2DVTuberの作り方って? 週末だけで理想のキャラになれる方法まとめ

vtuber 2D 作り方 依頼

始めるハードルが高いと思われがちなvtuber。実は2Dのモデルであれば、誰でも簡単に作成することが出来てしまうんです。今回の記事では2Dのvtuberを作成できるソフトと3ステップの作り方の手順をご紹介します。

vtuberになるために必要なものチェックリスト

vtuber 2D 作り方 必要なもの
vtuberになるために最低限必要なのは以下の3つ。
工夫次第では誰でも1万円でvtuberになれてしまいます!

    ペイントソフト

    2DVTuberにトライするには、まず自身のキャラクターとなるイラストを準備する必要があります。
    中にはフリー素材を提供しているサイトもありますが、自分の分身ということを考えるとオリジナルキャラクターにしたいところ。
    ペイントソフトはたくさん種類がありますが、後から編集できるようにPSD出力に対応していれば無料でもOKです!

    Live2D Cubism Editor

    2DVTuberでキャラクターを作る際、2Dを立体的に表現するLive2Dと呼ばれる技術が必要になります。
    Live2D Cubism Editorを使えば、Live2Dのモデルとアニメーションの作成、動画の書き出しまでが可能です。

    カメラ

    一番ライトなものだと、スマートフォンのカメラと専用アプリで配信を行うこともできます。
    PCを使って配信をする場合は、webカメラとFaceRigを使うことでアバターを動かすことができます。

    3ステップでできるvtuberの作り方

    vtuber 2D 作り方 手順
    2dのvtuberになる方法はいろいろありますが、本格的に始めるならLive2Dで動きを付けて、Facerigで表情を読み取るのがおすすめ。
    ここではvtuberになるための方法は以下の3ステップに分けて解説していきます。

    ①イラストを作成する

    Photoshop、SAI、Clip studioなど使い慣れたペイントソフトでイラストを作成しましょう。
    PSD出力に対応していればGlipやFireAlpacaなどの無料ソフトでも作成できます。
    ここでは、Live2Dで動かしやすいイラストのポイントを4つご紹介します。

    1.動かす範囲をを決める

    vtuberを制作する際、身体全体を動かすのか、表情だけを動かすのかによって作業量は大きく異なります。
    初心者は、上半身だけ描いて表情のみ動かすのがおすすめ。
    また全身を描く場合は、後から動かしやすいように、腕や足をまっすぐ下ろした自然なポーズで描きましょう。

    2.表情を付けないでキャラを描こう

    イラストに動きを付けていくことを考えて、デフォルトは無表情にしましょう。
    また視線や体の向きは、真正面からのイラストを描いたほうがキレイな仕上がりになるためおすすめです。

    3.線画と色塗りのレイヤーを分けて描こう

    レイヤー分けとは、イラストを動かすために、目や口など身体のパーツごとに細かく切り分けていく作業のことです。
    ポイントとしては、手前にあるパーツから順に切り分けていくことで、誤って切り分ける可能性が低くなります。

    また、レイヤー分けは後からでも可能ですが、イラストを描く段階でレイヤーを分けながら描くことをおすすめします。

    ②Live2Dでキャラに動きを付ける

    Live2Dとは、イラストを加工して動きを付けることが出来るモデリングソフト。
    加工することで、キャラに瞬きや笑顔などの様々な表情を付けることが出来ます。

    Live2Dは、公式サイトからPRO版とFREE版がダウンロード可能です。
    FREE版は無料であるため、機能がある程度制限されますが、十分動作するモデルが作成できるので初心者におすすめですよ◎

    ③Facerigで表情を読み取る

    Live2Dのモデルを使用したい場合は、表情を読み取ってくれるソフトFacerig、そして「Facerig Live2D Module」が必要になります。
    この2つを購入してWebカメラで自分の表情を読み取ることで、vtuberとしての活動を始めることが出来ます!

    ココナラマガジンおすすめの出品者

    vtuber 2D 作り方 依頼
    手順は分かったけど時間がない!という方はココナラに登録しているのクリエイターがおすすめ。
    イラストをお手頃価格で作成して、Live2Dの動きを付けてくれます。

    制作実績多数のクリエイターはこちら

    VTuber向けのLive2Dモデルを作成します 好みの絵柄でVTuberデビューしませんか?パーツ分け対応可

    知識0でOK!難しいことは丸投げしたい方におすすめ

    FaceRigなどで動くLive2Dモデル作ります 【担当モデル150件突破!】Vtuberデビューしたい方へ

    長期的なサポートで初心者でも安心のクリエイターはこちら

    FaceRig用のLive2Dデータ制作します オリジナルキャラでVtuberデビューしたい方へ

    ハイクオリティなモデル制作者はこちら

    修正無制限!2DキャラのVtuber制作します 作ったLive2Dモデルがテレビ出演しました!

    企業vtuberの制作実績ありのクリエイターはこちら

    高可動VTuber向けLive2Dモデルを作ります 広範囲可動Live2Dモデルが欲しい方へ、気軽にご相談下さい

    まとめ

    今回は、今人気爆発中のvtuberを作成できるソフトと作り方の手順を解説しました。
    顔を出さなくても手軽に楽しく動画を制作・配信することが出来るのがvtuberの魅力ですよね。
    この記事を機に楽しいvtuberライフを送りましょう!