リフォームで間取りを変えてみる?基礎知識から相談の仕方まで

間取り リフォーム

家族が増えたり生活環境が変わったなら、家の間取りをリフォームするチャンス。間取りは家の住みやすさを決定する大事な要素です。今回は間取りリフォームの基礎からリフォームアイデアまで幅広くご紹介します!

間取りの基礎知識

間取り リフォーム
リフォームだけでなく、家を借りる時などにも間取りという言葉を耳にするけれど、正確に説明出来ますか?
非常に多くなお金をかけるわけですから、まずは基礎的なところから1つ1つ確認していきましょう。

間取りって?

間取りとはズバリ、建物の内部の部屋や区画の配置のことを指します。
壁で部屋を2つにしたりドアをはさむことで廊下とリビングを分けたりしています。
住宅広告でよく見かける間取り図を想像してみると部屋や区画が細かく分けられているのかがわかりますね。

間取りは家の住みやすさに大きく関係する要素です。
それぞれの居住者に合った間取りを探すことがより快適な家づくりのための第一歩と言えるでしょう。

間取り変更のリフォームでできること

間取り変更のリフォームとは主に壁の取り外し壁の取り付けです。
部屋を仕切っていた壁をなくすことで部屋を広くするだけでなく、解放感のある明るい家になります。

反対に、部屋の用途を分けたいときに壁の取り付けができます。

間取りを変えるリフォームの基礎知識

間取り リフォーム
部屋の間取りを変更すると、生活が大きく変化します。
そのため慎重に検討していくことが必要です。
暮らしがどのように変わるのか、注意すべきところは何かをまとめました。

間取りを変える3つのメリット

①理想の暮らしに近づく

リフォームで間取りを変更する時には、どこにこだわるかを具体的に思い浮かべる必要があります。
趣味のための部屋を作りたいとか、玄関からリビングは見えないようにするなど……必然的に、間取りの変更は理想の暮らしに近づくのです。

②快適な暮らしを送れる

間取りは家族に合わせて変更することが出来ます。
例えば、料理中も子供にめが届くようにしたり、車椅子でも動きやすいように廊下や部屋の出入り口を広く確保する。
リフォームをすることで、これまで不便だと感じていたことを解消することが出来ます。

③笑顔溢れる家になる

間取りリフォームをすることで家族それぞれが住みやすくなります。
つまり、ストレスフリーの生活を送ることができるのです。
家族を大切に思うからリフォームをすれば、あなたの思いが伝わって、今まで以上にいい関係を気づいていけるでしょう。

間取りを変更するときの注意点

造上取り外し不可な壁や柱もあるので、専門家と相談しながら間取りを決めるのが鉄則です。
賃貸マンションにはリフォームの制限が記載された管理規約があります。

また、配線や排水水路はマンションで共用されている場合がほとんどなので、水回りや電気関係のリフォームには細心の注意を払わなければなりません。
管理規約に乗っ取らない場合、管理規約違反として処罰の対象になるので管理組合に必ず申請をしてください。
これは一戸建てでも注意が必要な場合があります。

壁が建物を支える仕組みになっている2×4(ツーバイフォー)と呼ばれる工法で建築された住宅や、コンクリート系が基盤となっている住宅は、壁の取り払いができないこともあるので間取りリフォームを決定する前に必ず確認をしましょう。

費用はどのくらい?

間取りリフォームはリフォーム内容や家の規模によって様々なので一概には言えませんが、平均的に1LDKの広さで約50万~200万ほど
もちろん、部屋数が増えるほど費用もかさんでいくので費用については案出しの際に細かく話し合っておく必要があります。

あとからもっと安く済ませればよかった……なんてことにならないように、費用の面でも満足のいくリフォームにしましょう。
希望のリフォーム事例を探してみて、費用を参考にしてみると検討しやすいですね。

業者選びで注意すべきことは?

リフォーム工事は、他の工事に比べて手抜きがしやすい工事だと言われています。
そんな悪徳業者に引っかからないように、次のことに注意してください。

  1. 施工例がHPやパンフレットに記載されている。
  2. 会社のHPに住所や電話番号が記載されており、架空のものではない。
  3. 疑問点や相談などに丁寧に対応してくれる。
  4. 必ず契約書をかわす。
  5. 契約書の他にも、見積書や工事請負契約書などの必要な契約を交わしておく。

特に注意すべきは最後。
悪徳業者はこれらの必要な契約をきちんと交わさないことがあります。
契約書類がきちんと揃っているかを確認してから、リフォームを開始しましょう。

おすすめ間取りリフォームアイデア3選

間取り リフォーム
金銭的にも、理想を全て叶えられるとは限りません。
工夫をしたり優先順位をつけておく必要があります。
今回は間取りリフォームの役に立つアイディアをご紹介します。

ワンフロアを1周できる廊下

壁や柱、扉を必要最低限にして、ワンフロアをぐるっと1周できる作り。
部屋の見通しがよくなり、広く感じることが出来ます。
また1つの部屋にこれまでとは別の方向からアクセスできるようになり、ショートカットが可能になります。

壁ではなく扉で仕切る

壁ではなく扉で仕切ると、部屋数を増減できて便利です。
特に、まだ新婚でお子さんはこれからという方、あるいはもう大きくなってあと数年で独り立ちする方におすすめ。

玄関を吹き抜けにする

玄関を吹き抜けにすると、天井が高くなり明るい玄関になります。
玄関は半畳分などあまり広くないスペースなので、高さを使って広々とした雰囲気にするのがおすすめです。

ココナラがあなたのリフォームをお手伝い

間取り リフォーム
どんな間取りに使用か、想像がついてきましたか?
とはいえ、これから長く住む家のこと。
そう簡単に決めることは出来ませんよね。

それなら、ぜひ1度ココナラに相談してみてください!
ココナラには建築関係の資格を持っているなど、リフォームに詳しい出品者さんが多数在籍しています。
今回は編集部おすすめの方々をご紹介いたします!

一級建築士がより良い住まいをご提案

現役一級建築士が住まいづくりのアドバイスを致します 住まいの改善をしたいが何から初めて良いか分からない方に

間取りリフォーム図面を作成しデータ化

JW cadを使って図面を作成します 図面をデータ化、Jw cadのデータ修正します。

住育に着目した間取りをご提案

住育視点で家族仲良く幸せになる間取りをご提案します ママが家族の太陽になれる間取りの秘訣教えます!

女性目線のリフォーム案をご提案

住まいのリフォーム、内装(LDK)他ご提案します 女性1級建築士が、女性目線での住まいのアドバイス

現役建築士がリフォームをサポート

第三者の立場で住宅・建築のアドバイスをします 現役設計事務所勤務の建築士がサポート

住宅プランニングの相談

住宅プランニング相談乗ります 新築住宅、リノベーション等間取り相談乗ります

新たな間取りに合うインテリアをご提案

インテリアコーディネートのアドバイスします プロの目でしっかりアドバイス致します

間取りをリフォームして住みやすい家づくりを

間取り リフォーム
家族のために決断して始めたリフォーム計画。
壁紙を何色にしようか、畳の方が良いのかな。
間取り以外にも、悩むことと決めることがたくさんありますよね。

ですが、何より大切なのは家族に相談すること。
家族みんなでリフォーム計画を立てれば、コミュニケーションの機会が増えますし、みんなが納得したお家になるはずです。
ココナラを活用して、素敵な生活を手に入れてくださいね!