【社会保険の手続き】初めて退職した方向け、知っておくべき手順

社会保険 手続き アイキャッチ

転職などの理由で退職をした方必見!退職をすると、新しく社会保険の手続きをすることが必要です。でも、「具体的に何をすればいいか分からない。」「そもそも社会保険ってなに?」そこで今回、社会保険について分かりやすくご紹介。退職手続きに不安を抱えている方も、これさえ読めばバッチリです!

まず社会保険について知ろう

社会保険 手続き そもそも 社会保険 とは
「今持っている保険証って、会社が変わったらどうなるんだろう……」なんて思ったこと、ありませんか?
このような疑問は全て、社会保険を知れば解決します。

社会保険って?

社会保険とは、国が国民の生活を保障するために設けられました。
日本では、「社会保険」という名の下に5つの保険制度が整えられています。

  1. 雇用保険
  2. 労災保険
  3. 健康保険
  4. 年金保険
  5. 介護保険

ちなみに社会保険のややこしいところは、広義と狭義で意味が変わってしまうこと。
5つの保険制度の総称として用いられるとき、こちらが広義となります。

狭義になると、5つのうち「健康保険」「年金保険」「介護保険」だけを意味します。
その際、「雇用保険」「労災保険」は労働保険と呼ばれることも。
なお、以降の文章では、一般的とされている狭義で、社会保険を扱います。

注目すべきは「健康保険」「年金保険」

社会保険の中で、注目すべきは健康保険と年金保険。
なぜなら、勤める企業によって加入の仕方が異なるからです。
もちろん、介護保険も同様ですが、今回は多くの方にとって関係の強い2つに注目します。

健康保険

健康保険とは、日本国民全員に加入義務のある公的な医療保険。
日本国民全員が加入しているので、しばしば身分証としての機能を果たすこともありますが、保険証を持つ本当の目的は違います。

健康保険の仕組み

まず、何かしらの医療保険に加入すると、その証として「保険証」が手に入ります。
それを、病院などの医療機関で提出すると、医療費の一部をその加入している医療保険が代わりに支払ってくれる、という仕組みです。

健康保険は大きく2種類!

健康保険は、「職域保険」と「地域保険」2つに種別されます。
職域保険は、主に従業員、または公務員として働いてる方が加入するもの。
地域保険は、「国民健康保険」とも言われます。自営業の方やフリーランスの方などが加入するものです。

年金保険

年金保険とは、「国民年金」、「厚生年金」の2階構造になっている保険です。

国民年金(基礎年金)って?

国民年金(基礎年金)とは、20歳以上の全ての日本国民に、加入が義務付けられています(一部、免除制度あり)。
まさに文字通り、年金制度の基礎となっている存在です。

厚生年金って?

厚生年金とは、従業員や公務員の方が全員加入できます。
こちらにも加入しておくと、将来、国民年金と厚生年金の両方を受け取ることができます。

最近は「3階建て」とも言われている?

近年、「確定拠出型年金」というものが流行っています。
こちら、自己の選択で自由に資金を運用することができ、運用成績によって個人の支給額が決まるものです。

社会保険に必要な手続きまとめ

社会保険 手続き 悩む
何らかの理由で退職をされた方は、大きく2つの状況によって各種必要な手続きを行うことになります。

期間を空けずに転職

退職される方で、最も多いこちらのケース。
こちらの場合は、会社が行ってくれますので、前の会社のときに持っていた保険証を転職先の会社に提出しましょう。

期間を空けて転職・転職しない

こちらの場合は、まず前職の会社が社会保険の喪失手続きを行ってくれます。
その後に、国民年金に加入する手続きを各市町区村の役所で行いましょう。

暮らしに合った社会保険を選ぶ

社会保険 手続き 相談 ココナラ
そんな中でも、
「もっと細かい情報が知りたい」
「特別な事情を抱えているから相談したい」
という方は、ココナラに相談してみてはいかがでしょうか。

今回は、ココナラがおすすめする3名の出品者の方をご紹介します。

些細な疑問に何でも答えます、逸見さん

社会保険のお手続き相談乗ります 些細な疑問・手続き手順・必要な書類など!

頼れる社労士にお任せ、未来社労士事務所

社労士が労働問題、社会保険、年金等の相談に乗ります 会社経営者・労働者の方は一度お読みください。

あなたの顧問になります、岡さん

社労士がお手軽なココナラ顧問になります 手続きが不明な時に・・継続的な顧問契約が不要と思われる方ヘ

まとめ

社会保険 手続き まとめ
社会保険とは、国民の安心で安全な生活を守るための制度です。
いざ知ってみると、その心強さ、そして思いやりに気づくこともできるでしょう。
この機会にぜひ、ご自身の社会保険について見直してみてはいかがでしょうか。

ABOUT US

Kento
ココナラマガジン編集部ライターのKentoです。 主に「開業・開店・経営」「お金・資産運用」カテゴリーの記事を担当。 距離を感じやすいテーマだからこそ、読者の方に寄り添えるライターとしての強みを生かして、読みやすく分かりやすい記事作成に努めます!