賃貸物件の選び方|失敗しない内見時のポイントも!

賃貸 選び方

同棲や結婚、就職、会社の都合など、引越しの理由は様々。ですが、良い物件に住みたいという気持ちは誰しもが持っています。家は自分の生活の基盤となるもの。やはり満足いく賃貸物件と出会いたいですよね。そんな家探しをしている人に賃貸物件の選び方をご紹介します。

賃貸物件を探すのに最適な時期とは

物件 探し

賃貸物件を探すのに、最適な時期があることをご存知ですか?
物件探しは入居する2ヶ月前には始めるのが鉄則。
ここでは3ヶ月ごとに区切って物件探しに最適な時期をご紹介していきます。
時期ごとにメリットとデメリットがあるので、自分の状況に合わせた時期を選びましょう。

1~3月 新生活に間に合わせるならこの時期!

最も多くの人が引越しを検討する時期。
同時に、多くの人が退去する時期でもあります。
物件数が多いので自分の希望の物件が見つかりやすいですが、すぐに埋まってしまうので注意が必要。
また、不動産業者も多忙な時期なので、家賃の値下げ交渉は厳しいというデメリットも。

メリット:選択肢の幅が多い。
デメリット:不動産業者も引越し業者も忙しく、ゆっくり物件探しや引越しが出来ない。
      家賃などの値下げ交渉は難しい。

4~6月 カップルはこの時期!

新生活を始めるひとたちはもう既に物件を決定しているため、落ち着いて物件を見ることが出来ます。
しかし、優良物件は1~3月にもう決まっている場合が多いので、自分の希望にあう物件を探すのは根気も必要
また、結婚をするカップルが増える時期でもあるので、それを狙ったファミリー層向けの物件は増加します。
そちらを狙うのもありでしょう。

メリット:落ち着いて物件探しができる。
     ファミリー層向けの物件は増える。
デメリット:優良物件は埋まっている確率が高いので、物件探しに根気が必要。

7~9月 ゆっくり物件を見たいファミリーならこの時期!

不動産業者や引越し業者のオフシーズンです。
物件数は少ないものの、落ち着いて物件を見ることが出来る他、家賃の値下げ交渉にも応じてくれる割合が高くなります
9月以降は会社の人事異動などで物件数は増える傾向に。
時間に余裕がある方は、この時期の物件探しがおすすめです。

メリット:落ち着いて物件探しが出来る。
     値下げ交渉にも応じてくれやすい。
デメリット:物件数が少ない。

10~12月 新生活を始めるのに早めに動き出すならこの時期!

会社の人事異動により、物件数は増加傾向
それに伴い、不動産業者の需要や引越し業者の需要も高まる時期。
とはいえ、1~3月のピークよりは少ないので、自分の希望する部屋が見つけやすい時期です。

メリット:物件数は増加傾向。自分の望む部屋が見つかりやすい。
デメリット:不動産業者の需要も上昇するため、オフシーズンに比べるとスピード勝負。

賃貸物件を選ぶ時に見るべきポイント

同棲 賃貸

自分が住む家でこれだけは譲れない!という条件はありますよね。
ここでは、実際に賃貸物件を探す時に役立つ基本条件をご紹介します。
全て兼ね備えている物件は少なく、家賃も上がるので優先順位を付けて、自分にあった物件を探しましょう。

間取り

何人で暮らそうと考えているのかによって、大きく異なる間取り。
一人暮らしの場合、ワンルームや1K、同棲や結婚などで2~3人で住む場合は2LDK、それ以上だと3LDKが目安です。
収納力のある物件(ウォークインクローゼット付きなど)を選ぶのもおすすめ。

立地条件の良さ

必ず、自分の家の徒歩圏内にスーパーやコンビニなどの買い物に便利な施設や、病院などが近くにがあるかの確認を。
買い物をするのに公共機関が必要なところだと、面倒になって外食が増えてしまい、結果的に食費がかさんでしまいます。

また、近くに飲食店が多い場所だと、虫が発生しやすいため、虫が苦手な方は避けた方が無難。

駅からの距離

静かな住宅地!3駅利用可!といった謳い文句の物件は要注意。
静かではあるが駅から遠すぎたり、3駅利用できるけれど全て遠い、といった可能性があります。
バスを利用する物件なら、どのくらいの頻度で出ているかといった確認も必要です。

一般的に、不動産業者は『80m=徒歩1分』を踏まえた上で徒歩◯分!と提示しています。
しかし、これは人間が早歩きをした場合の時間。
実際はもう少しかかると思っといて良いでしょう。

騒音の有無

自宅で休みたいのに、近隣住民がうるさかったらゆっくり休めませんよね。
近隣住民の生活スタイルがわかると良いでしょう。

また、防音設備が充実していない場合は、大通りの近くや線路の近くは避けた方が無難。
騒音だけでなく、排気ガスの影響で空気も良くありません。

設備

バスとトイレは別、エアコンは新しいもの、キッチンは広く、二口以上のコンロ、防犯性が高い、洗濯機は室内に、コンセントはたくさん……など、設備に対しても自分の妥協できる点と出来ない点を定め、優先順位の高いものを物件探しの条件に入れましょう。

立地ばかりを重視してしまうと、設備が悪く不便な思いをしてしまいます。
自分の予算内で妥協点を見つけましょう。

失敗をなくすためのポイント

物件 賃貸

今まで、賃貸物件を選ぶ時の条件についてご紹介してきました。
物件選びの失敗を防ぐのに最も有効な手段が内見。
ここでは、内見時に気をつけるべきポイントを4つ、ご紹介します。

メジャーと筆記用具を持参

入れたい家具がある場合は、前もってその家具の大きさを測っておきましょう。
部屋のどこに家具を置きたいかイメージしながら、メジャーで測りながら内見をしましょう。
自分の置きたい家具が入るのかどうか、部屋のサイズだけで無く、扉やエレベーターのサイズも忘れずに。
どの物件がどのようなものだったかメモも必ずとりましょう。

補足

90°以上開かない扉の場合、ドアノブの突起によって入れたい家具が入らないことがあります。
ドアノブがドライバーで外せるかなども確認すると尚良し。

周辺環境と物件全体の治安の確認

物件の周りを実際に自分の足で歩き、周辺の治安を確認しましょう。
外灯が少なかったり、物騒なところがないかなどは特に注意。

また、物件のエントランスやゴミ捨て場などの共有スペースも注視しましょう。
共有スペースが汚い場合、住民の質があまり良くないと捉えることができます。

内見は2回以上

内見は朝と夜の2回行くのがベスト。
近隣住民の昼と夜の生活サイクルもわかる他、物件周辺に繁華街があるなど夜にしか分からない一面もあります。

時間を作るのも大変だとは思いますが、後悔のない物件探しには内見は2回以上行った方が望ましいです。
無理な場合は最寄りから物件までの道のりだけでも朝と夜の2回歩きましょう。

築年数は自分の目で

新築物件は一般的に綺麗で、トラブルも少ないため魅力的。
しかし水回りなど、前住民の使い方によって、新築なのに使い込まれていることも有り得ます。

逆に築年数は古くても、リフォームされていたりと、綺麗な状態の物件も少なくありません。
実際に内見をして、自分の目で状態を見るのが得策です。

新生活のインテリアのコーディネートはプロにおまかせ!

インテリア 賃貸

新生活を始めるにあたって、部屋と同じくらい大切なのがインテリア。
同じインテリアを使っても、配置の仕方によって部屋の魅力が変わるんです。
ココナラでプロに相談して、より魅力的なお部屋を実現させましょう。

販売実績400件!3Dでインテリアのご提案をします

販売実績400件!3Dでインテリアのご提案をします 2日に1回販売の大絶賛サービスでインテリアを楽しみましょう

スッキリ暮らしやすい家具配置をご提案します

スッキリ暮らしやすい家具配置をご提案します 新築・リフォーム・引っ越し・模様替えをご検討中の方におすすめ

オシャレなインテリアプラン【2案】つくります

オシャレなインテリアプラン【2案】つくります 〈部屋作りで失敗したくない方へ〉安心いただける提案力と対応力

おしゃれで快適なお部屋の提案シートをお作りします

おしゃれで快適なお部屋の提案シートをお作りします インテリア雑誌など多数メディアに掲載のコーディネーター

内装・インテリアのイメージを形にします

内装・インテリアのイメージを形にします 丁寧なイメージ共有と迅速対応でお手伝いします!

わくわくの新生活へ

新生活 賃貸

新生活を始めるために必要な物件探し。
自分で選んだ物件は、きっとあなたの癒しの場になってくれるでしょう。
素敵な物件を選んで、新たなスタートを切ってください。