敵な人と出会いましょう!

ココナラを詳しく見る