【2020年度版】謎解きの簡単な作り方|オリジナル問題で盛り上がろう

謎解き 問題 作り方 コツ

近年、街コンや結婚式の2次会、文化祭の出し物、脱出ゲームなど、様々なイベントシーンで取り入れられる謎解き。でも、場が盛り上がる問題を作るとなると、一気にハードルが高くなると感じますよね?そんな方向けに、今回は、 初心者でも簡単に出来る謎解き問題を作るための3つのコツと作り方の手順をご紹介します!

謎解きの作り方って何から始めたらいいの?

謎解き 問題 作り方 手順
「謎解き」とひとくちにいっても、どこから手を付けたらいいかわからないですよね。
ここでは、謎解きを作る際に事前準備として考えるべき、 重要な3つのポイントを解説していきます。

①「何のために」出題するのか

  • 結婚式の2次会に参加した人に満足してほしい
  • イベントで町おこしして、町の認知度が上がってほしい
  • 街コンに参加した男女に仲良くなってほしい

など 謎解きを何のために出題するのかという軸を明確にしましょう。

くれぐれも謎解きでなんとなく盛り上がりたい、という考えのみで作らないように!
軸がないまま問題作りを進めていくと、目的を見失ってしまうことが多いので注意です。

②「誰に」出題するのか

謎解きは、解いてくれる人が楽しめるように作るべきもの。
そのため、 謎を解いてくれるターゲット層を明確にして分析することが大切です。

分析をする際は、年齢や男女比率だけでなく、ターゲット層の好みや謎解き経験が豊富かどうかなど、総合的に分析しましょう。

③「どこで」出題するのか

その場所ならではの条件を上手く利用して、謎解きを考えることで場が大いに盛り上がるでしょう。

地域条件を活かした謎解きの例

  • 文化祭の出し物なら、教室の中を探索する仕掛けを盛りこむ
  • 町おこしのためなら商店街と協力してスタンプラリー形式を取り入れる
  • 結婚式2次会なら、全て答えを繋げると新郎新婦へのお祝いのメッセージになる
  • 男女が比率がほぼ半々なら、2人一組になって問題を考えさせる

初心者でも簡単!謎解きの作り方3ステップ

謎解き 問題 作り方 方法
前提条件を考えたらいよいよ問題作りに入っていきます。
ここから3ステップで簡単にできる謎解きの考え方の手順をご紹介します。

1st Step 答えから逆算して考える

謎解きは、答えから決めたほうが作りやすいことが多いです。
すでに事前準備で「何のために」出題するかを考えているはずなので、問題の答えを決めるのは簡単ですよね。

2nd Step 法則を当てはめる

謎解きに使える法則の例

  • ひらがなをカタカナに変換
  • 数字を英語に変換
  • アルファベット、曜日、惑星、都道府県などの法則に当てはめる

ここで上げたのは単純な法則ですが、他にも使える法則はいろいろあります。
問題を出題する場所ならではの法則を使ってみるのも面白いですよね。

3rd Step 答えと法則から問題を考える

答えと使用する法則がきまったら、あとは問題を作るだけ。
このとき 大切なのが問題の難易度
「誰に」出題するのかという事前準備から、ヒントの与え方を調整しましょう。

謎解きに慣れてない子どもがターゲットなら、4択にするなど工夫が必要です。

初心者が問題を作るときやってしまいがちな失敗

謎解き問題作りの初心者がやってしまいがちなミスを2つご紹介します。
謎解きを作るのに慣れている人でも意外と、陥りがちなミスであるため気を付けましょう。

①専門用語を使ってしまっている

問題の答えが、問題を解くターゲット層に浸透していないという事態は避けましょう。
答えに納得出来ない問題は、参加者の満足を著しく下げてしまうので注意が必要。

②誰かにテストプレイして貰ってない

自分の中でどれだけ完璧な問題だと思っていても、 第三者にチェックしてもらうことで意外な穴が見つかることがあります

また、テストプレイをすることで、当日の感覚に近い状態で全体の進行の流れを再確認できるため、おすすめです。

作問で困った時はココナラに頼もう!高品質で安心な問題作成者

謎解き 問題 依頼
作り方の手順が分かっても中々アイデアが思い浮かばない!という方は必見。
ココナラには、みんなでワイワイ盛り上がれる謎解き問題を作成できるクリエイターが多数在籍しているのでおすすめです。

ハイクオリティな謎解き制作者はこちら

あなたの好きなジャンルの謎解き問題を製作します 謎解き検定準1級が協力。マニアックなテーマでも構いません。

豊富な種類の謎解きを依頼したい方はこちら

出し物に脱出ゲームはいかが?クイズや問題を作ります クイズを解くのは好きだけど、作るのはチョット…という方に

イベント用の問題の作成依頼はこちら

経験・実績十分の謎解き問題を制作します 結婚式の2次会や社内研修、謎解きイベント等様々なシーンで活用

街コン用のボリュームのある謎解きはこちら

イベント集客・街コン等の謎解き制作いたします イベントをしたい!謎解きで参加者をもっと楽しませたいあなた

謎解きを作ってイベントを盛り上げよう!

今回は、解く人に楽しんでもらえる謎解きを作るための考え方と作成手順を解説しました。

謎を解いた達成感を共有することで、気心が知れた友達同士はもちろん、初対面でも簡単に打ち解けることができます。
この記事を機に、オリジナルの謎解き問題を作成してイベントを盛り上げましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

Kevin

ココナラマガジン編集部ライターのKevinです!身体を動かすのが好きなので、毎週ジムに通っています。好きなものは映画、本、フットサル、ミスチル、HUNTER×HUNTERです。ココナラマガジンでは主に趣味・習い事・スポーツカテゴリーの記事を担当しています。