【YouTube】稼げる漫画動画の簡単な作り方|後発でも人気になるコツ

YouTubeの急上昇欄でよく見る漫画動画。自分で出来たら人気者になれそう!動画で広告収入って憧れる!……とは思うものの、今から始めて稼げるの?と疑問に思う方もいるでしょう。そこでこの記事では、 漫画動画で人気になるための条件と4ステップで簡単にできる作り方の手順について解説していきます。

そもそもYouTubeって今から稼げるの?

YouTube漫画 稼ぐ方法 Youtuber(ユーチューバー)という単語もだいぶ世間に浸透し、目指す人も増えてきました。
さらに、これから5G通信システムが始まることによって、もっと気軽に動画を視聴するユーザーが増え、動画視聴する層は広がります。

そんな中、YouTubeで人気者になりたい、稼ぎたいけど「顔出しはしたくない」「語れるような専門的な知識がない」なんて方も多いそう。そこでおすすめのジャンルが漫画動画です。

漫画動画とは漫画をスライドショー形式で動かし、ナレーション音声を入れた動画のこと。
漫画と言っても、基本的にフルカラーのものが多く、2〜5分程度のショートムービーが一般的です。

ここではまず、YouTubeで漫画動画を収益化するための基準について理解しておきましょう。

YouTubeで収益化する条件と方法

少し前までは、投稿した動画の累計視聴回数が1万視聴を越えれば、誰でも収益化の申請を行うことができました。
今よりも簡単にチャンネルを収益化出来ていたんですね。
しかし、2019年12月現在、YouTubeチャンネルを収益化するためには下記の5つの条件が必須となっています。

  • すべての YouTube の収益化ポリシーに準拠している。
  • YouTube パートナー プログラムを利用可能な国や地域に居住している
  • 有効な公開動画の総再生時間が直近の 12 か月間で 4,000 時間以上である。
  • チャンネル登録者数が1,000人以上
  • リンクされている AdSense アカウントを持っている

YouTube パートナー プログラムの概要、申し込みチェックリスト、よくある質問 – YouTube ヘルプより引用

2018年2月に行われたチャンネル収益化条件改定により、チャンネルを収益化するハードルが少し上がりました。
この条件は改定前にチャンネルを開設していた人にも適用されます。

つまり、これから新たにチャンネルを開設する人だけでなく、YouTubeにチャンネルを持っている人は、例外なく全員上記の条件を満たしていないと収益化ができません。
漫画動画で稼ぐためには、まずこのハードルを超えることが条件だということを覚えておきましょう。

稼げる漫画動画の作り方って?

YouTube漫画 作り方

漫画動画の作り方は①シナリオ作り→②漫画の執筆→③ナレーションの読み上げ→④動画編集の4ステップです。
漫画動画を一人だけで作成するのはとても大変なので、チームで作成したり、外注したりして高クオリティの作品を作りましょう。

STEP1:シナリオを作成する

シナリオの作り方は、人によって様々ですが、まずは基本の型を1つ覚えることで、あとからオリジナリティを出していくことができます。
基本の型は①題材→②キャラクター、場面設定→③セリフの順に作ること。
この順番で作っていくことによって、スムーズに作っていくことが出来ます。

①題材を決める

どんな題材で話作りするかは、漫画動画の軸となる非常に重要な工程です。
この題材をもとにセリフや展開が決まっていくので、後の工程のことも考えた題材にしましょう。

例えば、「自己破産するとどうなるのか」や「珍しい病気にかかるとどうなるか」など見ている人の99.9%には関係ないけど、ちょっと気になるような題材を紹介するのがおすすめです。

②キャラクター、場面設定

キャラクターの設定と場面を先に決めておくことで、セリフ台本が作りやすくなります。
これらをを少し加えておくだけで、グッと想像が湧きやすくなります。
この想像力を掻き立てることが、読者を飽きさせない、離脱させないコツなのです。

③セリフ決め

題材やキャラクター、場面設定がしっかり決まっていれば、キャラクターのセリフとナレーションは迷うこと無く進められるでしょう。

依頼するなら、高品質なYouTube漫画の脚本家へ

YouTube漫画動画用シナリオ作成します YouTube漫画のネタでお悩みの方へ!エピソードをご提供。

YouTube向け短編漫画のシナリオ書きます 再生回数を意識し、私にしか書けないシナリオをご提案。

STEP2:マンガを作成する

自分で漫画を描きたい人は、クリスタなどのデジタルイラストソフト書くのが一般的です。イラストソフトは他にもたくさんありますが、漫画を描くことにおいてはクリスタが日本で一番利用されています。

脚本作成、漫画作成、ナレーション、動画編集と4ステップある中で、 外注したときに1番高くなることが多いのが漫画の作成
できるだけお金をかけたくない人は、漫画は自分で作成できるようになると大幅に費用を削減できますね。

どうしても漫画作成代行が必要な方はこちら

1コマ1750円〜/注目されるカラー漫画描きます 漫画部門1位獲得!広告、YouTube等漫画を必要する人へ

ココナラマガジンおすすめの漫画クリエイターさんなら、こちらもチェック!

漫画 広告 ココナラ

 漫画制作ならココナラにお任せ!おすすめクリエイター17人

2019年9月19日

STEP3:ナレーションとセリフを読み上げる

漫画が完成したらページごとに声を当てて動画にします。
シナリオで作成されたキャラクターの設定が声質からでも伝わるように、意識して声あてをしましょう。
声を録音したあとは必ず確認して、声のトーンやスピードに違和感がないか確認しましょう

短期間でナレーションを上達させたい方はこちらをCHECK!

ナレーション 依頼 プロ

ナレーションの読み方コツまとめ|誰でも短期間でレベルアップするポイント

2020年3月25日

お手頃価格でストーリーの読み上げを依頼したい方はこちら

ナレーション・朗読・キャラボイスetc..承ります 商業・個人問わず! 声仕事のプロ経験あり。基本500文字~

STEP:4 動画を編集してアップロードする

動画編集ソフトは「Adobe Premiere Pro」、「Final Cut Pro」が有名ですが、紙芝居形式の漫画にここまでの性能は必要ありません。
フリーソフトでは「Fimora」がおすすめです。

ワイプ入れや、テロップや字幕の挿入はもちろん、プロ並みのオーディオ編集、色調補正機能を搭載。
写真や動画にモザイクを入れたりする編集や、動画を一旦停止させ再び再生させるといったフリーズフレーム機能などの多彩な機能やエフェクトが用意されています。
自分にあった編集ソフトで動画を編集して、YouTubeにアップロードしましょう。

お手頃価格で動画編集を依頼したい方はこちら

1本2500円!YouTube漫画を編集します YouTubeの漫画動画に特化した編集を致します。

目を惹くサムネイルが作りたいなら、こちらをチェック!

【決定版】YouTubeサムネイルの作り方と設定・変更方法|人気YouTuberに学ぶ映えるサムネのコツ

2020年1月31日

まとめ

YouTube漫画 まとめ

漫画動画は一コマずつ動画化されており、気軽にサクッと見られるのが魅力。
2018年よりじわじわ人気が出始め、今やYouTubeで一大コンテンツになりつつあります。
今後もこの勢いは衰えないはずなので、この記事をきっかけにオリジナルの漫画動画の作成に挑戦してみてくださいね。