1日で足が速くなる方法って?5つのコツと自宅ですぐ出来るトレーニング

足 速くなる 方法

速く走りたい人
「なるべく短期間で足が速くなる方法が知りたいけど、具体的にどうしたら良いか分からないので教えて下さい。」

そろそろ体育祭、運動会の季節。もし、1日で100m走のタイムが縮まればな……と思う方も少なくないでしょう。 どうしたら短期間で速く走れるようになるのでしょうか? 今回の記事では、大人から子どもまで、 すぐ足が速くなるポイントと効果的なトレーニング方法を解説していくのでぜひ参考にして下さい。

この記事で分かること
  • 一日で足を速くするには、 「フォーム」を変えることが大切
  • 走力を上げる 効果的なトレーニング
  • 1人で練習するのが不安な方向けた オンラインコーチ
それでは、さっそく見ていきましょう

短期間で足を速くするための5つのフォームのポイント

足 速くなる ポイント
足が速い人と遅い人を分ける基準は何だと思いますか?
もちろん生まれ持った身体能力も関係しますが、 走るときのフォームの基本が分かっているかどうかが重要です。
ここでは、速く走るためのコツを5つご紹介します。

ポイント① 膝は「下げる」動きを意識しよう

よくある速く走るための練習で「もも上げダッシュ」がありますよね。
この練習では、太ももを上げることに意識が向きがちですが、 本当は「下げる」時が大切なことは知っていましたか?

なぜなら、足を下ろして地面についた時の反発力がスピードに直結するからです。
膝をしっかり地面と平行になるまで上げることも大切ですが、下ろすときに思いっきり地面を踏みつけるイメージで走ってみてください。

ポイント② つま先を上げよう

足が遅い人が意外とできていないのが、 つま先を上げて走るということ
つま先が上がっていない状態で走ると、踏ん張りがきかず地面に効率よく力を伝えることが出来なくなってしまいます。

つま先を上げるときのコツは、自分の足の親指とスネの間にピンと糸を張ることをイメージするのがおすすめです。

また、つま先を上げて走ることで、スムーズに足が前に出るようになる効果もあります。

【どうしてもつま先を上げる感覚が分からない人は輪ゴムを巻こう】

速く走る 裏技 つま先を上げて走る意識を忘れてしまう、意識しすぎて不自然に力みすぎてしまう。
これらに当てはまる人は、太めの輪ゴムや髪ゴムを足首に巻き付け、 上の画像のように足の甲の上で1回ひねって親指の付け根に引っ掛けて走ってみましょう!
輪ゴムによってフォームが自然と正しく矯正されて、地面に力が効率よく伝わります。

ポイント③ 姿勢をまっすぐに保とう

走るときは、頭から足が一直線になっていることがポイントです。
腰が曲がっていたり、背中が曲がったりしていると、地面に全身の力が伝わりません。

上半身を真っ直ぐにして、肩を耳から離すようにリラックスさせて、体幹を崩さないことを意識しましょう。

走るときの正しい姿勢の目安が分からない方は、 自宅の壁にぴったりとくっついてみてください

ポイント④ つま先付近で着地しよう

速く走るコツ 母指球

速く走るということは、速く体を前に運ぶということ。
そのためには、ベタっと足裏全体を着くのではなく、 母指球(親指の付け根の少し膨らんだところ)に体重をかけるように意識しましょう。

その際に、歩幅を大きくしすぎないのも速く走るコツです。 歩幅を大きくしすぎてしまうと、垂直方向にエネルギーを無駄に消費してしまい、前に進む距離が短くなってしまうからです。

ポイント⑤ 腕は90度に曲げて早く振ろう

足の回転数を上げようを意識しながら走るより、腕を速く振ることを意識したほうが結果的に足の回転数は上がります。

また、後ろの手の肘は、力まずに90度に曲げて速く振ることが大切です。
腕の力みを取るために、 手のひらはグーではなくパーにしたほうがGOODです。

▶︎今すぐ短距離走のアドバイスを受けてみる

本格的に始めたい人向け!ココナラマガジンおすすめの出品者

足 速くなる
速く走りたい人
「速く走るために練習を繰り返してるけど、本当にこのフォームであっているの?
トレーニングしているけど、力がついている気がしない……。」
はやる気持ちとは裏腹に、なかなか結果が追いつかないときもありますよね。

ココナラには、自分のフォームを動画で送るだけで、適切なアドバイスやトレーニングメニューを組んでくれるアドバイザーが多数在籍しています。
自分の足を速くしたい方、お子さんの運動能力に悩んでいる方は、ぜひ活用してみてください!

ココナラを初めて利用する方はこちら
ココナラの取引の流れはこちら

指導経験者に1ヶ月間じっくりアドバイスしてもらいたい方はこちら

  • 金額:4,000 円
  • お届け日数:3日(予定) / 約32日(実績)
  • おすすめポイント:小学生向けの陸上教室を開いていた経験のあるこの方。自分のフォームの動画を送ることで、アドバイスを貰うことが出来ます。

1ヶ月【2500円】で陸上競技の指導をします 全国大会などに出たい方、一緒に本気でやりましょう。

過去の指導実績多数!フォームの実践的なアドバイスを貰いたい方はこちら!

  • 金額:5,500 円
  • お届け日数:3日(予定) / 約5日(実績)
  • おすすめポイント:画像/動画を使って具体的な改善方法を伝授します。

短距離走、長距離走を動画でフォームチェックします 走っている動画を拝見し、あなたに合ったアドバイスを致します!

【運動が苦手な子向け】早く走る方法を伝授!

  • 金額:1,000 円
  • お届け日数:6日(予定)
  • おすすめポイント:学生時代の幅広いスポーツ経験から早く走るためのアドバイスをしてくれます。

早く走る為のトレーニング方法をお教えします ※運動が苦手な子や走り方を教えたい親御さん向けです!

やってみよう!自宅で出来る効果的なおすすめ筋トレ法

トレーニング 方法
ここでは、具体的に足が速くなるトレーニングを3つ紹介します。

自宅で出来る自重トレーニングだけでなく、実践的なダッシュトレーニングも合わせてご紹介しているのでぜひチェックしてくださいね!

▶︎ココナラでトレーニングメニューを探す

トレーニング① 壁トレーニング

壁から1m位の位置に立ち、前傾姿勢になって壁を押しながら、上下に足を動かすトレーニングです。
ポイントは、足の付け根で地面を押す感覚を身に着けること。
自宅にいながら手軽にできるトレーニングなので、まずはこれから始めてみましょう。

トレーニング② もも上げダッシュ

最初に10~20回太ももを高く上げてから、30mほどダッシュするトレーニングです。
太ももを上げるときは、足にバネが付いているくらい跳ねることを意識してみましょう。

トレーニング③ デッドリフト


足を肩幅に開き、ダンベルを両足の間に置きます。 背筋を伸ばしたまま、腰を後ろに引いて前傾姿勢になり、ダンベルを足に沿わせて上下させる運動を10回行いましょう!
背中を丸めてしまうと腰の怪我のもとになるので注意しましょう。また、自宅にダンベルがない方は、ダンベル無しでスクワットに挑戦するのがおすすめです。

▶︎正しいトレーニングフォームが知りたい方はこちら

自信をもって走り抜こう!

足 速くなる 方法

今回は速く走るためのポイントと効果的なトレーニング方法を解説しました。

最後に意識してほしい大切なことは、紹介したポイントを意識しすぎて身体が力まないようにすること。
紹介したポイントが無意識に出来るまで、練習を繰り返して身体になじませましょう。

この記事をここまで呼んだあなたなら、きっといい結果が残せるはずです。応援しています!

ココナラを詳しく見る