TikTokの始め方・使い方!視聴・撮影・投稿の初心者マニュアル

TikTok 使い方

今や大人気の動画投稿サービス、TikTok(ティックトック)。

ただ、「何が楽しいのかわからない」「どう使ったらいいのかわからない」という初心者の方にTiktok(ティックトック)の全体をざっくりと解説します!

見て楽しく(視聴)、撮って楽しい(撮影・投稿)、その魅力に気づけばあなたもきっと夢中になるはず◎

この記事でわかること
  1. TikTok(ティックトック)とは?どんなアプリかざっくり解説
  2. TikTokの始め方【ダウンロード・アカウント作成】
  3. TikTokの基本的な使い方【動画の撮り方・投稿のやり方】
  4. 次のブーム?「音源作成」の入れ方を知ってTikTok上級者に!

TikTok(ティックトック)とは?どんなアプリかざっくり解説

tiktok 音源 作り方 人気

TikTokとは「動画ベースのSNS」

TikTokとは、一言で言うなれば「短時間動画をベースとしたSNS」です。
SNSの最たる例がテキストベースtwitter、そして画像ベースのInstagram。
TikTokでは短い動画を共有することで、世界中の人と簡単に繋がることができます。

「リップシンク(口パク)」、「ダンス」……動画の種類は様々!

TikTokには多種多様な動画が存在しています。
若者を中心に人気なのは、歌に合わせて口パクをするリップシンクやダンス。
かっこいいものだけでなく、お笑いやギャグのような動画も注目されています。

さらに、イラストの制作を記録したり、簡単なレシピを紹介したりなど、ライフスタイル系も充実。
同ジャンルでもある動画投稿サービスYouTubeと比べると、気軽に楽しめるものが人気のようです。

TikTokの始め方【ダウンロード・アカウント作成】

まずはTikTokの始め方と基本機能についてご紹介します。

TikTokをダウンロード(iOSのかたはこちら)

TikTokをダウンロード(Androidのかたはこちら)

アプリをインストールするだけで視聴が可能に!

まずは、TikTokのアプリをインストールしてみて下さい。
起動すると、下にあるような画面が出てくるかと思います。

tiktok 画面の説明

画面の下部を見て頂くと、TikTokは大きく5つのメイン機能があることがわかります。

  1. レコメンド(ホーム画面)
  2. トレンド
  3. 撮影
  4. 通知
  5. マイページ

❶ レコメンド(ホーム画面)

一番左の家のマーク、こちらがホーム画面です。
ホーム画面では、あなたにおすすめの投稿やフォローしている友達・有名人の動画を視聴することができます。

ちなみに、おすすめが選ばれている基準はランダム。
特にアカウント登録をしていない状態では、自分好みの投稿をおすすめしてくれません。

アカウント登録をした上で好きな投稿をたくさん見ると、アプリが動画を精査してくれて、より自分に合った動画をレコメンドしてくれますよ。

❷ トレンド・検索

左から2番目の虫眼鏡のマーク、こちらで最新のトレンドや見たい動画を検索することができます。

トレンドを掴むことで、「今みんながどんな投稿を見ているのか」簡単にチェックできますよ。

❸ 撮影

一番真ん中のボタンを押してみると、自分が動画を投稿するために撮影をすることができます。
動画の撮影から投稿までは、この機能を使用します◎

❹ 通知

撮影ボタンの右隣のボタン、こちらでは自分の投稿に来たアクション(イイね・コメント)の情報や、通知機能をオンにしているとくるあらゆる情報をキャッチできます。

TikTokでファンを獲得したい方はこちらの通知ボタンに敏感になった上で、適宜、来たコメントに返信しておくと良いでしょう。

❺ マイページ

一番右にあるボタンがマイページ。
こちらでは、自分の作ったアカウントのあらゆる管理ができます。

TikTokの使い方【動画の撮り方・投稿のやり方】

動画を楽しむのはもちろんですが、TikTokの醍醐味と言えばやっぱり動画を投稿すること!
注目を集める動画を作れば、一夜にして人気者になれちゃうかもしれません。
そこでここでは、簡単な動画投稿のやり方をご紹介していきます。

①カメラを起動する

TikTok 使い方 その1
真ん中のボタンを押し、カメラを起動します。
このとき、アプリが「カメラへのアクセス許可」と「マイクへのアクセス許可」を求めてきます。
どちらも許可しておきましょう。

②モードを選ぶ

TikTok 使い方 その2
カメラを起動したら、まずはモードを選択しましょう。
画面の下部分に、3つのモードがあるかと思います(2020年3月現在)。
ここではオーソドックスな15秒モードを選んでおきます。

補足
その他のモードは以下の通りです。

  • 60秒モード:長めの動画を作成するモード
  • MV:写真を選んで、スライドショーのように動画を作る方法

③楽曲を選ぶ

TikTok 使い方 その3

次に楽曲を選択しましょう。
画面上部の楽曲ボタンを押すと、曲を選ぶ画面が表示されます。
自分の好きな曲を検索してみるもよし、今一番使われている曲を使うもよし。
作りたい動画に合わせたものを選びましょう。

④動画を撮影する

TikTok 使い方 その4
いよいよ撮影!
真ん中の赤いボタンを長押しすることで、動画が録画されていきます。
15秒きっちり押してもOKですが、おすすめは右にあるエフェクトなどを駆使ししながら、細切れに録画すること。
コマ送りのような面白い動画も取れちゃうかもしれません。

⑤動画を編集、公開する

TikTok 使い方 その5

動画を時間いっぱい録画し終わると、編集画面に写ります。
編集画面では、右と下のボタンを使って、映像クリップや画面のエフェクトを編集することが可能。
録画中だけでなく、終わってからも面白いのがTikTokといっていいでしょう。

TikTok 使い方 その6

編集が終わったら、次へを押して最後の工程!
動画の説明書きやハッシュタグなどをつけて公開です。

次のブーム?「音源作成」の入れ方を知ってTikTok上級者に!

tiktok 音源 作り方 オリジナル
「歌ってみた」や「棺桶ダンス」など、たくさんのムーブメントが起こっているTikTok。
流行っている楽曲を使って楽しむのはもちろんですが、なかには自分の好きな音楽やオリジナル音源で動画撮影したい人もいるかもしれません。

実は音源も、投稿するだけで簡単に作ることができます。
手順は大きく3つです。

① 15秒の音声動画を作成する

まずは手持ちのiphoneやパソコンなどで、音声の入った動画を作成しましょう。
著作権の問題上、CDやiTunesなどの音源は使用できません。
使用したい楽曲を著作権申請の上、カラオケ音源などで動画にしていきます。
ちなみに、音声「動画」といっても映像は必要ありませんので、音源の入った映像さえあれば十分です。

② 作成した動画を投稿する

作成した動画をTikTokにアップロードしていきます。
今回は楽曲登録用なので、 自分の動画を表示できるユーザーを「非公開」に変更するのがポイント
その後に、「投稿」ボタンを押すことで、無事投稿ができます。

③ TikTokにアップロードしたオリジナル曲の楽曲情報を編集する

最後に、TikTokに登録したオリジナル楽曲の情報を編集していきます。
まずは、アップロードした動画再生画面の右下にある楽曲アイコンをタップ。
そして楽曲詳細画面にある「楽曲タイトルを設定」から楽曲タイトルを入力しましょう。

ちなみに、 この編集は1度しかできないので丁寧に作業してくださいね。

TikTokで困ったらココナラにおまかせ

tiktok 音源 作り方 依頼
TikTokはとても使いやすく大人気のアプリです。
だからこそ、今更分からないことを聞けない、と思ってしまいがち。

そんなとき、こっそりとオンラインで相談できるココナラはおすすめのサービス。
個別に聞きたいことを何でも聞くことができます。
ここでは、音源や動画編集だけでなく、動画自体の相談もできるプロの方をご紹介します。

歌ってみたなどに!カラオケ音源を提供してくれるサービス

ハイクオリティなカラオケ(MIDI音源)作成します 歌ってみたなどのカラオケが必要な方に!最短即日

簡単なカラオケ制作 ¥1,500で行います 簡単なカラオケ制作 ¥1,500 コースです

歌ってみた等のカラオケ音源作成、ミックスします 既存の音源をカラオケにできます。その後ミックスも承ります!!

初心者さんにおすすめ!動画の加工・編集をしてくれるサービス

TikTokに合った動画に編集・加工します あなたの写真や動画をTikTokに合った動画に編集します

TikTokの動画編集します 比較的短い動画で視聴数の上がるものを提供します

ダンス動画をやってみたいなら!振り付けを教えてくれるサービス

TikTokの振付を教えます TikTokの視聴数やフォロー増加に繋がるダンスを教えます

見た目もかわいく!アイコンやカバーを作ってくれるサービス

可愛いアイコン・ヘッダー描きます LINE、Twitter、YouTube、TikTokなど!

TikTok(ティックトック)のカバー作成します シンプルなTikTokのカバー(ヘッダー画像)激安で作ります

TikTokであなたも最先端のエンターテイナーに!

TikTok 使い方
TikTokの使い方、おわかりいただけましたか?
動画編集はもちろんのこと、自分で作成したオリジナル楽曲をアップロードするだけでも、個性を出すことが出来ます。
まだ使ったことがないという方も、これを機会に一度TikTokを試してみてはいかがでしょうか。

もっと人気者になりたい!フォロワーを増やすポイントはこちらの記事をチェック

TikTok フォロワー 増やし方

TikTokのフォロワーを増やすコツ|自分の”好き”を発信して話題になる方法って?

ABOUT US

Kento
ココナラマガジン編集部ライターのKentoです。 主に「開業・開店・経営」「お金・資産運用」カテゴリーの記事を担当。 距離を感じやすいテーマだからこそ、読者の方に寄り添えるライターとしての強みを生かして、読みやすく分かりやすい記事作成に努めます!