【動画編集】プロのような映像を作るコツって?独学で身に付ける方法

Youtuberなども毎日必死でスキルを磨いている動画編集(映像編集)。AdobeのPremire ProやFinal Cut Proなどが有名ですね。しかしスキルを本気で磨こうとすると非常に専門性が高く難しいもの。そこで今回は、初心者の方、編集スキルを上げたい方に向けて動画編集(映像編集)のコツをご紹介します。

【独学用】プロのような動画編集をするコツって?

ここでは、独学で動画編集(映像編集)の技術を身につけたいと思っている方に対して、最低限知っておきたい編集のポイントをご紹介。
まずは、以下の基礎知識を頭に入れておくと、更なるステップアップがスムーズにできるはず!

基礎スキル1:【切る・つなげる】

映像の基本は、素材と言われる事前に撮影しておいたものを切ってつなげること。
「切る・貼る」が映像の基本の全てと言ってもいいでしょう。

基礎スキル2:【テロップ】

次に身につけておきたい基礎スキルがテロップです。
以下、3つのポイントを意識するといいでしょう。

①:テロップの位置

テロップを挿入するときは、位置をよく考えましょう。
中央寄せにすることは勿論ですが、重要なのは「高さ」。
見ている人がわかりやすく、見ていて自然な位置にテロップを挿入しましょう。

②:被写体によって変更する

被写体を見せたいときに高さをずらすこともありますが、基本的にはNG
被写体を考慮しなきゃいけない場所では 「被写体を映さない」などと撮影の際に注意しましょう。

③:統一感をもったテロップの装飾

テロップの「装飾」はその雰囲気や話者の感情を表すものとして非常に有効的。
装飾を施す上では「統一感」もかなり重要です。
そのため、 「この感情には、このテロップ」といったように、ある程度決めておくと良いでしょう◎

離脱率を下げるコツ

動画編集を行う上で忘れてはいけないのが「動画をみる人たちのこと」。
特にYoutuberなどは、広告収入を多く得るために動画内に広告を入れますよね。
しかし、多く広告を入れすぎてしまうと離脱率が上がってしまうことも…。
そこで、離脱率を下げる編集のコツを具体的にご紹介します。

空白の時間をなるべく減らす

まずは、単純に いろんな絵(カット)を見せることで飽きさせない工夫をすることができます。
そのためには、素材選びから工夫をすることが大事。
撮影段階で、いろんな角度から撮影をしておくようにしましょう。

トランジションを挟む

トランジションって知っていますか?
トランジションとは映像と映像の「移り変わり」のこと。
聞いたことがあるひとは少ないかも知れませんが、見たことはあるはず。

話題を大きく変えるときに、非常に役立つものになります。

ちなみに、有料のソフトでは、テンプレートが搭載されている場合もあったりしますがおすすめはしません。
静止画でも良いのでオリジナルのトランジションを挟むようにしましょう。

満足度を上げるコツ

次に、満足度を上げるコツを見ていきましょう。
離脱率を下げて、満足度もあげられると、チャンネル登録をしてくれる確率も上がります!
早速見ていきましょう。

明るさの調整

映像が暗いままで動画をアップしてはいませんか?
映像の明るさは動画のテンションを表しています。
すなわち、絵が暗いだけで、どんよりした色調効果が生まれてしまうのです。

そこで、ネガティブな印象が必要ないのであれば改善しましょう。
そもそも、撮影場所を明るい場所にするといったことも大切ですが、できれば照明機材を買っても良いかも知れませんね◎

色味の調整

視聴者を飽きさせないためには視覚的な変化が必要。
また、演者のテンションや感情を効果的に伝えるためにも、場面に応じた色調の変化は大切になります。
ぜひ、実践してみてくださいね。

BGM

BGMを雰囲気に合わせて使い分けるとより雰囲気が伝わります。

もちろん、著作権フリーの物を使用する必要はありますが、多くのYoutuberさんたちがすでにいろんなBGMを使用しています。

すると発生してしまうリスクとして、被ってしまう可能性はありますよね。
他の方が使ってないようなBGMを使うと良いでしょう。

スキルを身に付ける前に動画が必要な方はプロに依頼してみよう

Youtubeなどの動画配信アプリを使って、自身の動画を投稿しようとしている人が増えてきています。
しかし、動画編集の技術が無いからと言って踏みとどまっている方も多いのでは無いでしょうか?
確かに、十分なスキルを身に付けるには少し時間がかかりますが、プロに依頼するのも1つの手。
ここでは、ココナラマガジン編集部がおすすめする出品者の方をご紹介します。

動画を編集してカッコよく

動画を編集して最高のものにします YouTubeの動画や、その他様々な動画を要望通り編集します

思い出をカッコよく動画編集します

旅行や結婚式などの動画編集致します 旅行の思い出やウェディング、などなど動画の編集承ります!

雰囲気のある映像編集をします

映像編集承ります 女性らしいおしゃれで雰囲気ある映像が得意です

実務レベルからSNS投稿まであらゆるご要望にお答えします

動画制作全般!実務レベルからSNS用まで制作します Web動画、TVCM、グラフィック、企業PR、SNS用など

まとめ

ここまで、動画編集(映像編集)のコツについてご紹介してきました。
まず、大前提として本格的なスキルを身につけようとすると、非常にリソースを割くことになってしまいます。
では、すぐに動画投稿をすることは出来ない、と考えるのはあまり得策とは言えません。

十分なスキルを身につけてから動画編集を行わなくても、自分が作りたい動画(映像)を実現するために必要なスキルだけを身につければ、それほど時間を要せずに動画を作ることが出来ます。
このように、「学びながら作っていく姿勢」があると動画作成スキルは格段に向上するはずです。

ABOUT US

Kento
ココナラマガジン編集部ライターのKentoです。 主に「開業・開店・経営」「お金・資産運用」カテゴリーの記事を担当。 距離を感じやすいテーマだからこそ、読者の方に寄り添えるライターとしての強みを生かして、読みやすく分かりやすい記事作成に努めます!