窓掃除の料金はいくら?プロに頼むメリットや手順を詳しく解説

窓掃除の料金はいくら?プロに頼むメリットや手順を詳しく解説

家の中でも見落としがちな窓の汚れ。「住み始めてからきちんと掃除したことがない!窓の掃除って必要なの?」と感じる人もいるのではないでしょうか。今回は窓掃除の必要性やプロに頼む際の料金相場について解説します。窓の汚れや曇りが気になる人はぜひ参考にしてくださいね。  

窓の掃除に関する悩み

窓の掃除に関する悩み

窓の掃除ではサッシにホコリが付くことや、窓が濁って見えることなどが悩みの種になります。

今回は日本ハウスクリーニング協会認定のハウスクリーニング士である”ぽかぽかおそうじサービス先生”に監修いただき、窓掃除に関する情報をまとめました。

教えてくれる人日本ハウスクリーニング協会

日本ハウスクリーニング協会認定のハウスクリーニング士。子供やペットがいても安心な洗剤と道具を使用して汚れを一掃します!

汚れが目立つ

いかんせん面積が大きい窓は、一度汚れると非常に目立ちます。

ガラスや網戸が雨や砂埃で汚れるとすぐ目につきますし、よく見るとサッシに埃がびっしりこびりついていることも。

こまめにお手入れをしないと、汚れが蓄積されて落としづらくなってしまいます。

窓が濁って見える

窓に垢や埃が付着すると、外の景色が濁って見えます。
外は晴れているのに、部屋の中から見るとなんとなくどんよりしている……。

編集Y
そんな時は、窓のお掃除をするべきタイミングかもしれません!

窓の上部まで手が届かない

窓の高さがあると、掃除したくても上部まで手が届かないことがあります。
脚立があれば届くかもしれませんが、十分に見えないと不安もありますよね。
さらに吹き抜けになっている場合は脚立を使っても掃除できず、ずっと放置することになります。

ぽかぽかおそうじサービス先生
この他に何度拭いても拭き跡が出てくる・窓枠やパッキンに大量の黒カビがある・窓に台風の時に貼ったガムテープ跡が取れない、などの悩みもありますね。

窓掃除の適切な頻度は?

窓掃除の適切な頻度は?

窓掃除は半年に1回を目安にして、1年のうち合計2回行うことが理想です。

1回目のタイミング
1回目の掃除は4月、もしく7月から8月のどちらかに行うのがおすすめです。
4月は窓に残った花粉を取り除くのに丁度いい時期で、7月から8月は梅雨が明けて雨水汚れを除去するのに適しているからです。

4月はエアコン繁忙期前、7月~8月は繁忙期後なので、コストを抑えられる時期としてもねらい目です!

2回目のタイミング
2回目は、大掃除が行われる12月が適しています。
キッチンや水回りなどと一緒に窓掃除も申し込んで、お得に複数個所をクリーニングできますよ。

このように、春から夏に1回、冬の大掃除の時期に1回行うと窓をピカピカに保つことが可能です。

窓の掃除を業者に頼むメリット

窓の掃除を業者に頼むメリット

窓の掃除は自分でもできると考える人が多いかもしれませんが、意外と素人には難しいもの。
プロに頼むメリットについて詳しく見てみましょう。

面倒な作業を代行してもらえる

窓の掃除は簡単そうに見えて、実は大変です。
何度拭いても跡が残ってしまったり、網戸を上手く付けられなかったり、素人でも苦戦することがしばしばあります。

編集Y
業者にお願いすれば、面倒な作業を一手に請け負ってもらえて、オプションで網戸の張替えやガラス面の研磨も対応してもらえますよ。

窓がツヤを取り戻し透明に

素人が掃除をすると、掃除した跡が残って思うように濁りが取れないこともあります。
プロににお願いすれば、専用のシャンパーとスクイジーを使用してきれいにクリーニングが可能です。

ぽかぽかおそうじサービス先生
窓汚れを素早く落とし、水を残さずピカピカに仕上がるので、窓がツヤツヤになり見栄えもよくなります。

素材に適した洗剤・道具を使用

プロの業者は素材に適した洗剤や道具を使用します。

補足
一言で「窓」といってもすりガラス、型板ガラスなど様々な形状があります。
自分の家の窓にどんな道具を使ったらいいのか、素人は調べることから始めないといけません。

業者にお願いすれば、そうした手間を省いて一目で適した道具がわかります。
窓やサッシを傷つけることなく掃除できるので、安心して依頼できますよ。

ぽかぽかおそうじサービス先生
プロに頼めば外の景色が素敵になったり、光が入ることで部屋の中がパッと明るくなったりします!
カビもなくなるので、健康にもいいですよ。

窓掃除の手順

窓掃除の手順

具体的にプロがどのような流れで掃除をするのか、一連の手順をご紹介します。

窓掃除の手順
  1. 汚れが飛ばないよう窓の周辺を養生する
  2. サッシについた埃やゴミをブラシ、バキュームなどで除去
  3. カビや頑固な泥は水洗いしてホースで流す
  4. 専用洗剤とシャンパーを使ってガラス面を洗浄
  5. ガムテープ跡など頑固な汚れを除去
  6. スクイジーを使って跡が残らないよう水気を切る
  7. サッシやゴムパッキンを拭きあげる 全体を空拭きして完了

プロに頼むのが難しい場合は、濡れたタオルで埃やカビを取り除き、乾いたタオルで空拭きしましょう。
ガラス窓専用のクロスを使うと、拭き跡が残りにくく綺麗に仕上がります。

窓掃除の料金

窓掃除の料金

実際に業者に頼んだらいくらになるのか、窓掃除の料金体系を解説します。

基本料金
  • ガラス・サッシクリーニング:1枚あたり1,000円~3,000円 
  • 網戸クリーニング:1枚あたり600~1,600円
  • 出窓一式クリーニング:5,000円
  • 吹き抜け窓クリーニング:50,000円 

ガラス・サッシや網戸のクリーニングはサイズにより料金が上下します。

オプション料金
  • オプション 研磨サービス:3,000円
  • フィルム施工:10,000円

基本的にガラス・サッシや網戸クリーニングが標準プランとなっていて、追加として研磨サービスやフィルム施工を頼めます。

編集Y
吹き抜け窓は高さがあるため、サイズが小さくても高額になることが多いです。

窓掃除はココナラミーツのプロにお願いしよう!

窓掃除はココナラミーツのプロにお願いしよう!

ココナラミーツでは、窓掃除を請け負っている専門業者がサービスを出品しています。
クリーニング協会に所属している方や、個人で安く掃除をされている方など様々な方がいますので、ご自身に合ったサービスを探してみてくださいね。

本記事の監修者である、ぽかぽかおそうじサービス先生が対応!

★窓・サッシクリーニング★【協会認定ハウスクリーニング士】 /a>

メンテフリーの親水処理をします!

窓・サッシの掃除  外の景色も変わりますよ! /a>

専門業者がフィルム施工をします!

窓ガラスフィルム施工 /a>

お客様が笑顔になるサービスを心がけます!

ハウスクリーニング士が窓・サッシの曇りを磨きます!お任せください! /a>

プロの技術で頑固な汚れを落とします!

【ハウスクリーニング士在籍】窓・サッシ◆損害保険加入済み◎エコ洗剤使用 /a>

女性が活躍しているクリーニングサービスです!

【サッシ枠・窓ガラス】女性ハウスクリーニング士がお伺い!プロの安心お掃除ご提供◎ /a>

隅々まで丁寧にお掃除します!

☆ハウスクリーニング士が窓、冊子、網戸を綺麗に致します☆ /a>

より良い暮らしのお手伝いをさせてください!

【ガラス・サッシ・網戸】環境に優しい洗剤使用!丁寧な作業、説明、礼儀◎ /a>

依頼手順
手順①:依頼する人を探す
ココナラミーツで依頼する人を決めていきましょう。
予算、地域、プロフィールから選ぶことができます。
また、依頼する前に、出品者と無料で質問・相談のチャットができます。
条件を確認したり、あなたの希望を伝えてみてくださいね。
手順②:予約リクエストを送る
依頼する人が決まったら予約リクエストを送りましょう。
チャットルームで日程調整を行い、予約日時が確定したら予約完了です。
手順③:サービスを体験する
事前に約束した場所で待ち合わせをして、サービスを受けてください。

定期的に窓掃除をして快適な暮らしを!

定期的に窓掃除をして快適な暮らしを!

窓掃除をプロに頼むメリットや料金相場について解説しました。
お掃除箇所としてマイナーな箇所ですが、実は汚れが目立ちやすい窓。
少なくとも年に2回はしっかり掃除をして、気持ちよく過ごせる環境を作りましょう!
必要であればココナラミーツも活用いただき、プロに掃除してもらってくださいね。