【回答例あり】高校受験の面接のコツ|志望動機、自己PRの答え方

高校 面接

中学3年生必見!筆記試験も大切ですが、「面接」の準備が必要な方も多いはず。そこで今回、推薦・一般入試で面接試験がある高校を受験する場合の、対策方法・頻出の質問・回答例などをご紹介。志望動機はもちろん、都立高校推薦入試で提出必須となる、自己PRカードの書き方についても役立つ情報をまとめました。

高校受験の面接で気をつけたいポイント4つ

高校 面接
面接ではどんなことに気をつければ良いのでしょう。
本番前に、ポイントをおさえておくと、スムーズな回答に繋がります。
今回は超重要なポイントを4点ご紹介します。

回答時間

面接対策で見落としがちになるのが回答時間です。

特に注意すべきは次の2点です。

①長く話しすぎない
ダラダラと話すぎは絶対NG!
1つの質問に時間をかけすぎて、せっかくエピソードを用意した質問が来た時に十分に話せない要因になります。
簡潔に話すことを意識して、1つの質問に15秒から20秒程度で答えるようにしましょう。

②時間が決められているものは、制限時間30秒前を目安に
面接では自己PRや志望動機など、時間制限のある質問もあります。
時間をオーバーしてしまうのはもちろん、短すぎもよくありません。
制限時間の30秒前で終わることを目安に話すようにしましょう。

長所を織り交ぜながら

面接は直接自分をアピールできるチャンス。
自分の長所を織り交ぜながら話すことで、どんな人間かが伝わりやすくなります。
例えば、「私は〇〇が得意なので、高校生活でも部活動に活かしていきたいです」といった内容です。

長所を話すポイントは、恥ずかしがらずに話すこと。
自分の長所を話すのは、なんだか照れくさいかもしれませんが、堂々と話す方が好印象です。

経験を話す

質問の答えに、これまでの経験をプラスすると具体性と説得力が増します。
例えば、「高校では〇〇を頑張りたいです。なぜなら、中学で〇〇な経験をしたので、それを活かして活動の幅を広げたいからです」というようにです。

ただし、無理やりこじつけるのも筋が通っておらず悪い回答になってしまいます。
闇雲に話すのではなく、必ず一貫性を持った内容にしましょう。

高校に結び付ける

長所や経験は、志望高校に結びつけられるといいでしょう。
面接官に、「うちの高校にあっているな」と感じてもらえることは、面接で重要になってきます。
例えば「中学時代は部活も勉強もコツコツと努力して成績を伸ばしました。そのため、教育目標に文武両道を掲げる御校は、私にぴったりだと思い志望しました」というように高校の特徴や教育理念と結びつけて話しましょう。

よく聞かれる質問と回答例

高校 面接
次に、実際の面接でよく聞かれる質問と、その回答例をご紹介します。
回答例を参考に、自分の経験と照らし合わせて見てください。
個性のでる自分だけのエピソードが出来上がるはずです。

志望動機

《回答例》
私が御校を志望した理由は、生徒の自主性を重んじている高校だからです。
昨年、御校の学校祭へ行った際、生徒のみなさんがとても楽しそうにしているのが印象的でした。
また説明会のお話で、学校祭は生徒が運営を行っていると聞きました。
私は中学時代所属していた音楽部で、もっと多くの人に楽しんでもらいたいと考え、幼稚園での演奏会を提案し実行しました。
御校であれば、これまで以上に自主性を成長させることができると考え、御校への進学を希望しています。

趣味特技

《回答例》
私の特技はバイオリンの演奏です。
小学校1年の頃からバイオリン教室に通っています。
得意な曲を弾いているときは気分転換になりますが、苦手な曲もあります。
その場合何度も繰り返し根気よく練習する必要がありますが、うまく弾けたときの達成感は何にも代えがたいものがあります。
また、バイオリンの練習で培った集中力や継続力は勉強やスポーツにも活かせていると思います。
高校生になったら管弦楽部に入部して、勉強と両立しながらバイオリンの上達を目指したいです。

長所短所

《回答例》
私の長所は面倒見が良いことです。
吹奏楽部に所属していたのですが、初心者から楽器を始める後輩や同期が多くいました。
私は小学生の時からピアノを習っていたので、楽譜の読み方や演奏時に気をつけるポイントなど、積極的にサポートをしました。
また、それは同時に短所でもあります。自分のことよりも他人を優先し、自分の予定をずらしてしまうことがあります。
高校では、長所も忘れず、自分の意思も強く持てるようになりたいと思っています。

長所と短所は、同じことでなくても大丈夫です。
例文のように見方を変えることで長所にも短所にもなるのです。
長所は自分の経験と結びつける、短所はどのように改善したいかを話すと良いでしょう。

中学校で頑張ったこと

《回答例》
私は中学生活で、生徒会活動を頑張りました。
そこで学んだのは、意見をまとめる難しさです。
生徒会長をしていたのですが、メンバーからそれぞれ違う意見が出てしまい、議題が進まないことがよくありました。
しかし、それらの意見を組み合わせることで、新しいアイディアが生まれました。
この経験を活かして、高校生になっても多くの人と関わり合いながら活動していきたいです。

今回は生徒会長を例に取り上げましたが、部活動や習い事など、頑張ったと思えることであれば何であっても構いません。
ポイントは、頑張った経験から何を学んだか、そして高校生活でどのように活かしたいかを話すこと。
そうすることで、面接官にも「本当に一生懸命頑張ったんだな」と印象付けることができます。

高校で頑張りたいこと

《回答例》
私は高校生活で英語の勉強に力を入れたいです。
なぜなら、将来は海外の方と関わる仕事に就きたいですし、大学でも留学をしたいと考えているからです。
しかし、中学時代、英語は苦手科目でした。だからこそ、将来の夢のために高校生の間からコツコツと勉強して、苦手を克服したいです。

高校生活で頑張りたいことは、将来の夢に繋げると話しやすいです。
夢が決まっていないなら、中学時代悔いが残ることを高校ではやり遂げたい、などこれまでの経験を結びつけると良いですね。

将来の目標

《回答例》
私の将来の目標は、バレエを多くの人に広めることです。
私は小さいころからバレエを習っていました。しかし友人と話していると、バレエは知っていても見たことがないという人が多くいました。
私は日本人が映画に行くような感覚で、バレエを見に行って欲しいと思っています。
そのために高校ではバレエに一層力を入れ、将来のために勉強をしていきたいです。

明確な目標がないなら……

《回答例》
私は現在明確な目標はありません。
興味・関心のあることは多くありますが、まだはっきりと目標と言える段階ではありません。
だからこそ、高校では多くの人と関わったりして、興味の幅を広げたいです。
また、明確な目標を持てるように、何事にも積極的にチャレンジしていきたいです。

何も話すことがないなら、それを逆手に取りましょう。
視点を変えれば、良い印象を与えることができるはずです。

【番外編】志願書、自己PRカードの書き方

高校 面接
志望動機や自己PRは、面接だけでなく、志願書など紙に書く場合もあります。
アピールする内容は同じでも、話す時と書く時では注意すべきことが違います。

①1文は短く簡潔に
1分は短く簡潔に書きましょう。
「だから」や「なので」といった接続詞を多用するのはよくありません。

②結論を最初に
私の長所は〇〇です。
志望理由は〇〇です。
など、結論を最初に書きます。

試験官は、多くの志願書や自己PRカードを読んでいます。
結論を先に話すと、印象に残りますし、相手にも伝わりやすくなります。

③具体的に書く
試験官は、志望動機や自己PRを読んで初めて受験者の経験を知ります。
自分の中ではわかっていても、相手には伝わっていないということも。
なので具体的に書くことが大事。
対策として、1度書いてみて先生や家族に読んでみてもらいましょう。

④エピソードは1つに
志願書や自己PRカードは、書く範囲が限られています。
あれもこれもと盛り込んでは、1つ1つのエピソードが弱くなってしまいます。
1つに絞って、それを深く掘り下げて書くようにしてください。

面接により良い内容で挑みたいなら、プロの手を借りよう

高校 面接
頻出の質問や回答例はわかったけれど、自分だけの回答を作りたい。
他の質問の対策もしたい。
1人だけの対策じゃ不安だ。

そんな時は、詳しい人を頼りましょう!
ココナラには、面接対策や自己PRの添削をしてくれる出品者さんが多数在籍しています。
人生をかけた高校受験ですから、ココナラを活用して、万全の対策をしておきましょう!

注意
ココナラは未成年の方でも使うことができますが、会員登録の際は保護者の方の同意が必要です。
サービスを購入してみたい場合は、保護者の方に相談してみてくださいね!

自己推薦文の添削

受験用 自己推薦文添削します 塾・学校での添削指導に定評あり!多岐にわたり指導!

高校の全国模試で偏差値70という経歴を持つ馬締学さん。
学校での添削指導があまり受けられないという方におすすめです。

口コミ

女性
迅速で丁寧な対応ありがとうございました 1人で書いているよりも良いものを提出できたと思います
女性
急ぎでお願いしたにも関わらず丁寧に添削して頂きました。ありがとうございました。

志望理由書の添削

プロが「小論文/志望理由」を添削します *なぜダメなのかが見える徹底添削

京大・東大で研究者・論文科講師という実績を持つ鬼さんの小論文さん。
本気で合格を勝ち取りたいなら、論文のプロに依頼してみませんか

口コミ

男性
この度は小論文添削ありがとうございました。 人手に関する小論文だったのですが新しい視点・見方を教えていただきました。 また、面接対策まで行っていただいてとてもありがたかったです。 お値段以上のサービスでした。 お取りありがとうございました!!
女性
サイコーーです。 ご指導いただきありがとうございました。 アドバイスも的確でとても勉強になりました。 ご指導いただいたことを忘れず、今後の糧にしていきます。 本当にありがとうございました。

面接シートの添削

実績300人超★高校受験用の面接シートを添削します 面接シートが上手く書けない・これで大丈夫?と悩む受験生様へ

1児のお母様であるりなちゃんママさん。
我が子の受験が不安。
塾に通わせていないから添削してくれる人がいない。
などのお悩みを持つ親御さん、受験生におすすめです。

医学部志望の面接対策

医師が受かる面接対策伝授いたします 医師を目指す人!医師でなくても面接を受ける予定がある人!

医学部を卒業した後、眼科医として働くDoktork1991さん。
面接での心得から、面接対策の添削まで幅広く対応してくださいます。

口コミ

男性
とても参考になりました。頑張ろうと思います。 また機会がありましたらお願いします。
女性
ありがとうございます。 また 相談にのって下さい。 頑張ってみます。

的確な面接の受け答えで、最大限にあなたの魅力を伝えよう

高校受験 面接
これからの3年間を左右する高校受験。
緊張してしまうのは当たり前です。
だからこそ、自分の魅力を最大限に伝えられるように、頭で考えるだけでなく友人や家族、先生に頼んで実際に模擬練習も忘れずしてもらいましょう。
本番で頭が真っ白になっても大丈夫なように、体に染み付くくらい練習をして、自信を持って望んでくださいね。