【2019年】 DTM初心者向け!最新のおすすめピアノ音源をご紹介

DTM初心者必見!ピアノ音源の制作をするにも「どのソフトを使えば良いのか」悩んだ経験はありませんか?そこで今回、あなたにあったピアノ音源ソフトの選び方についてご紹介。さらに、困ったときに頼りになるピアノ音源制作のプロも併せてお伝えします。

ピアノ音源の選ぶ基準3つ

ピアノ音源を作るには、ソフトを使って編集する必要があります。
では、具体的にどんなソフトを使えば良いのでしょうか?
ここでは、あらゆるソフトの中でもあなたにあったものを見つけるコツを3つご紹介します。

あなたの作りたい楽曲を鮮明にイメージする

何よりも重要な基準は「自分の作りたい楽曲を作れるソフトは何か」ですよね。

だからこそ、ピアノ音源を選ぶためにまずやるべきことは、自分の作りたい楽曲のイメージを鮮明に想像することに他なりません。
すると、必要となる機能が明らかになっていきますから、適切なピアノ音源の作成ソフトを見つけることができるでしょう。
まずはとにかく、自身の作りたい音楽を明確に決めることが大切です。

ピアノの種類

ソフトによって、搭載しているピアノ音源は大きく異なります。
ですので、自分がどんな雰囲気の楽曲を作りたいかに合わせて、ピアノの音色を確かめていきましょう
Youtubeのようなサイトを使っても音源が簡単に確認できる時代、実際に購入する前に何度も聞いてみるのが良いでしょう。
きっと自身のイメージにあうピアノがあるはず!

価格

もちろん、価格はソフトを選ぶ上で非常に重要な要素。
というのも、2つの「もったいない」を防ぐことが、満足いく買い物をするためには必要となるからです。

1つは、自身の可能性を潰してしまうもったいなさ。
もっと別のピアノを組み合わせれば、もっと違う雰囲気のピアノの音が出るソフトを選んでいたら、自分の楽曲はより豊かになったかも知れないというもったいなさです。

そしてもう1つ、それは使わない機能ばかりに溢れたソフトを買ってしまったもったいなさです。
もちろん、「機能は少ないより多い方が良い」という考えがあるのも十分理解できます。
しかし、最終的に使うことを想定したとき、スムーズに音源制作をする上で、使わない機能がたくさんあると、作業の効率に支障をきたす可能性すらありますよね。

どちらにせよ、買ってよかったと思うことは難しいと言えるでしょう。

ここまでの選び方のコツを踏まえて、まさに自分にぴったりと言えるソフトに出会えると良いですね。

ピアノ音源が見つからないときはココナラに頼もう!

ピアノ音源を自作するのも良いですが、その結果、自信が持てる音源に仕上がらなかったら元も子もない話です。
元々、「自分のイメージしている音源を再現する」ことが目的だったのですからね。

もし、そのような状況に陥ってしまいそうな方はプロに依頼してみることをおすすめします。
ココナラでは、多くのピアノ音源を提供してくれるプロをご紹介しています。
この機会にぜひ、依頼してみてはいかがでしょうか?

ピアノ音源を提供します

ピアノアレンジ•ピアノ伴奏音源提供します 高品質なピアノ音源をお求めの方へオススメ

最短で翌日納品できる出品者はこちら

最短翌日可!楽譜なしも対応!ピアノ演奏音源作ります 3分半まで基本料金!歌や楽器の伴奏用にキーやテンポも変更可能

ピアノ用伴奏音源を提供します

ピアノ伴奏音源をご提供します 楽器演奏、歌のお供に♪練習、お楽しみ用♪

あなたの欲しかったピアノ音源を見つけよう◎

ここまで、おすすめのピアノ音源について役立つ情報をお届けしてきました。
繰り返しになりますが、音源制作のコツはその準備にあります。

いかに、自分の作りたい音源をイメージできるか、それによってどのソフトを選ぶかが決まってくるのです。
ピアノ音源のソフトを購入する前にまずは、ご自身の作りたい楽曲について、コンセプトから考え直してみるのも良いかもしれませんね。

ABOUT US

Kento
ココナラマガジン編集部ライターのKentoです。 主に「開業・開店・経営」「お金・資産運用」カテゴリーの記事を担当。 距離を感じやすいテーマだからこそ、読者の方に寄り添えるライターとしての強みを生かして、読みやすく分かりやすい記事作成に努めます!