【コミケにも】小説同人誌の表紙デザインどうする?作り方とデザインサービスまとめ

小説 同人誌 表紙

小説が好きで、同人誌を書いてみた。せっかくだし販売もしてみよう。だけど、デザインの仕方が分からない!そんな時は、ぜひ代行サービスを頼りましょう。いちから編集ソフトの使い方やデザインの勉強をするより、ずっとスムーズですし、プロに任せれば安心今回は代行サービスを利用する時の注意点と、実際のサービスをまとめてみました。

<この記事でわかること>
・【ジャンル別】小説同人誌表紙のデザイン例
・業者にデザインを依頼する時のポイント
・おすすめのデザインサービス
・経験豊富なデザイナー【15選】

【ジャンル別】表紙のデザイン方法とコツ

小説 同人誌 表紙

自分でデザインを編集するには、まず編集ソフトをダウンロードする必要があります。
初心者さんの場合は、シンプルに操作できるものがおすすめです。
今回は編集部おすすめの編集ソフトと、ジャンル別に向いているデザインをご紹介します!

おすすめ編集ソフト『Medibang Pain』

こちらはフリーの編集ソフトです。
デザインをするためために最適ですが、1番のおすすめポイントはフォントワーク社のフォントが商用利用できること。
同じタイトルでも、フォントが変わるだけで雰囲気が違います。
デザイン初心者さんは特に、凝ったデザインをするために時間がかかるので、豊富なフォントを自由に使える編集ソフトがおすすめです。

恋愛小説の表紙

小説 同人誌 表紙 恋愛

出典:ココナラ

恋愛小説の場合、おすすめはグラフィックをぼやかすこと。
そしてタイトルの色・書体をシンプルにすることです。

ポイントは、ロマンチックさを演出すること。
グラフィックをぼやかすことで、曖昧さが出て柔らかい印象になります
反面、タイトルまで凝ってしまうとごちゃごちゃして見えるので、タイトルはシンプルさを心がけましょう。

ミステリー小説の表紙

小説 同人誌 表紙 ミステリー

出典:ココナラ

ミステリー小説の場合、背景とタイトルを赤・黒・白を基本として使うことがおすすめです。

ポイントは、意味深な雰囲気を出すこと
タイトルは白を基調に、一部分だけ赤にするのも◎
ミステリアスな雰囲気になり、見る人をドキッとさせられますね。

ファンタジー小説の表紙

同人 小説 表紙

出典:ココナラ

ファンタジー小説の場合、メインとなるキャラクターをイラストにして表紙にするのがおすすめです。
タイトルは内容やキャラクターに合わせて、可愛い雰囲気だったら細い文字を、アクションだったら角ばったフォントを使うなど、工夫をしてみましょう。

自作が難しいなら業者に依頼!注意すべきポイントまとめ

小説 同人誌 表紙 いざソフトをダウンロードして、編集してみよう!と思っても、イメージ通りにいかないことも。
そんな時は代行サービスを利用してみましょう。

しかし、代行サービスを利用するとき、トラブルが発生しては困りものです。
スムーズに同人誌を作成するために、代行サービスを利用するときに注意すべき点をまとめてみました。

価格

代行サービスを利用する時、まず気になるのは価格です。
料金はサービスによってバラバラですが、多くは次のように分かれています。

①デザイン代無料(ただし印刷も同じ会社で、印刷料金は別)
②基本料金+オプションを追加する場合(カラーにするとか)はその料金
③セット料金

印刷料金も、決して安くはありません。
何冊印刷するのか、利益はいくら見込めるのかなど、きちんと計算をした上で、自分にあった料金プランを選びましょう。

入稿時期

お金をかけてデザインをしてもらっても、参加するはずのイベントに間に合わなかったら意味がありません。
また、デザインの他にも印刷やイベント準備などの行程が残っています。
スケジュールをよく確認して、いつまでに納品してもらえるのか、業者の方との打ち合わせは怠らずにしましょう。

ちなみに、大きなイベントがあると、「早期入稿割」といったイベントを行うサービス会社もあるのでチェックしてみてください!

デザインの自由さ

どれだけこちらの希望を汲み取ってくれるか、というのは大切ですよね。
特に小説は、漫画や雑誌のように中をパラパラめくっただけでは、面白いかどうか伝わりにくいです。
だからこそ、表紙は作品のイメージを伝える手段になります。

サービスの中には、テンプレートからしか選択できないものや、お任せといったものも多く存在します。
デザインの自由さはあるか、というのは非常に注意すべきところです。

おすすめのデザインサービス3選

同人誌 表紙
表紙をデザインするために、必要なのはどんなサービスを使うか。
自分で編集ソフトを使ってこだわりを発揮するのもよし。
難しいことは分からないから、デザインしてくれるサービスを利用するのもよし。
自分にあったツールを使いましょう!

Print-ON

プリントオン株式会社によるサービス。
「わくわくドキドキセット」が該当します。
表紙から装丁まで全てお任せできるセットです。
良いものにはしたいけれど、具体的なこだわりが無い方におすすめです。

納品された箱を開けるまで、実際のデザインは分かりません。
まさにわくわくドキドキしてしまうサービスです。

しまや出版

多様なサービスがセット化されているしまや出版。

なかでもおすすめは「文芸セット」です。
「カラー表紙セット」や「ベーシックセット」など、文芸セットの中にも色々種類があるので、自分の好みに合わせて選択できます。

Wordで作った原稿は、「Wordをカンタン入稿」で入稿用に変換できるサービスなどもあり、初心者さんも安心のサービスです。

ココナラ

自分好みの表紙にしたい方におすすめのサービス。
ココナラは、プロのイラストレーター・デザイナーが多く在籍しています。

デザイナー
こんな人におすすめ!
・低価格でハイクオリティな表紙にしたい
・小説に合わせたオリジナル表紙を作りたい
・よくあるテンプレートじゃ物足りない
・初めて表紙のデザインをデザイナーに依頼する

ココナラを初めて利用する方はコチラ
ココナラの取引の流れはコチラ

【価格別】ココナラのおすすめデザイナー【11選】

小説 同人誌 表紙

ココナラに在籍する数多くのイラストレーター・デザイナー。
今回はその中から、チェックしておきたい編集部おすすめのイラストレーター・デザイナーを価格別にご紹介!

ぜひ、予算に合わせて、自分好みの方を見つけてみてくださいね。
理想の同人誌の完成に繋がるはずです。

注意
価格は変更になる場合があります。
サービス購入前にもう一度ご確認ください。

【低価格】3,000円以下で対応してくれるデザイナー

【1】よみじさん|実績豊富なデザイナー

小説同人誌の表紙をデザインします 短納期OK!同人誌作成のお手伝いをいたします!

【2】Chaco’sさん|おしゃれな表紙にしたいならこちら

小説同人誌のデザイン表紙を作成致します 作業時間の短縮や普段とは違ったデザインにしてみませんか?

3,000円以上5,000円未満で対応してくれるデザイナー

【3】kyo14okさん|おしゃれな表紙デザインします

同人誌のおしゃれな表紙製作します イラストや写真がなくても大丈夫!

【4】みくりやさん|テンプレートを選ぶだけの簡単依頼

簡単注文で本の表紙・裏表紙作ります 表紙デザインにマンネリ・作り方が分からない人におすすめ!

5,000円以上10,000円未満で対応してくれるデザイナー

【5】ウラカワさん|あなたの要望を叶えます

同人誌や自費出版の本のデザインを致します いつも表紙で悩んでしまう方へ!

【6】ひいなもずくさん|経験豊富なプロのデザイナー

同人誌の表紙デザインします 小説の表紙や同人誌の表紙を可愛くしたい方!

【7】kaba0000000さん|素敵な表紙で作品の魅力をアップ!

お試し価格で、同人誌の表紙デザイン承ります 同人誌、小説など、作品を魅力的に見せたい方へ

【8】きたじまひるまさん|ラフの修正希望もお任せ!

小説の表紙、SNSアイコン描きます 小説の表紙やSNSのアイコンなどに!

10,000円以上で対応してくれるデザイナー

【9】イッセンさん|エモい表紙をデザインします

同人誌の表紙デザイン承ります 表紙で“エモい”を演出しませんか?

【10】星屑屋さん|表紙デザインが決まっていな方向け

同人誌の表紙を作成します 小説本など、表紙の準備に困っている方へ

【11】DESIGNCOさん|文学作品の良さを引き出します

同人誌・電子書籍の表紙をデザインします 売れるだけでなく、作品の良さを引き出す表紙を作ります

素敵な表紙で、立ち止まってもらおう

同人誌 表紙
フリーマーケットやネット販売など、趣味で作った本を販売できる機会も増えてきました。
しかし、だからこそライバルもたくさんいます。
時間をかけて書いた小説に目を読んでもらうために、素敵な表紙にして、立ち止まってもらいましょう!

ココナラを詳しく見る